コース紹介

リレーエッセイ企画「私と学生」

戻る

本企画では、文学部の専任教員が「どんな専門なのか」「何が勉強できるのか」といった内容を中心に、受験生の皆さんへのメッセージを含めたショートエッセイを執筆しました。どうぞお楽しみください。更新は不定期です。

教育学科 教育学コース
卒論を通じて受け継がれるゼミの文化

郡司 菜津美(ぐんじ なつみ)講師(専門分野:教育心理学)

 4年間の学びの集大成である「卒業論文」は、郡司ゼミが一丸となって立ち向かう一大イベントです。3年生でゼミに入るとすぐに「卒業研究のテーマは何か」ということについて考え、論文の検索、卒論一次計画書の書き方などを4年生に教わり、「卒業論文」という活動に参加していくことになります。4年生が「分析手伝って」「論文の推敲お願い」と依頼すると、3年生は快く「来年の予行演習だ! ドキドキする!」と引き受けてくれますし、12月10日の提出間近になると「卒論提出まであと○日」と書かれたカレンダーを研究室の扉にかけて応援してくれます。そんな彼らが4年生になると、また新たな3年生が郡司ゼミに入り、同じように学び合いが始まるのです。郡司ゼミの文化はこうして作られ、維持され、変わり続けていきます。未来の郡司ゼミ生のあなた、郡司ゼミの文化を一緒に作っていきませんか。

  • 郡司菜津美先生写真12019年度ゼミ中の一コマ
  • 郡司菜津美先生写真22019年度卒論生の口頭試問

<2020年12月1日(火)掲載>

「学生っていいな!」と感じる瞬間

栗栖 淳(くりす じゅん)教授(専門分野:教育学)

 これまでに、私立や国公立など、短期大学も含めて複数の大学で多くの学生のみなさんにかかわる機会がありました。私が学生時代を過ごした頃のややのんびりとした学生たち、私が憧れていた1960年から1970年あたりのエネルギッシュな学生たちと比べると、今の学生のみなさんは、概してとても落ち着いていてまじめだなと思います。私のゼミの学生に限ると、すこし遊び好きな、遊び過ぎな学生も多いのですが。でも、そうした彼ら/彼女たちが、研究室や一緒に一献を傾ける席で、例えば卒論や進路の話をするとき、例えば友人や将来の話をするとき、素晴らしく若々しく、時に大人で、しっかりした考えを持っていることに気がつかせられることが多々あります。
 そんなとき、“ああ、学生っていいな!”と、心の底から思います。高校生のみなさんを大学は楽しみに待っています!!

<2020年12月15日(火)掲載>

学生との「雑談」から生まれるもの

後藤 貴浩(ごとう たかひろ)教授(専門分野:スポーツ科学、地域研究、社会学)

 私にとって国士舘大学は5校目の勤務校になります。それぞれの大学や学科によって、学生との関係のあり方も異なりますが、共通して続けていることもあります。その一つに、研究室(ゼミ室)へ気軽に立ち寄ってもらうということがあります。
 そこで繰り広げられる「雑談」はとても楽しく、私の仕事の活力にもなっています。しかも、ただ楽しいだけではなく、勉強になることもたくさんあります。
 現在、私は卒業生と一緒に立ち上げたNPO法人(http://www.hitodukuri.com/)の運営に携わっています。このNPO法人も「雑談」から生まれたものです。学生さんたちとは、NPO法人の活動を通して、卒業後も楽しい時間を過ごさせてもらっています。

<2020年12月22日(火)掲載>

教育学科 初等教育コース
卒業後も続く絆

河野 寛(かわの ひろし)准教授(専門分野:応用健康科学、身体教育学、スポーツ科学)

 6年前に卒業したゼミ生で、東京教師養成塾を経て東京都の教師になった男子学生がいます。彼は飛び抜けて成績優秀だったわけではなく、また要領が良い方でもありませんでした。ただ人柄が良く、ゼミ長に選ばれました。彼とは、学外研修ではアンパンマンの遊具にも一緒に乗りました。そして東京教師養成塾で実施される特別教育実習の合間に研究室に来ては、たこ焼きを一緒に焼きながらいろんな話をしました。彼は、「小学校の先生になって、まずは自分のクラスの子どもたちを笑顔にしたい。そしてより多くの子どもたちを笑顔にするために校長先生になりたい」と語ってくれました。今では結婚して一児の父となり、夢に向かって毎日子どもたちと接しているとのこと。年末になると私の自宅に来て、近況を伝えてくれる彼の将来が楽しみでなりません。

  • 河野寛先生写真1

<2020年12月4日(金)掲載>

今でも心に残っている学生たち

松田 俊哉(まつだ としや)教授(専門分野:絵画制作(芸術)、図画工作科教育)

 熱中のあまり全員分の素材を使い果たし皆を困らせたM
 必要以上に卒論にかかり過ぎて精根尽きたK
 卓越した授業力で「すぐに来て欲しい」と校長を唸らせた実習生M
 授業料や生活費の全てを親に頼らず自分で頑張ったF
 二つの教員採用試験合格を蹴って別の職に就いたU
 人知れず汚れた美術室を黙々と掃除していたI
 等々……懐かしいなあ……眩しいなあ


<2020年12月18日(金)掲載>

史学地理学科 考古・日本史学コース
ともに書き上げる卒論

夏目 琢史(なつめ たくみ)准教授(専門分野:日本近世史)

 毎年11月になると、4年生は卒業論文の準備で慌ただしくなる。とくに昨年度の私のゼミ生は、コースのなかでは最多である26名。manabaの掲示板を使った卒論の内容に関する学生たちとの応対が、昼夜休日を問わず繰り返された。掲示板は連日大盛り上がりであった。
 学生たちはそれぞれに全く異なる問題をテーマとしている。はじめは曖昧な関心からスタートしたものが、苦しみながらも史料や参考文献を読み込んでいくうちに、一つのはっきりとした問題意識として洗練されていく。26個のテーマについて深く考えていく作業は私にとっても大変苦しいものであったが、一方でとても勉強にもなった。彼らが卒論で取り組んだテーマの一つ一つが、私の頭に焼き付いて離れない。
 さて、26名全員が卒論を書き上げ、晴れて卒業することになった。しかしコロナ禍により卒業式などの行事はすべて中止となった。それがとても心残りである……。

ドキュメント国士舘:文学部の考察

  • 夏目琢史先生写真1

<2020年12月8日(火)掲載>

愛すべき「やんちゃな野郎ども」

秋山 哲雄(あきやま てつお)教授(専門分野:日本中世史)

 どの学年にも「やんちゃな野郎ども」がいるものである。なぜか私はゼミ生でもない彼らになつかれ、飲み会にもしばしば誘われる。今日は三年生と、明日は四年生と飲み会。翌週は三年ゼミ、最後に四年ゼミのゼミコンパということもあった。多く支払うサイフ代わりだったのかもしれないが、卒業するときにネクタイや万年筆などを贈ってくれたりするので、それでチャラかもしれない。
 最近は年齢のせいか、「やんちゃな野郎ども」はあまりなつかなくなった。今は、新しい学生との関係のもち方を、考えているところである。

<2020年12月22日(火)掲載>

史学地理学科 地理・環境コース
互いに学びあい、理解を深めあう

磯谷 達宏(いそがい たつひろ)教授(専門分野:植生地理学、生態学、緑地計画論)

 私の専門は森林や草原などを対象とした植生地理学ですが、3・4年生が所属するゼミでは、生物の生態地理に関するテーマであれば、幅広いテーマの中から学生が学びたいテーマを選んでもらっています。そのためゼミは、教員の私を含めたゼミ生の皆で、さまざまな生きものの分布や生態についてお互いに学びあう場になっています。植生のほかシカやイノシシなどの哺乳類の研究がよく行われますが、鳥や魚、昆虫などについてのテーマ選択も自由です。とくに3年時の野外実習では、里山地域に行って皆で多種多様なな生きものを調べて報告しあい、地域の生態環境についての理解を深めていきます。私もこの実習を通して、さまざまな生きものについて学ばせてもらってきました。

研究活動に関するニュース:植生地理学の視点から地域の生態を理解する

  • 磯谷達宏先生写真1魚類を調べる学生に草原を調べる学生が合流したところ

<2020年12月4日(金)掲載>

学生たちと過ごすパワフルな野外実習

佐々木 明彦(ささき あきひこ)准教授(専門分野:自然地理学、地形学)

 私のゼミの人数は例年10~15人です。3年次の3泊4日の野外実習では、ゼミ生は自分たちで決めた4つほどのテーマに分かれて地形や気候などの野外調査を実施し、私はそれぞれのグループ間を行ったり来たりして指導します。たとえば今年の実習では、一日の最低気温を観測するために気象調査のグループと夜明け前に出かけ、ホテルに戻ると、朝食をとって私を待っている地形の調査のグループとすぐに出かけ……という具合です。なんだか一番忙しいのは実際に調査をしている学生ではなく、わたし? 今年の実習もヘトヘトになりました(笑)。

動画でゼミ紹介:

地理・環境コースHP:http://bungakubu.kokushikan.ac.jp/chiri/index.html別ウインドウで開きます

  • 佐々木明彦先生写真1 地すべり地形の調査を行うゼミ生たちが、地すべり末端の構造を川の対岸から観ている様子

<2020年12月8日(火)掲載>

学生と歩き泳いだ30年

長谷川 均(はせがわ ひとし)教授(専門分野:地形学)

 私は若い頃、海の調査で死にかけたことがあります。そんな経験をしているので、毎年学生とゆく海では、注意ばかりする口うるさいオヤジになってしまいます。私が専門とする自然地理学は、フィールドワークが基本です。その手法は、先輩や教師から習うのが手っ取り早く、夏になると色々な場所で「何とかスクール」がたちあがります。私も先輩研究者の主催する「サンゴ礁夏の学校」で学んだし、その後は自分が主催したりもしました。夏の一時期、さまざまな大学の学生が集って勉強するのはとても楽しいことです。
 最近この手の集まりは下火になってしまいました。それでも私は毎年学生たちと出かけます。たくさんの思い出をつくって、多くの人が巣立ってゆきました。ただ、少し心残りなのは、道半ばで大学を去って行った人たちのことです。元気にしているか、生きているか……。夏の眩い太陽の下で元気いっぱいの若者を見ていると、時々そういう人たちのことを思い出します。

動画でゼミ紹介:サンゴ洲島という地形です。ドローン測量で細密な地形図を作っています。

地理学教室ホームページ:http://bungakubu.kokushikan.ac.jp/chiri/別ウインドウで開きます

ドキュメント国士舘:文学部の素養

  • 長谷川均先生写真1 2019年夏、沖縄瀬底島で

<2020年12月15日(火)掲載>

土地の文化を知るのに重要な「食の現地調査」

内田 順文(うちだ まさふみ)教授(専門分野:地理学)

 おそらく地理・環境コースに所属する学生の多くにとって、大学生活4年間の中で最大のイベントは3年次の「地理学野外実習C」ではないかと思います。例年私のゼミでも、私の専門である認知行動論地理に興味のある学生のほか、観光地理・文化地理・都市地理といった多様なテーマを指向する学生が各自のテーマで実習に取り組んでいますが、学生たちが終日現地調査に汗を流している4日間、実習Cに関する私の仕事はというと、実施直前までの学生のテーマ設定・調査目的・調査方法の指導やケアといった学術部門はほぼ終了しているので、実習中の最大の役目は、いかにして少ない経費の中で安価に実習地の名物料理や美味しい食事を手配するかになります。「食事」はその土地の文化や歴史を知るための重要な調査対象でもありますので。札幌巡検でのジンギスカン・寿司・ジンギスカンの食べ放題サンドイッチ形態の3日間、大阪巡検でのキタとミナミのバイキング食べ比べ、那覇巡検での連日のステーキ三昧、どれも土地の名物をおなか一杯食べている学生の姿が思い出されます(ただ残念ながら、近年は経理上の融通が以前ほど利かなくなってしまい、これらは文字通り懐かしい思い出となってしまいました)。

  • 内田順文先生写真1 札幌での寿司三昧
  • 内田順文先生写真2 大阪の「551蓬莱」本店

<2020年12月25日(金)掲載>

文学科 日本文学・文化コース
松野ゼミの出発点

松野 彩(まつの あや)准教授(専門分野:日本文学)

 最も記憶に残っている学生というと、着任した年のゼミ生(4年生の4人)でしょうか。3年から4年に変わる大事な時期に指導教員が変わることになり、不安もあったと思うのですが、国士舘での生活について、さまざまなことを教えてくれて、本当にありがたかったです。
 着任して初めてのゼミ旅行は、4人と一緒に京都や宇治の観光名所を回りました。とっても元気な4人、出町柳の行列店で豆大福を買い求め、下賀茂神社のそばの茶屋でみたらし団子を食べ、哲学の道のそばの和風なカフェでティータイム、いっぱい食べて、しゃべって、京都の町をたくさん歩きました。そのパワフルさは、今でも思い出すと、ついほほえんでしまいます。卒業の時に4人からもらった寄せ書きは、今でも研究室に大切に飾っています。

動画でゼミ紹介:

  • 松野彩先生写真1
  • 松野彩先生写真2

<2020年12月1日(火)掲載>

学生の成長を見る喜び

中村 一夫(なかむら かずお)教授(専門分野:日本語学)

「正しい日本語を知りたい」「美しい日本語を身につけたい」などという学生の言によく接します。日本語学とはことばの御意見番のような存在であると考えているようです。しかし、事実を事実として正確に認識し、特定の価値観に基づく評価や判断はしないという学問のありようを知るにつれて、その種の問いかけはなくなっていきます。学びを深めることで自らが「正しさ」や「美しさ」を考えることができるようになるのでしょう。そして、その種のものは人を離れて存在するのではなく、自らの心の内にのみあることに気が付くからだと思います。こういうパラダイムシフトとでもいうべき学生の成長を見ることが、何物にも代えがたい私の喜びになっています。

ドキュメント国士舘:文学部の想像

  • 中村一夫先生写真1

<2020年12月18日(金)掲載>

少人数制で距離が近い文学部ゼミ

平 浩一(ひら こういち)教授(専門分野:日本文学)

 国士舘大学文学部は、少人数制で、学生と教員の距離が近いとされます。その伝統は、特にゼミの中で、長年の間、受け継がれてきたものです。わたくし自身、歴代のゼミ生とは、語り尽くせない程の思い出があります。毎年、学生が卒業していく際には、成長した姿を嬉しく思うとともに、少し寂しい気持ちになるものです。これまでの卒業生がくれた、さまざまな色紙のメッセージ、そして多くの思い出。それは、わたくし自身のかけがえのない糧となり原動力になっています。これからも、多くの学生と出会うことになるでしょう。今後のみなさんとの新たな出会いを、楽しみにしています。

  • 平浩一先生写真1

<2020年12月25日(金)掲載>



文学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2020年04月02日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ