学系紹介

山坂研究室(水工学研究室)

テーマ:水の流れと土砂の流れから、水防災と自然豊かな河川環境を考える

河川の流れは、流れが引き起こす土砂移動によって河川の形状が変化し(浸食・堆積)、これが流れを変化させるという相互作用を伴っています。土砂の浸食・堆積の力学機構を考慮して、自然豊かで好ましい河川地形・河川環境を護る、あるいは創出する手法について研究しています。また、河川災害の防止についても研究しています。

  • 二ケ領宿河原堰上流のワンド二ケ領宿河原堰上流のワンド
  • 二ケ領宿河原堰(登戸・多摩川)二ケ領宿河原堰(登戸・多摩川)
  • 都市域にありながら生物の多様性に富む多摩川都市域にありながら生物の多様性に富む多摩川
  • 水制模型周りの流れの実験水制模型周りの流れの実験
研究テーマや研究室の活動
最近の研究テーマ1:ワンド内の流れと土砂堆積に関する研究

ワンドは、川の本流から離れたところにある池のようなもので、洪水時には魚類が避難できる静穏域となります。流れの状況を知るためにコンピュータの数値解析を行ったり、ワンドが土砂で埋まってしまわないように、実験室で、土砂を流した実験等を行ったりします。

  • モデルワンド内流れの数値解析モデルワンド内流れの数値解析
最近の研究テーマ2:洪水による河道閉塞に関する研究

洪水時に、河川内に流木が流れ込むと、橋などの構造物に流木が引っかかり、氾濫が起きることがあります。閉塞の仕方を実験的に調べて、閉塞の防止に役立てます。

  • 流木による河道閉塞の実験流木による河道閉塞の実験
最近の研究テーマ3:越水、浸透による堤防破壊に関する研究

近年、短期の急激な降雨により、堤防が破壊され、河川の大規模な氾濫による被害が増大しています。実験により堤防決壊のメカニズムを探り、破壊防止に役立てます。

  • 流水による堤防の破壊実験流水による堤防の破壊実験
最近の研究テーマ4:ロープのみを用いた船による河川横断の可能性に関する実験

橋の無い河川を横断するには、船が必要になります。人力・動力によらずに川の流れを利用して、船で川を横断する方法を検討しています。洪水時に、橋梁が破損した場合の避難に役立ったり、また、レジャーとしての利用も考えられます。写真は、小水路での実験で、紐で係留された船が、この水路を横断できることが確認されました。

  • ロープ船による河川横断の実験ロープ船による河川横断の実験
最近の研究テーマ5:用水路の底面浄化とそれによる河川景観の改善に関する研究

河川は、水がきれいでもその下の底面の状況によって見た目のきれいさが変わってきます。底面を浄化する方法、それによる河川景観の改善効果等について検討します。

  • 水路底面の人力浄化法の検討水路底面の人力浄化法の検討
学外研修

卒研生は、夏休み等を利用して、宿泊を伴う現場見学を行います。最近は、3年続けて八ッ場ダムの見学を土質研究室と合同で行いました。写真は2017年9月の施工状況です。

  • 建設中の八ッ場ダムの見学建設中の八ッ場ダムの見学

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
理工学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ