学系紹介

学系主任メッセージ

戻る

 ヒトは日常の生活の中でさまざまな身体活動を行い続けていますが、それは身体を取り巻く周りの環境からの刺激の受容と、そうした刺激に対する応答によるものです。その意味で、ヒトのからだは広い意味での情報処理システムであると言えます。人間情報学系では、このシステムとしての身体に関する多様な情報を精確に理解し、多角的に処理できる技能を体得していくことを目指します。特に、ICT(Information Communication Technology)を中心とする情報処理技術を基盤に、身体から得られる幅広いデータを活用し、スポーツ、健康・医療、工学の分野で活躍できる人材に成長していくことが大きな目標です。

 世界ではIoT(Internet of Things)が普及しつつあり、さらには健康・医療の情報処理に特化したIoB(Internet of Bodies)の可能性も伝えられています。そこで、本学系のカリキュラムは、実際に自分の身体にセンサーを装着してデータを取得し、分析する授業など、理論の学習にとどまるのではなく、自らが積極的かつ実践的に学習できる構成となっており、アクティブな学びが体験できるものとなっています。

 こうした学生の実体験重視の学習の成果として、実社会で役に立つ資格取得への道が用意されていることも本学系のカリキュラムの特長と言えます。具体的には、スポーツ分野での「JATI-ATI」(日本トレーニング指導者協会によるトレーニング指導者)の受験指定校であることに加え、さらには医療情報分野での「診療情報管理技能認定試験」や「ME技術実力検定(第2種)」の受験を目指すことができます。こうした多様な資格取得に向けた学習を通じ、健康増進に関わる指導者やスポーツトレーナー、病院などの医療機関や医療関連企業で活躍できる人材を育成します。

 私たち教員は、本学系で学ぶ学生たちが、こうした学びを通じて、知識だけではなく、周りの人たちと円滑な情報のやり取りを行うことができる柔軟なコミュニケーション能力と豊かな人間性を身につけた有意な人材に成長していくことを願っています。

 ヒトのからだにはまだまだ未解明のことがたくさんありますが、自分自身のからだと直接向き合うことで、非常に興味深い事実に触れていくことができるはずです。私たちとともに「情報」の視点からヒトのからだを見つめていきましょう。

プロフィール
小崎 充 人間情報学系 主任
小崎 充 こざき・まこと
北海道出身
1994年
東京外国語大学大学院 修了
1997年
国士舘大学 工学部 講師
2008年
国士舘大学 工学部 教授
<専門>
  • 認知科学・認知言語学

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2019年06月11日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
理工学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ