学科紹介

学科の特長

政治行政学科では、現代社会のあり方や課題などについて、政治を基点として学び、地域社会のリーダーとして必要な社会的かつ専門的知識を習得させ、総合的観点から物事に対し適切な分析の対応力と指導力を培い、次世代においても社会を支え、人の模範となる人材を輩出することを目標としています。
政治学関連科目を中心に、経済・経営・法律の各分野を網羅して学べるように社会科学全般の科目を多く開設しています。幅広い分野の履修が可能で、学生一人ひとりの目的や関心に合わせて学習できるように、選択科目を豊富に設けています。
政治学研究の導入として2年次から「政治制度論」や「比較憲法」「国際関係論」などの専門科目の履修ができます。「基礎ゼミナール」のゼミも2年次に開講されています。

  • 授業風景
  • 授業風景

カリキュラムの特長

政治行政学科には、政治と社会の関係について学ぶ「政治と人間コース」、国や地方自治体の行政のしくみを学ぶ「公務員養成コース」、国際政治や外交を学ぶ「国際関係・地域研究コース」を設け、より専門性を高めるとともに、各コースや各学科との科目の互換制を活かして、柔軟な発想を持つ国際人から地方の文化・行政・教育の担い手を育成しています。
具体的には、憲法(総則・統治機構論・人権論)、政治学原論、政治体制論、政治学史、政治哲学、日本政治思想史、日本外交史、西洋外交史、国際社会の諸問題、国際社会の法構造、国際関係論、国際機構論、アメリカ地域研究、東南アジア地域研究、安全保障論、地方自治入門、現代行政学、バリアフリー社会論など多くの専門科目が配置されており、これらの科目を履修することで現代社会の基本的な構図や課題などを理解でき、教養と専門性が養えると考えています。
また、「情報科学」などの情報処理関連科目、「国際関係論」「マス・コミ論」など社会の先端をいく科目を配して、情報化・国際化の進む社会に即応しています。

その他の特長

政治行政学科には、毎年、多くの公務員希望者がいます。それらの希望者向けに、年に数回、学科独自のガイダンスを開催し、公務員試験の勉強の仕方の指導や、公務員になった卒業生を招いての講演会などを実施しています。一人一人の潜在的な能力を引き出し、モチベーション(やる気)を持続させるきめの細かい指導を目指しています。
本学では、公務員希望者に対する全学的な取り組みとして、キャリア形成支援センターおよび生涯学習センター主催のガイダンス、説明会や、生涯学習センター主催による「公務員講座」が設けられています。公務員試験の内容やしくみに関する説明は、それらの全学的な取り組みに任せて、政治行政学科主催のガイダンスでは、少人数教育のメリットを活かして、「マン・ツー・マン」に近い形で、一人一人の学生の心に響く指導に取り組んでいます。

政経学部共通の学びの特長

政経学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
政経学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ