研究活動

学会長メッセージ

戻る

国士舘大学「体育・スポーツ科学学会」は、前身の「体育学会」を基礎として、1993年4月に発足し今日に至っております。

本会は、学生および教員の体育・スポーツに関する科学的研究、体育・スポーツ科学の発展ならびに体育・スポーツの実践に貢献することを目的としています。具体的には 2017年度は9月に「オリンピック・パラリンピック教育公開講演会-パラリンピックとオリンピックの分離は差別なのか」、11月には「トップアスリート講演会-夢をあきらめない」、12月には「仕事のやりがいと学生時代に身に付けておきたいこと」というテーマでシンポジウムを開催するなど体育・スポーツ分野の講演会を企画開催しています。

また体育・スポーツ活動を日々実践しているからこそ湧き上がってくる貴重な疑問、課題に対して科学的アプローチで迫り実践の場に還元出来るような研究等々の発表の場として機関紙「体育・スポーツ科学研究」を発刊し、体育学部学生および教員が体育・スポーツに関する理解と知識をより深める手助けをしています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け多くのトップアスリートを輩出している国士舘大学ならではの講演会やシンポジウムも今後より活発化していくと思います、体育・スポーツ活動に興味のある受験生の皆さんはぜひ体育学部の門を叩き体育スポーツ科学学会の一員となって研究活動や講演活動に参加してください。

プロフィール
村岡 幸彦 体育・スポーツ科学学会 学会長
村岡 幸彦 むらおか・ゆきひこ
1952年
神奈川県出身
1979年
東京医科歯科大学 医学部 医学科 卒業
東京医科歯科大学 博士(医学)(専門分野:血管外科)
1989年
東京医科歯科大学 助手
1991年
春日部秀和病院 外科 医長
1993年
東京医科歯科大学 助手
1989年
春日部秀和病院 外科 部長
2000年
国家公務員共済組合連合会九段坂病院 外科 医長
2001年
国士舘大学 体育学部スポーツ医科学科 教授
2010年
国士舘大学大学院 救急システム研究科 救急救命システム専攻(修士課程)教授
2013年
国士舘大学大学院 救急システム研究科 救急救命システム専攻(博士課程)教授
<所属学会>
  • International College of Angiology
  • 国際外科学会
  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本脈管学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本静脈学会

体育学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

命を救う人になる

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
政経学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ