学部概要

文学部の教育研究上の目的及び3つのポリシー

戻る

文学部の教育研究上の目的

 文学部の理念と目的は、「人文科学を中心に深遠な学術を教授研究し、豊かな教養と高潔な人格を養い、文化の創造力をつけ、社会福祉の増進や国際社会の進展に寄与できる人材を養成する」ことにある。これは単に専門的な知識や技術の伝授にとどまることなく、教養科目を重視する大学の伝統を踏まえて「心の教育」と「人間形成」を根幹として「人を育成する」ものである。その理念・目的を達成するために学部内に「教育学科」・「史学地理学科」・「文学科」の3学科を置く。「教育学科」には教育学コース、初等教育コースの2コースを、「史学地理学科」には考古・日本史学コース、地理・環境コースの2コースを、「文学科」には日本文学・文化コースの1コースを置いている。学科・コース間でそれぞれ有機的・発展的に広く基礎を学び、深く専門領域を極め、現代社会に寄与する徳と叡智を涵養できるよう、綿密なカリキュラムを編成している。

教育学科

 教育学科は、教育学コース、初等教育コースの2コースによって構成されている。本学科では、各コースそれぞれの専門性を「人を育成する」ということがらに直結させ、教育学コースでは「人間形成」の学としての教育学の追求を、初等教育コースでは教員として「豊かな人間性、社会性や実践的能力を備えた人材の養成」を、それぞれ目的としている。根本的な判断力と能力の育成を実現するという本学科各コース共通の理念・目的は、学部における大学教育の根本でもあり、これを達成するべく、各コースは熟慮された専門カリキュラムを編成している。

教育学コース

 教育学コースは、教育の果たすべき社会的役割を認識しつつ、広く人間形成の学という展望にたった諸学問の研究と教授、社会に貢献できる人材の育成を理念・目的にしている。本コースの専門教育では、教育に関する理論的研究を行うとともに、教育の実践的な経験に基づく知見や教育技術を集積し、その知識と方法論を体系的に学べるよう、カリキュラムを編成している。教育学の関連分野として、心理学、社会学や運動生理学などの視点や方法論も取り入れ、幅広く学習できるようにしている。教育関係の職を志望する学生のために、中等教育課程として、中学校の社会科、保健体育科、高等学校の地理歴史科、公民科、保健体育科の教員や養護教諭の育成、また社会教育主事の資格取得などにも力を入れ、常に変化していく社会や教育現場に柔軟に対応し、高度な知的探求ができる人材を育成する。

初等教育コース

 初等教育コースは、初等教員としての実践的指導力を具備した人材の育成を目的としていいる。本コースでは、教科・教職に関する専門的な知識と技能を段階的に身につけ、理論と実践に関する教育研究を進める。同時に、教育実践に関する科目を通して、教育者としての責任に加え、豊かな人間性や社会性を身につけた初等教員を育成する。

史学地理学科

 史学地理学科は、考古・日本史学コース、地理・環境コースの2コースによって構成されている。本学科では、本大学における建学の理念や文学部における教育・研究理念を共通の目的として、各コースの独自性を尊重しながら、各コース相互の専門科目を取り入れ、有機的連関性を持ったコースのカリキュラムを編成している。また、本学科は、実証的な教育・研究を各コース共通の柱とし、さらに教育・研究理念ならびに教育目標を達成させるために卒業論文の準備・作成を重視し、入念な指導を実施している。このほか、考古・日本史学コースにおいては、考古学と日本史学の両者によって日本文化の探究を実践している。地理・環境コースにおいても、現実社会の状況を判断し対処できる人材育成を念頭に置き「環境」という現代社会が直面している課題に挑戦し、実践している。

考古・日本史学コース

 考古・日本史学コースの目的は、日本の歴史研究をとおして日本文化の特色を把握し、国際社会との協調と発展に貢献しうる有為な人材を育成することにある。この目的を実現するための教育方針として以下の3点を立てている。

①世界史のなかで、日本史をとらえる視点の養成
②文献史料・考古資料を調査・収集して、分析・表現する能力の養成
③社会に通じる、総合的な実務能力の養成

地理・環境コース

 地理・環境コースでは、史学地理学科の教育の目的を、地理・環境分野における地域調査に根ざした実践的カリキュラムを中心に学ばせることによって達成することを、教育の目的としている。この目的を実現するための基本方針は、「人間と自然に関する幅広い視野をもった上で、地理・環境分野における科学的な地域調査に根ざした学びを通して自ら調査・研究を実践できる力を身につけた学生を育てる」というものである。

文学科

 文学科は、日本文学・文化コース1コースによって構成されている。本学科では、本大学の建学の理念および文学部の教育研究上の目的に基づき、古代から現代に至る日本の文学・文化現象について幅広く学ぶという知的な作業を通じて、人間的な成長を遂げ、社会に貢献できる人材を育成することを目的としている。
 本学科では、日本語で創作された言語文化を中心に、思想、芸能、映像文化などを、研究教育の対象領域とする。
 日本には古代以来、永きにわたる文化の積み重ねがあり、それらは我が国のみならず、広く世界に開かれた資産としての価値をもっている。また日本語で表現された文学・文化は、日本人のみならず人間全体に通じうる営みや思索を表出した貴重な資産である。本学科では、文学部に開講された幅広いカリキュラムの学習を踏まえ、これら日本の文化的資産の理解・読解という作業を通じて、人間の営みへの知的な理解力、および共感へと至る感性を磨き、高めるのみならず、現代を生きる社会人に必須な表現力・情報発信能力を備えた知的総合能力を鍛えることによって、日本文学を中心にした、総合的な教養人として社会に有為な人材を育てる教育を行う。また資格科目としては、教職免許に関わる「国語科教育」に特に力を入れ、実践的な教育を行っている。

日本文学・文化コース

 日本文学・文化コースは、日本語および日本文学・文化を多面的に学ぶことを通して、日本文学・日本文化に関する幅広く体系的な教養を身に付け、現実の様々な問題についての明晰な判断力・想像力を獲得し、現代の社会生活に活用できる人材を育成することを目標にしている。

卒業認定・学位授与の方針「ディプロマ・ポリシー」(DP)

 文学部では、大学の卒業認定の方針に加えて、教育学、歴史学および地理学、文学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことで、学科が求める次の資質・能力を有しているとして卒業を認定し、学士(文学)の学位を授与します。

教育学科

 教育学科では、教育学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことで、次の資質・能力を有しているとして卒業を認定し、学士(文学)の学位を授与します。

DP1.  専門領域において学んだ人間形成と教育に関する基礎的な知識と幅広い教養および関連する諸情報を収集・分析・整理する能力を有し、学びに対する真摯な態度と困難に立ち向かう強い意志を身に付けている。
DP2.  社会に生きる人間として、とりわけ初等・中等教育課程の教員として、課題の意味を理解・吟味し、その課題解決へ向けた適切な意思決定・行動選択をするとともに、自らの意思を表現する力を持っている。
DP3.  教職をはじめとして、教育に携わる人間に求められる責任感と倫理観を持ち、謙虚に学び続け自らを高めようとする姿勢とその学びを活かして主体的に社会に貢献しようとする意欲を持っている。
DP4.  教育学の学修を通じて、他者を尊重しつつ、責任ある行動を取ることのできる豊かな人間性を身に付け、協働的に社会や他者と関わろうとする意欲を有している。
史学地理学科

 史学地理学科では、歴史学および地理学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことで、次の資質・能力を有しているとして卒業を認定し、学士(文学)の学位を授与します。

DP1.  歴史学および地理学の深い専門的知識と幅広い教養および世界的視野と総合的判断力を有し、学びに対する真摯な態度と困難に立ち向かう強い意志を身に付けている。
DP2.  歴史学および地理学の知識・技能を活用し、諸課題について調査・研究することができ、学術的諸問題を体系化して論理的に相手に伝えるとともに相手の意見を理解する能力を身に付けている。
DP3.  歴史学および地理学を将来にわたって不断に研鑽し、そこから得た知識・技能と独創的な発想力をもとに積極的に社会に貢献する意欲と行動力を有している。
DP4.  歴史学および地理学の学修を通じて、他者を尊重しつつ、責任ある行動を取ることのできる豊かな人間性を身に付け、協働的に社会や他者と関わろうとする意欲を有している。
文学科

 文学科では、文学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことで、次の資質・能力を有しているとして卒業を認定し、学士(文学)の学位を授与します。

DP1.  古代から現代に至る日本の文学や文化現象、および日本語について、深い専門知識と幅広い教養を有し、学びに対する真摯な態度と困難に立ち向かう強い意志を身に付けている。
DP2.  日本の文学・文化現象、および日本語に関わる理解を核とした知識を総合し、社会人としての思考力や判断力、コミュニケーション能力を身に付けている。
DP3.  歴史の中ではぐくまれてきた文学作品や文化、および日本語を理解する感性と、それを筋道立てて組み立てる論理性を生かして、社会の中で能動的に活動する意欲と行動力を有している。
DP4.  文学の学修を通じて、他者を尊重しつつ、責任ある行動を取ることのできる豊かな人間性を身に付け、協働的に社会や他者と関わろうとする意欲を有している。

教育課程編成・実施の方針「カリキュラム・ポリシー」 (CP)

 文学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で掲げる能力や態度を身に付けるために教育課程を編成し、それらの系統的な履修によって教育目的を達成します。
 教育内容、教育方法、学修成果の評価については、次のように定めます。

教育学科
 
1. 教育課程と内容
(1) 幅広く深い教養と総合的判断力を培い、豊かな人間性を涵養し、専門分野と調和・発展させることを目的とした「総合教育科目」を設けています。
(2) 「外国語科目」を設け、英語や他の言語を学び、コミュニケーション能力の充実を図ります。
(3) 「専門科目」は、「教育学コース」と「初等教育コース」の2コースにより、体系的に専門性を高める課程の編成をしています。
教育学コース
  人間形成と教育に関する洞察力を身に付ける科目を設置し、「教育学の基礎」や「人間と教育」、「教育学研究」、「教育学演習」は必修としています。また、中等教育課程の教職と教育に関連する科目を有機的に配置しています。
初等教育コース
  小学校教諭、幼稚園教諭の免許取得を目指した専門教育を行うため、教職基礎、授業実践、生徒指導、学校・学級運営、現場実習、教育動向の6つの柱を体系的に学修する必修科目及び選択科目を設けています。
 
2. 教育方法
(1) 即戦力として社会で活躍するための基礎的能力の育成を目的に、講義による知識や技能の教授を行っています。
(2) 専門性を高め、課題解決へ向けた実践的能力をつけるために、実習や模擬授業は、アクティブ・ラーニング形式で授業を展開しています。
 
3. 学修成果の評価
(1) 各授業科目については、到達目標や成績評価の基準と具体的評価方法をシラバスに明示して学生に周知したうえで、公正で厳格な成績評価を実施します。
(2) 学生の4年間の学修成果は、必修の「卒業論文」によって行い、提出された卒業論文等をもとに総合的評価を行います。
史学地理学科
 
1. 教育課程
(1) 幅広く深い教養と総合的判断力を培い、豊かな人間性を涵養し、専門分野と調和・発展させることを目的とした「総合教育科目」を設けています。
(2) 「外国語科目」を設け、英語や他の言語を学び、コミュニケーション能力の充実を図ります。
(3) 「専門科目」は、「考古・日本史学コース」と「地理・環境コース」の2コースにより、体系的に専門性を高める課程の編成をしています。
考古・日本史学コース
  歴史学の概説的な知識や方法論を学び、研究の基礎を固める必修科目をはじめ、幅広い文献史料や考古資料に触れる実習科目等を多く設けています。
地理・環境コース
  地域における実践的な学びを重視した人文地理系科目と自然地理系科目を体系的に配置しており、特に「地理学野外実習」では、野外における科学的な地域調査を行いその成果をまとめ、調査・分析能力を高める必修科目としています。
 
2. 教育内容と方法
(1) 行動力及び責任ある意識決定ができる思考力や判断力を育成する一つとして、フィールドワークによる調査・分析能力の養成など学外研修を多く取り入れています。
(2) 演習科目や卒業論文の指導では、少人数でのきめの細かい指導を行っています。
 
3. 学修成果の把握
(1) 各授業科目については、到達目標や成績評価の基準と具体的評価方法をシラバスに明示して学生に周知したうえで、公正で厳格な成績評価を実施します。
(2) 学生の4年間の学修成果は、必修の「卒業論文」によって行い、提出された卒業論文等をもとに総合的評価を行います。
文学科
 
1. 教育課程と内容
(1) 幅広く深い教養と総合的判断力を培い、豊かな人間性を涵養し、専門分野と調和・発展させることを目的とした「総合教育科目」を設けています。
(2) 「外国語科目」を設け、英語や他の言語を学び、コミュニケーション能力の充実を図ります。
(3) 「専門科目」は、「日本文学・文化コース」として、日本の文学と文化を幅広く、古代から現代にいたる文学・文化現象について幅広く学ぶ多彩な科目群を配置しています。「日本文学・文化入門」は、各時代領域のエッセンスを集中的に教示する必修科目として設けています。
 
2. 教育方法
(1) 演習科目は専門分野をより深く研究でき、主体的に学修にとりくめるように、少人数制で実施しています。
(2) 講義、分析、調査、実地踏査、発表、討論などをバランスよく組み合わせて学修成果を高めます。
 
3. 学修成果の評価
(1) 各授業科目については、到達目標や成績評価の基準と具体的評価方法をシラバスに明示して学生に周知したうえで、公正で厳格な成績評価を実施します。
(2) 学生の4年間の学修成果は、必修の「卒業論文」によって行い、提出された卒業論文等をもとに総合的評価を行います。

入学者受入れの方針「アドミッション・ポリシー」 (AP)

 文学部では、教育学、歴史学および地理学、文学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

 また、このような入学者を適正に判定するために、教育学科・史学地理学科・文学科のそれぞれにおいて、学科ごとに掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

教育学科

 教育学科では、教育学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。
 また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1. [知識・理解・技能]

 教育学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識を有していること、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)  英語、国語、地理歴史、公民、数学、理科などについて、高等学校などで身に付けるべき標準的な知識を有している。
(AP1-2)  スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2. [思考力・判断力・表現力]

 人文・社会の諸問題について関心を持ち、学んだ知識や得られた経験から思考し、判断し、自分の考えを的確に表現できるようになるための、人間としての成長に対する真摯な姿勢を有している。

AP3. [主体性・多様性・協働性]

 自ら進んで行動する能力を有するとともに、他者の多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。
入学前に身に付けておくべきこと
  1. 英語、国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校等で身に付けるべき基礎的な能力を身につけていること。
  2. 教育問題に関するニュースを見る習慣、地理や歴史に関して興味を持った事柄を調べる習慣や小説や随筆などの文学作品を読む習慣を身に付けていること。
  3.   
史学地理学科

 史学地理学科では、歴史学および地理学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

 また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1. [知識・理解・技能]

 史学地理学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識を有していること、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)  国語、英語、地理歴史、公民、数学、理科など、高等学校等で身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)  スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2. [思考力・判断力・表現力]

 人文・社会の諸問題について関心を持ち、学んだ知識や得られた経験から思考し、判断し、自分の考えを的確に表現できるようになるための、人間としての成長に対する真摯な姿勢を有している。

AP3. [主体性・多様性・協働性]

 自ら進んで行動する能力を有するとともに、他者の多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。
入学前に身に付けておくべきこと
  1. 英語、国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校等で身に付けるべき基礎的な能力を身につけていること。
  2. 教育問題に関するニュースを見る習慣、地理や歴史に関して興味を持った事柄を調べる習慣や小説や随筆などの文学作品を読む習慣を身に付けていること。
  3.   
文学科

 文学科では、文学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます

 また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1. [知識・理解・技能]

 文学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識を有していること、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)  国語、英語、地理歴史、公民、数学、理科など、高等学校等で身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)  スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2. [思考力・判断力・表現力]

 人文・社会の諸問題について関心を持ち、学んだ知識や得られた経験から思考し、判断し、自分の考えを的確に表現できるようになるための、人間としての成長に対する真摯な姿勢を有している。

AP3. [主体性・多様性・協働性]

 自ら進んで行動する能力を有するとともに、他者の多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。
入学前に身に付けておくべきこと
  1. 英語、国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校等で身に付けるべき基礎的な能力を身につけていること。
  2. 教育問題に関するニュースを見る習慣、地理や歴史に関して興味を持った事柄を調べる習慣や小説や随筆などの文学作品を読む習慣を身に付けていること。
  3.   

文学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

NEW

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年04月12日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ