専攻紹介

専攻主任メッセージ

戻る

歴史は資料に基づいて考察されるものです。その資料には、文献資料である新聞、雑誌を含めた過去の文字記録、画像資料である写真とその他の映像記録及び絵画や地図、地中に埋没した遺構、遺物などの考古資料、地域にのこる伝承と習俗等あります。これらの物的証拠から的確な情報を読み取り過去の社会と出来事を考証し、それぞれの時代を体系付け復元する。そこから自己を含めた未来社会をえがくのが歴史学だと思います。

考古・日本史学専攻では研究方法として大きく2つの軸のもとに取り組んでいます。一つは遺跡・遺物を中心とした分野から歴史を考えていこうとする考古学、もう一方は古文書や古記録といった文献から歴史を見ようという文献史学を中心とした分野です。本専攻が指導方針として特に重視している点は史料に直接触れる機会を多く心がけていることです。そのため入学後早い時期からこれができるカリキュラムとなっています。

たとえば考古学の分野では1~4年次まで「考古学実習」を開講しています。実習はおもに夏休み、春休みの長期休暇が中心になりますが2ヶ月程度実施されます。場所は近隣県の市・町・村での発掘調査と、それ以外に学内での出土遺物整理などが中心になります。もちろん実習は選択科目であります。文献史学の方でも「史料学実習」が用意されており、やはり夏期休暇を中心に各地域での史料調査を実施しています。このほか授業とは別に学生同士の研究会活動もあります。このように考古学、文献史学ともに多くの史料に触れることができる体制の組まれているのが本専攻のおおきな特徴の一つでもあります。

本専攻は昭和41(1966)年文学部開設とともに創設されました。当時は「国史学専攻」として出発しましたが、平成16(2004)年新カリキュラムのもと名称を「考古・日本史学専攻」と改めました。このときよりセメスター制(春期・秋期の学期制)を導入し授業に多彩な内容を取り入れ、多くの学生に履修していただけるようスタッフ一同努力しております。

今日の教育をめぐる状況は、非常に複雑で難しい課題が山積しています。そのような状況の中で、即戦力としての若い力が求められているのも現代の特徴でもあります。それは皆さんにとってはありがたいことでしょう。しかし、単なる小手先の指導技術や表面的な教養では、変化の激しいこれからの世の中で、対応していくことは難しくなるのではないでしょうか。このような時代だからこそ、質の高い教員が必要なのです。それは、自ら課題を発見し、考え、他者との交流を通して解決に進むこと、時代に左右されずに本質的な問題をとらえそれに向き合うこと、教育者である前に人間としての成長を常に求めることなどです。

プロフィール
勝田 政治(かつた まさはる)
1952年
新潟県新津市(現新潟市)生まれ
1971年
新潟県立新潟高校卒業
1975年
早稲田大学第一文学部日本史学科卒業
1985年
早稲田大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学
1995年
国士舘大学教養部助教授
1996年
国士舘大学文学部助教授、以後教授を経て現在にいたる
この間、2003年博士(文学 早稲田大学)を取得
2010年
国士舘大学大学院人文科学研究科科長(2014年3月まで)
現在、明治維新史学会会長

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ