学科紹介

専攻の特長

本専攻では、4年生の12月に卒業論文(必修8単位)の提出を義務付けています。その専門分野にいたるために、まず、1年生から各人が実際に体験して直接歴史に触れる、「考古学実習」・「史料学実習」を設けています。さらに、2年では「考古・古代・中世・近世・近代・現代の資料・史料を読む」という授業を設定し、各時代の雰囲気にふれる工夫をしています。

また、近年著しい問題関心のひろがり、研究方法の多様化に対応するために、伝統的な「史学概論」や「古文書学」の講義名を「日本史学の基礎」「史料と史料学」などに改め、より授業内容をわかりやすく、さらに、時代にとらわれない研究関心や新しい動向にも敏感になるような工夫もしています。男女の社会的・文化的性差を考えてみようという「日本史の中のジェンダー」、日本のおかれた国際的な位置づけを考えてみようという「国際交流の歴史」、日本人の生活を考えてみようという「日本の民俗」「文化と伝承」などです。

教職課程(地歴・社会、高校・中学)や博物館学芸員などの資格も比較的履修しやすく工夫してあります。努力によっては、図書館司書や司書教諭、社会教育主事などの資格も取得可能です。また、さらに専門的に考古・日本史学研究を進めたい学生には、大学院人文科学研究科(修士課程・博士課程)へ進学の道も開かれています。

カリキュラムの特長

史料学・考古学の2コース制です。
史料学コース・考古学コース

「史料学コース」では、古文書を読む史料学実習のほか、記録情報の保存活用を学ぶ資料の保存と管理など、史料保存の課題にも取り組みます。「考古学」では、春・夏の休暇を利用して、1年次から遺跡の発掘調査を行い、遺跡・遺物の調査能力と分析力を養います。

1年次からの実践的な体験学習。

本物の古文書に触れる「史料学実習」、発掘調査を行う「考古学実習」などの実践的な体験学習の機会が一貫して設けられています。貴重な古文書や遺物など学問の原点に接することで、歴史的な背景などを実感しながら深く理解できます。

  • 史料学実習史料学実習
  • 考古学実習考古学実習
多角的な視点から歴史を学ぶ。

歴史学と関係の深い地理学やアジアの中で日本史を考えるため必要な東洋史を、東洋史学、地理・環境専攻と連携して学べます。また、ジェンダー論、民俗、文化や国際交流など、時代別授業だけでなく、日本史を多角的にとらえるカリキュラムを準備しました。

文学部共通の学びの特長

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ