専攻紹介

専攻主任メッセージ

戻る

私たちは、専攻の教育目標を、「学生に地理的見方・考え方を身につけさせる」という程度のゆるやかなものに置いています。それより先の具体的目標については個々の学生が4年間の学習を通して自ら自由に決められるよう、教室では斬新かつ充実したカリキュラムを準備して対応しているからです。

では、その最も重要な「地理的見方・考え方」とは何でしょうか。私たちが生活の基礎を置いている自然環境や人文環境には、「地理的空間」として捉えられる広がりがありますが、この広がりを認識できる能力をここでは地理的見方・考え方と言っておきます。ものごとの空間的広がりには、さまざまな特徴がありますが、どのような現象もそこに広がりの限界、すなわち地域とか地理的空間という問題が出てきます。世の中には、この広がりが簡単に見えるような現象もあれば、地理学的な訓練を積んで初めて見えてくる奥の深い現象もあります。この地理的空間を発見あるいは再発見し、その興味深さを味わえるところ、それが地理・環境専攻です。環境という言葉は、私たちの生活に係わる自然的・人文的なありさまの全体を示します。地理・環境専攻では、環境の実態や問題について、学生にこの空間を発見し、理解できる能力、すなわち「地理学的な見方・考え方」を身につけさせることを目標としています。

そのためには、地域を具体的に調べていく態度が重要です。そこで本専攻では、現地調査(フィールドワーク)や既存データの解析を通して、学生自らが現実の世界の情報を実証的に分析する力を養うカリキュラムを作り上げてきました。このような情報処理の能力は、多くの情報が錯綜する現代社会では近年とくに重視されており、現代を生き抜く個人に強く求められているものです。

当専攻の学生は、用意されたカリキュラムを通じて、課題の設定→フィールドワークによる情報収集→収集したデータにもとづく結果の解析、といった一連の力を身につけていくことができます。このように「地理・環境専攻」では、これからの社会人にとって必要な能力を、幅広い領域の中から自らの興味に合った分野を選んで養成していくことができます。

プロフィール
磯谷 達宏(いそがい たつひろ)
1961年
山口県生まれ、東京都育ち
1984年
東京都立大学理学部地理学科卒業
1986年
東京都立大学大学院理学研究科(地理学専攻)修了
1991年
東京農工大学大学院連合農学研究科(資源・環境学専攻)修了、博士(農学)取得
1991年
(株)緑生研究所研究員
1993年
(財)国際生態学センター主任研究員
1998年
国士舘大学文学部講師、助教授・准教授
2008年
教授
<専門分野>
  • 植生地理学
  • 生態環境論

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ