研究科概要

教育研究上の目的

経済学研究科博士課程

 経済学研究科博士課程は、修士課程までに培われた学力を一層高め、高度な学術的水準を満たす博士論文の完成に向けて学生を指導し、専門の経済学研究者のほか、官庁や民間企業などで活躍する高度専門職業人を養成することを目的としています。

経済学研究科修士課程

 経済学研究科修士課程は、経済学研究者養成と公務員、教員、企業の事務担当者に加え税理士としての高度専門職業人養成を主目標としています。経済学研究者養成は、大学教員などの自立した経済学研究者の養成を、高度専門職業人養成は、公務員、教員、民間企業の事務系分野担当者そして税理士という社会に貢献できる経済分野の専門家の養成を目的としています。

経済学研究科 経済学専攻:博士課程

 経済学専攻博士課程は、修士課程までに培われた学力を一層高めて、高い評価を得る学術的水準を備えた博士論文を所定の期間内に完成するように指導し、大学教員やシンクタンクを含む研究機関の研究員のみならず、官民双方におよぶ高度専門職業人を輩出することを目的としています。

経済学研究科 経済学専攻:修士課程

 経済学専攻修士課程は、経済学研究者養成と税理士資格取得者を主な対象とする高度専門職業人養成を目的としています。学部で修得した基礎的な経済学の知識を発展し、社会科学としての経済学の研究にまで及ぶことを目指しています。
 経済学研究者養成は、大学教員などの自立した経済学研究者の養成を目的とし、高度専門職業人養成は、公務員、教員、民間企業の事務系分野担当者そして税理士という社会に貢献できる経済分野の専門家の養成を目的としています。

修了認定・学位授与の方針(DP)

経済学研究科 経済学専攻:博士課程

 経済学専攻博士課程は、研究者および高度専門職業人を目指す人材の養成を目的としています。この目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を充たし、かつ、博士論文の論文審査に合格した者を以下に示す資質や能力を備えたと認め、博士(経済学)および博士(学術)の学位を授与します。

DP1.  理論、歴史、政策の3分野に大別される経済学の各分野における専門的能力を修得し、高度な専門知識を身に付けている。
DP2.  経済学的思考法を駆使して、社会問題に対する定性的・定量的な分析を試み、解決策を導く能力を身に付けている。
DP3.  世のため、人のために尽くす公徳心を有し、経済学の専門家として学界の最新の成果の摂取に努め、修得した知見を活用して広く社会に貢献する意思と能力を持っている。
DP4.  歴史や文化を尊重し、多様な価値観を認める包容力を持ち、異分野の専門家とも協働しながら、日本と世界が抱える複雑な経済問題の解決に取り組む意欲を持っている。
経済学研究科 経済学専攻:修士課程

 経済学専攻修士課程は、研究者・高度専門職業を目指す人材の養成を目的としています。この人材養成の目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を充たし、かつ、学業成績ならびに学位論文から、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し、修士(経済学)および修士(学術)の学位を授与します。

DP1.  理論、歴史、政策の3分野に大別される経済学の各分野における専門的能力を修得し、特に税理士志望者は税務に従事する際に必要な高度な専門知識を身に付けている。
DP2.  経済学的思考法を駆使して、社会問題に対する定性的・定量的な分析を試み、解決策を導く能力を身に付けている。
DP3.  世のため、人のために尽くす公徳心を有し、経済学の専門家として学界の最新の成果の摂取に努め、修得した知見を活用して広く社会に貢献する意思と能力を持っている。
DP4.  歴史や文化を尊重し、多様な価値観を認める包容力を持ち、異分野の専門家とも協働しながら、日本と世界が抱える複雑な経済問題の解決に取り組む意欲を持っている。

教育課程編成・実施の方針 (CP)

経済学研究科 経済学専攻:博士課程

 経済学専攻博士課程では、修了認定・学位授与の方針で掲げる研究者および高度専門職業人としての資質や能力を身に付けるために、以下に示す方針に基づき教育課程を編成します。

CP1.  理論・歴史・政策の経済学3分野での研究者養成を行う。高度な専門分野を学ぶ講義と、博士論文指導の演習を用意し、各分野による指導を充実させるため過不足のない科目配置を行っている。
CP2.  専門のみならず周辺分野に及ぶ国内外の著書・論文を俯瞰し、自らの学説を確立するために授業においては指導教授との積極的議論が求められる。並行して、入学当初から博士論文の完成に向けた個人指導がなされる。
CP3.  授業及び論文指導においては、毎回の学習度や指導教授との議論の内容による平常点が大きな評価基準となる。必要な知識量に加え、創造的・革新的な自説の充実度と合わせて総合的な学力向上度をみる。
経済学研究科 経済学専攻:修士課程

 経済学専攻修士課程では、修了認定・学位授与の方針で掲げる研究者・高度専門職業人としての資質や能力を身に付けるために、以下に示す方針に基づき教育課程を編成します。

CP1.  理論・歴史・政策の経済学3分野での研究者養成とともに、高度専門職業人、とりわけ財務に従事する高度専門職業人の養成のため、財政学・税法関連科目の充実に力を入れている。
CP2.  周辺分野にまで及ぶ国内外の先行研究業績を幅広く学び、自らの学説を確立するために授業においては指導教授との積極的議論が求められる。並行して、早期から修士論文の完成に向けた個人指導がなされる。
CP3.  授業及び論文指導においては、毎回の学習度や指導教授との議論の内容による平常点が大きな評価基準となる。

入学者受け入れの方針 (AP)

経済学研究科 経済学専攻:博士課程

 経済学専攻博士課程では、学問的基礎を習得した上で、自立して問題解決に当たることができる能力を備えた人材の養成を目指しています。そのため、大学院修士課程と同程度の経済学分野における基礎知識を持ち、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。

  1. 大学等で教育・研究に携わることを目指す者。
  2. 官庁や民間企業で活躍する高度専門職業人を目指す者。

 以上の求める学生像に基づき、年2回の一般選考入学試験を実施し、研究者となるべき豊かな素養と能力を重視した入学者選抜を行います。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。

AP1.  大学院修士課程修了者と同程度の経済学の専門知識および語学力(とくに英文読解力)を身に付けている。
AP2.  社会、国家、国際社会のあるべき姿や課題について、修得してきた知識や情報をもとに論理的に考え、その結果を他者にわかりやすく説明できる。
AP3.  時流に流されない主体性を持つとともに、自己と異質の見解でも寛容に受け入れ、そうした人々と協働し、公徳心を持って様々な社会問題の解決に取り組んでいく。
経済学研究科 経済学専攻:修士課程

 修士課程では、研究者・高度専門職業人としての学問的基礎を修得し、自立して問題解決に当たることができる能力を備えた人材の養成を目指しています。そのため、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。

  1. 企業経営における課題に関心を持ち、自ら求めて学ぶことができる者。
  2. 積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努める意欲がある者。

 以上の求める学生像に基づき、年2回の一般選考入学試験、社会人選考入学試験、留学生選考入学試験、学内選考入学試験を実施し、研究者・高度専門職業人となるべき豊かな素養と能力を重視した入学者選抜を行います。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。

AP1.  経済学専攻での学修に必要な学部教育水準の充分な基礎学力としての知識・理解・技能を有している。たとえば経済理論または経済政策の研究者を志す者は、専攻ミクロ、マクロ双方の初級レベルの経済理論、それを理解できる程度の線形代数学と微積分、初級レベルの統計学、専門書を読めるレベルの英語読解力を習得していることが望ましい。
AP2.  希望する専修科目分野について、多面的かつ論理的に考察し、自分が考えたことを、他者に対してわかりやすく表現することができる力を有している。
AP3.  高度な専門的知識や職業上の新しい知識を主体的に修得することを目指し、他者と協力して研究に取り組み、社会に貢献する意欲を有している。

この研究科の情報を探す

資料請求

大学院案内デジタルパンフレット

令和2(2020)年度 大学院学生募集要項

ページの先頭へ