研究科概要

経済学研究科の授業風景

1965年に開設された経済学研究科は、経済学の基本となる理論・歴史・政策の3分野を中心に研究ができるようカリキュラムを編成しつつ、実務的な分野、とりわけ実社会の経済の激しい変化に対応し、より専門化された研究領域をカバーする応用経済学の分野も重視しています。また、財政や税法の関連分野にも力を入れ、税理士資格試験の一部が免除される履修制度を導入しています。本研究科で開講される科目は理論から歴史、政策、そして税法に至るまで幅広い研究分野を網羅しています。開講されている科目は研究水準が高く、熱意が溢れ、ユニークで個性豊かな先生方が担当しています。院生の皆さんの今後のキャリア形成に役に立つ知識の教授や学びをサポートしています。授業風景の写真が本研究科についての理解を深める一助になれば幸いに存じます。

経済学研究科長 許 海珠

修士論文中間発表会・博士論文研究発表会・研究学修報告会

経済学研究科Guide Book2022(抜粋)

理論研究分野の授業風景
「国際ミクロ経済学研究」(月曜日開講)(多部田直樹 教授)、「ミクロ経済学研究」(月曜日開講)も担当
ミクロ経済学研究、国際ミクロ経済学研究 ミクロ経済学研究、国際ミクロ経済学研究
ミクロ経済学研究、国際ミクロ経済学研究 ミクロ経済学研究、国際ミクロ経済学研究
「マクロ経済学研究」(水曜日開講)(永冨隆司 教授担当)、「数理経済学研究」(月曜日開講)も担当
マクロ経済学研究、数理経済学研究 マクロ経済学研究、数理経済学研究
マクロ経済学研究、数理経済学研究 マクロ経済学研究、数理経済学研究
「計量経済学研究」(木曜日開講)(石山健一 准教授担当)、「統計学研究」(金曜日開講)も担当
計量経済学研究、統計学研究 計量経済学研究、統計学研究
計量経済学研究、統計学研究 計量経済学研究、統計学研究
経済統計研究(月曜日開講)(貫名貴洋 准教授担当)
経済統計学研究 経済統計学研究
経済統計学研究 経済統計学研究
歴史研究分野の授業風景
「日本経済史研究」(金曜日開講)(阿部武司 教授担当)
日本経済史研究 日本経済史研究
日本経済史研究 日本経済史研究
「ヨーロッパ思想史研究」(金曜日開講)(生方淳子 教授担当)、「EU統合史研究」(水曜日開講)も担当
ヨーロッパ思想史研究、EU総合史研究 ヨーロッパ思想史研究、EU総合史研究
ヨーロッパ思想史研究、EU総合史研究 ヨーロッパ思想史研究、EU総合史研究
政策・地域経済・情報研究分野の授業風景
「国際経済研究」(月曜日開講)(助川成也 教授担当)、「開発経済研究」(水曜日開講)も担当
国際経済研究、開発経済研究 国際経済研究、開発経済研究
国際経済研究、開発経済研究 国際経済研究、開発経済研究
「アジア経済研究」(水曜日開講)(許海珠 教授担当)
アジア経済研究 アジア経済研究
アジア経済研究 アジア経済研究
「中国経済研究」(水曜日開講)(許海珠 教授担当)
中国経済研究 中国経済研究
中国経済研究 中国経済研究
「人的資源管理研究」(月曜日開講)(白木三秀 客員教授担当)
人的資源管理研究 人的資源管理研究
人的資源管理研究 人的資源管理研究
「労働経済研究」(木曜日開講)(熊迫真一 教授担当)、「人事経済学研究」(水曜日開講)も担当
労働経済研究、人事経済学研究 労働経済研究、人事経済学研究
労働経済研究、人事経済学研究 労働経済研究、人事経済学研究
「情報産業研究」(木曜日開講)(加藤将貴 准教授担当)、「情報社会及び情報倫理研究」(金曜日開講)も担当
情報産業研究 情報産業研究
情報産業研究 情報産業研究
「日本経済研究」(木曜日開講)(貫名貴洋 准教授担当)
日本経済研究 日本経済研究
日本経済研究 日本経済研究
財政・税法・簿記会計関連分野の授業風景
「租税論・租税法研究」(土曜日開講)(松本敏朗 特任教授担当)、「租税判例研究」(土曜日開講)も担当
租税法論・租税法研究、租税法判例研究 租税法論・租税法研究、租税法判例研究
租税法論・租税法研究、租税法判例研究 租税法論・租税法研究、租税法判例研究
「地方財政論・地方税法研究」(水曜日開講)(岩元浩一 教授担当)
地方財政論・地方税法研究 地方財政論・地方税法研究
地方財政論・地方税法研究 地方財政論・地方税法研究
「国際租税法研究」(土曜日開講)(関口博久 准教授担当)
国際租税法研究 国際租税法研究
国際租税法研究 国際租税法研究
「租税政策研究」(土曜日開講)(関口博久 准教授担当)
租税政策研究 租税政策研究
租税政策研究 租税政策研究
「財務会計研究」(水曜日開講)(加藤将貴 准教授担当)、「簿記会計研究」(金曜日開講)も担当
財務会計研究 財務会計研究
財務会計研究 財務会計研究
文献講読の授業風景
「文献講読(英語)」(水曜日開講)(中岡俊介 教授担当)
文献講読(英語) 文献講読(英語)
文献講読(英語) 文献講読(英語)
「文献講読(日本語)」(木曜日開講)(阿部武司 教授担当)
文献講読(日本語) 文献講読(日本語)
文献講読(日本語) 文献講読(日本語)

修士論文中間発表会・博士論文研究発表会・研究学修報告会

令和3(2021)年度

経済学研究科では、質の高い学位論文の完成を目指し、毎年修士2年生による「修士論文中間発表会」、博士1~3年生による「博士論文研究発表会」を実施しています。今年度からは修士1年生及び研究生による「研究学修報告会」も実施するようになりました。10月16日に実施されました同研究発表・報告会には経済学研究科課程委員の先生方及び大学院生、計39名が出席されました。「中間研究発表・報告会」に向けて院生の皆さんが真剣に取り組み、各自がそれぞれの立場で充実した中間研究発表・報告ができましたこと、高く評価します。院生の皆さん、課程委員の先生方からもらった「研究発表・報告内容」に対する懇切・丁寧なコメントについて、理解を深め、今後の研究と学位論文の内容充実に活かすことを期待します。

経済学研究科長 許 海珠

発表会・報告会のスケジュール
単位数
午前 博士・修士1年生・研究生による発表
午後 修士2年生による発表(税法グループ)及び全体の総括会
午前
第1グループ(修士1年)

経済統計研究、企業経済研究、計量経済研究を専修科目とする院生による発表が行われました。

第1グループ(修士1年) 第1グループ(修士1年)
第2グループ(修士1年・博士2年)

財務会計研究、アジア経済研究、国際マクロ経済研究、国際マクロ経済学特別研究を専修科目とする院生による発表が行われました。

第2グループ(修士1年・博士2年) 第2グループ(修士1年・博士2年)
第3グループ(修士1年)

租税論・租税法研究を専修科目とする院生による発表が行われました。

第3グループ(修士1年) 第3グループ(修士1年)
第4グループ(修士1年)

地方財政論・地方税法研究を専修科目とする院生による発表が行われました。

第4グループ(修士1年) 第4グループ(修士1年)
第5グループ(修士1年)

国際租税法研究を専修科目とする院生による発表が行われました。

第5グループ(修士1年) 第5グループ(修士1年)
午後
税法グループ(修士2年):(13:30~15:00)

租税論・租税法研究、地方財政論・地方税法研究、国際租税法研究を専修科目とする院生による修士論文の中間研究発表が行われました。

税法グループ(修士2年)
総括会(15:30~16:30)

午前(第1グループ~第5グループ)と午後(税法グループ)の院生による全体の発表が終了した後に、全員による総括会が実施されました。院生の皆さんの発表・報告に対し、課程委員全員の先生方からコメントが発表され、良かった点や改善点などについて素晴らしい総括が行われました。また、各グループから院生1名がそのグループの院生を代表して、今回の中間研究発表・報告についての感想が述べられました。どのグループの代表からも今回の中間研究発表・報告会を通して多くのことを学び、今後の研究に大変有意義であった、という感想が述べられました。中間研究発表・報告会の経験を活かし、2年生の皆さんは質の高い学位論文の完成を目指して、引き続き努力し、1年生の皆さんは、来年度2年次の中間研究発表・報告会でより充実した研究内容が発表できるよう主体的に取り組むことを期待します。

経済学研究科主任 中岡 俊介

総括会 総括会
集合写真
集合写真

この研究科の情報を探す

資料請求

大学院案内デジタルパンフレット

令和5(2023)年度 大学院学生募集要項

ページの先頭へ