研究科概要

教育研究上の目的

経営学研究科博士課程

 経営学研究科博士課程では、修士課程における社会科学としての経営学の研究の深化を前提に、経営理論の教育・研究を通して、経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを主たる目的としています。
 また、経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力を有した次世代の大学教育あるいは研究を担う人材の養成を目的としています 。

経営学研究科修士課程

 経営学研究科修士課程には、経営コースと会計コースが設けられています。学部において学んだ企業経営における課題の発見・解決の方法、ビジネス人基礎力(人間基礎力、社会人基礎力、経営学・会計学の専門的知識)を習得したことを基礎として、本研究科の両コースでは、これらの「ビジネス人基礎力」の活用し、社会科学としての経営学の研究にまで深化することを主たる目的としています。
 両コースでは、大学教員などの自立した経営学研究者の養成、経営学に関する高度な専門知識を有する職業専門家、民間企業の経営・会計・税務分野の担当者などの職業人の養成を目的としています。

経営学研究科 経営学専攻:博士課程

 経営学専攻博士課程は、経営理論の教育・研究を通して、経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力を有した次世代の大学教育あるいは研究を担う人材の養成を目的としています。

a)  経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力及びその基礎となる豊かな学識を身に付けることを具体的目標としている。
b)  次世代の大学教育あるいは研究を担う経営学研究者としての自ら修得した高度な専門的知識を活用して、社会に貢献する人材となることを目標としている。
経営学研究科 経営学専攻:修士課程

 経営学専攻修士課程は、基礎となる経営・会計分野の科目のみならず先端分野の多様な科目を修得させ、自立した経営学研究者及び高度専門職業人の養成を目的としています。

a)  課題に主体的に対応できる能力を練磨し、経営及び会計並びに関連分野における幅広い知識と技能および教養を身に付けることを具体的目標としている。
b)  高度職業人としての自ら修得した専門的知識・技能を活用して、主導的に事に当たることができ、社会に貢献する人材となることを目標としている。

修了認定・学位授与の方針(DP)

経営学研究科 経営学専攻:博士課程

 経営学専攻博士課程は、経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力を有した次世代の大学教育あるいは研究を担う人材の養成を目的としています。この人材養成の目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を充たし、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し、博士(経営学)の学位を授与します。

DP1.  経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力及びその基礎となる豊かな学識を身に付け、道理のもと物事を見抜く力を備え、意欲をもって研究に取り組む力を有している。
DP2.  正確に理解し身につけた専門知識と技法を応用し、新たな発見をしてそれを正当化することで、自らの見解を形成し、学術団体で報告して学術論文を発表できる力を有している。
DP3.  世のため、人のために尽力する使命感を持ちながら、生涯を通じて、自らの信念と責任を持って強い心で学習をやり通すことができる力を有している。
DP4.  経営学の修得を通じて、他者の意見や人格を尊重しながら、社会で向上心をもって他者と協働して誠実に仕事ができる力を有している。
経営学研究科 経営学専攻:修士課程

 経営学専攻修士課程は、研究者・高度専門職業人を目指す人材の養成を目的としています。この人材養成の目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を充たし、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し、修士(経営学)の学位を授与します。

DP1.  経営及び会計並びに関連分野における幅広い知識・技能・教養を身に付け、道理のもと物事を見抜く力を備え、意欲をもって企業経営における課題に取り組む力を有している。
DP2.  国内外の文献を充分に調査研究でき、図やグラフ等の資料を作成して自らの見解を分かりやすくプレゼンテーションでき、論理的な文書の作成ができる思考力を有している。
DP3.  世のため、人のために尽力する使命感を持ちながら、生涯を通じて、自らの信念と責任を持って強い心で学習をやり通すことができる力を有している。
DP4.  経営学の修得を通じて、他者の意見や人格を尊重しながら、社会で向上心をもって他者と協働して誠実に仕事ができる力を有している。

教育課程編成・実施の方針 (CP)

経営学研究科 経営学専攻:博士課程

 経営学専攻博士課程では、修了認定・学位授与の方針で掲げる次世代の大学教育あるいは研究を担う経営学研究者としての資質や能力を身に付けるために、以下に示す方針に基づき教育課程を編成します。

CP1.  授業科目は、高度に専門的な教育・研究能力を養成する演習科目群、主要科目群、当該能力の基礎となる豊かな学識を養成する特修科目群の3つの分野から構成されている。
CP2.  演習科目の研究指導教員が個別に研究指導を行い、能動的な研究・他者を尊重した研究へと導き、研究能力を向上させ、博士論文の作成に繋げる。
CP3.  博士の学位取得では、博士学位請求論文受理までの段階、所定の審査を経て合格するまでの段階がある。それぞれの条件が明確化されており、公正・厳正な審査が行われる。
経営学研究科 経営学専攻:修士課程

 経営学専攻修士課程では、修了認定・学位授与の方針で掲げる研究者・高度専門職業人としての資質や能力を身に付けるために、以下に示す方針に基づき経営コースと会計コースの2コース制のもと教育課程を編成します。

CP1.  授業科目は、研究能力を養成する演習科目群、経営学分野の専門性を養成する主要科目群、関連分野の幅広い専門性を養成する特修科目群の3つの分野から構成されている。
CP2.  主要科目・特修科目では、社会科学としての経営学の研究にまで深化したビジネス人としての応用力の習得を目標としたきめの細かな少人数教育を行う。演習科目では、研究指導教員が個別に研究指導を行い、能動的な研究・他者を尊重した研究へと導き、研究能力を向上させ、修士論文の中間報告・修士論文の作成に繋げる。
CP3.  授業科目は、成績評価基準と具体的評価方法をシラバスに明示したうえで、公正・厳正な成績評価を行う。また修士論文は、複数の教員により公正・厳正な審査を行う。

入学者受け入れの方針 (AP)

経営学研究科 経営学専攻:博士課程

 経営学専攻博士課程では、経営学分野における高度に専門的な教育・研究能力を有した次世代の大学教育あるいは研究を担う人材の養成を目指しています。そのため、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。

  1. 経営学分野における課題について、自ら求めて学ぶことができる。
  2. 積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努める意欲がある。

 以上の求める学生像に基づき、研究者となるべき豊かな素養と能力を重視した入学者選抜を行います。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。

AP1.  希望する専修科目分野について、充分な基礎学力としての知識・理解力・技能を有し、優れた修士論文を作成しており、外国語についての基礎的な能力を有している。
AP2.  希望する専修科目分野について、多面的かつ論理的に考察し、自分が考えたことを、他者に対してわかりやすく表現することができる力を有している。
AP3.  主体的に高度に専門的な学術研究を行い、他者と協力して研究に取り組み、研究能力をもって社会に貢献する意欲を有している。
経営学研究科 経営学専攻:修士課程

 経営学専攻修士課程では、研究者・高度専門職業人としての学問的基礎を修得し、自立して問題解決に当たることができる能力を備えた人材の養成を目指しています。そのため、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。

  1. 企業経営における課題に関心を持ち、自ら求めて学ぶことができる。
  2. 積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努める意欲がある。

 以上の求める学生像に基づき、一般選考入学試験、社会人選考入学試験、留学生選考入学試験、学内選考入学試験を実施し、研究者・高度専門職業人となるべき豊かな素養と能力を重視した入学者選抜を行います。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。

AP1.  経営学専攻での学修に必要な学部教育水準の充分な基礎学力としての知識・理解力・技能を有している。
AP2.  希望する専修科目分野について、多面的かつ論理的に考察し、自分が考えたことを、他者に対してわかりやすく表現することができる力を有している。
AP3.  高度な専門的知識や職業上の新しい知識を主体的に修得することを目指し、他者と協力して研究に取り組み、社会に貢献する意欲を有している。

この研究科の情報を探す

資料請求

大学院案内デジタルパンフレット

令和2(2020)年度 大学院学生募集要項

ページの先頭へ