学部概要

教育研究上の目的

文学部の理念と目的は、「人文科学を中心に深遠な学術を教授研究し、豊かな教養と高潔な人格を養い、文化の創造力をつけ、社会福祉の増進や国際社会の進展に寄与できる人材を養成する」ことにある。これは単に専門的な知識や技術の伝授にとどまることなく、教養科目を重視する大学の伝統を踏まえて「心の教育」と「人間形成」を根幹として「人を育成する」ものである。その理念・目的を達成するために学部内に「教育学科」・「史学地理学科」・「文学科」の3学科を置く。「教育学科」には教育学コース、初等教育コースの2コースを、「史学地理学科」には考古・日本史学コース、地理・環境コースの2コースを、「文学科」には日本文学・文化コースの1コースを置いている。学科・コース間でそれぞれ有機的・発展的に広く基礎を学び、深く専門領域を極め、現代社会に寄与する徳と叡智を涵養できるよう、綿密なカリキュラムを編成している。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

文学部では、以下のような学力、資質と人間性を持った人物を求めています。

  1. 文学部の教育の目的ならびに志望する学科・コースの教育研究上の目的を理解している。
  2. 専門的な知識・技能と豊かな教養を身につけるために必要な、人文・社会・自然に関する基礎的な知識・技能を持っている。
  3. 高等学校等における学習上ならびに生活上のさまざまな活動において経験を積み、基礎的な知識・技能と合わせて思考力・判断力・表現力を発展させる可能性を持っている。
  4. 多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部は、以下のような意図を持って教育課程を編成し人材育成を行っています。

  1. 1年次から各コースに分かれて、外国語科目、総合教育科目と専門科目を並行して学びます。
  2. 2年次では、各コースの専門科目、実習やアクティブ・ラーニングの比重が増し、研究の目的、対象と方法についての理解を深めます。
  3. 1・2年次に履修する総合教育科目では、人文科学分野だけでなく、社会科学分野、自然科学分野、保健体育分野の科目も履修し、視野と教養の幅を広げます。
  4. 1年次から4年次まで履修できる外国語科目では、外国語で書かれた文献を読むための基礎的な力を習得するとともに、自国語や自国の文化を違った角度から見つめる感性を養います。
  5. 3・4年次の2年間は、少人数制のゼミナールに所属します。指導教員による個別指導を受け、課題設定・探求力、文献読解・調査力、表現力などを鍛えます。
  6. 4年次の卒業論文(初等教育コースでは卒業研究)は必須であり、全員の学生がそれまでの学習と研究の成果をまとめます。
  7. 教職課程においては、教職に関連する各領域の専任教員が担当する授業を受け、実践的な力をつけます。その他の諸資格課程においては、各コースの研究領域と関連を持つ資格を取得して、社会のさまざまな分野で活躍できる人材を育成します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部では所定の単位を取得し、以下の能力と態度を身につけた学生の卒業を認定し、学位(文学士)を授与します。

  1. 文学部の各コースにおける、研究の目的、対象と方法等に関する基礎的な知識・技能を獲得している。
  2. さまざまな情報を収集、分析、整理する基礎的な能力を獲得している。
  3. 学んだ成果を的確に伝えうる文章表現力を獲得している。
  4. 学んだ成果を発表する能力、またそれについて議論する能力を獲得している。
  5. 学びに対する真摯な態度と、自らを振り返る謙虚な姿勢を身につけている。

各学科コースのポリシー

教育研究上の目的

教育学科は、教育学コース、初等教育コースの2コースによって構成されています。本学科では、本大学の建学の理念や文学部における研究・教育理念を共通の目的として、それぞれの専門性を「人を育成する」ということがらに直結させ、教育学コースでは「人間形成」の学としての教育学の追求、初等教育コースでは「教員として豊かな人間性、社会性や実践的能力を備えた人材の養成」を目的としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

国士舘大学文学部教育学科各コースの教育目標を理解し、各コースの求めるアドミッションポリシーに適う、積極的学生を求めます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラ・ムポリシー)

教育学科では、人間形成に関する洞察を総合的に深めるために、教育学、初等教員養成の2分野のカリキュラムを中心に構成されており、さらに教職と教育に関連する科目を学科内において有機的に配置している。教職は、幼稚園・小・中・高校から養護教諭まで、また、資格としては、社会教育主事、図書館司書、司書教諭などが取得できます。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学所定の単位を修め、各コースのディプロマ・ポリシーを達成した学生に、卒業を認定し学位を授与しています。なお、卒業論文(初等教育コースでは卒業研究)を学位授与の重要な要件に位置づけています。

教育研究上の目的

人間形成に関する洞察を総合的に深め、それをもとに社会に貢献できる人材の育成を目的とします。そのために、

  1. 社会や時代の動きをとらえながら、教育の本質とは何かについてじっくりと考え、
  2. 人間の心と身体のしくみおよびその発達について科学的に知り、
  3. 少人数制演習での発表や討論によってコミュニケーションの感性を養い、
  4. 各種の実習や社会的活動への参加を通して行動力と責任感を身につけること、を重視します。
入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)
  1. 教育とは何か、人はなぜ学ぶのかについて、もっと深く知りたいと思ったり、考えたことがある人を求めます。また、人間の心や身体、あるいは社会のしくみについて、深く学びたいと考える人を求めます。
  2. スポーツあるいは文化・芸術活動において一定の活躍をして、その経験を将来教育者として活かすことができる人を求めます。
  3. 生徒会活動やボランティア活動で一定の活躍をして、そこで身につけたリーダーシップや協調性を将来教育者として活かすことができる人を求めます。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学を中心としてそれに関連する教育を視野に入れた科目と、教員免許状や教育に関連する諸資格の取得に関連する科目を柱に、カリキュラムが編成されています。

  1. 教育学領域では、教育の原理的・思想的分野、教育史的分野、教育課程・方法的分野、教育行財政的分野、社会科教育学や健康保健学の分野、それに加えて社会学的分野、心理学的分野、体育・スポーツ教育学的分野があり、これを系統的・専門的に学ぶことができます。
  2. 前記の(1)と合わせて、中学・高校の社会科・保健体育科や養護教諭と、社会教育主事、図書館司書、司書教諭の資格のうち、1つまたは複数の資格を取得することができます。
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修め、4年間の学習やその結果としての「卒業論文」を作成し、次の能力を身につけた学生に卒業を認定して学位を授与しています。

  1. 人間形成と教育に関する基本的な知識、さらに自ら選んだ専門領域に関する研究上の視点や方法についての基礎的な知識・技能を身につけた人。
  2. 人間形成と教育に関して学んだ知識を活用して、状況を的確に判断し、問題を適切に解決するための行動を、他者と協調して取る力を身につけた人。
  3. 社会の一員としての自覚を持ち、教育に携わる人間に求められる責任感と倫理観を身につけた人。
教育研究上の目的

初等教育コースは人間性や社会性など、初等教員としての資質を教科と教職の科目において段階的に身に付け、理論とその応用的かつ実践的な教育研究、教育者としての責任、人間育成の理解、教科に関する専門的知識と教養、それらを基盤とした実践的指導力を具備した人材の育成を目的としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

小学校や幼稚園の初等教員養成を目的とする初等教育コースでは、

  1. 教職への強い情熱を持つ、
  2. 小学校全科や幼稚園科目の指導ができるよう学ぶ姿勢を持つ、
  3. 心身ともに健全である、
  4. 幼児童への理解を持つ、
  5. 積極的に行事運営に取り組む、という五つの条件を備えた人間を求めます。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教職科目は、教育全般に関する科目、小学校全科の各教科教育法、幼児教育関連科目、教育実習関連科目で構成されています。教科科目は小学校全科の教養に関する科目と実技・実習科目とで構成されています。教職と教科の科目は教育実践を基盤に、各科目の性質に適正となるよう計画し関連付け、授業実践や児童指導、学級運営など教育現場にて教育者として携われるような教育課程を編成しています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本コースの教育研究上の目的を達成し、所定の単位を修め、次の能力を有していることにより卒業を認定します。

  1. 初等教育における基礎研究と応用研究、理論と実践の相互性、課題解決力を、講義と演習により培った者。
  2. 卒業研究にて教育実践への論理的思考力や表現力を卒業論文作成の中で習得した者。
  3. 教育実践力を高めるための、授業構成力と授業実践力、組織協働としてのコミュニケーション能力等、総合的な指導力を習得した者。
教育研究上の目的

史学地理学科は、考古・日本史学コース、地理・環境コースの2コースによって構成されています。本学科では、本大学の建学の理念や文学部における研究・教育理念を共通の目的として、実証的な教育・研究を各コース共通の柱とし、考古・日本史学コースでは、これまで培われてきた研究・教育上の伝統に加え、考古学・文献史学の並立による新しい歴史学の試みも進めています。地理・環境コースにおいても、現実社会の状況を判断、対処できる人材育成を念頭に置き「環境」という新しい課題に挑戦しています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

国士舘大学・文学部・史学地理学科各コースの教育目標を理解し、各コースの求めるアドミッションポリシーに適う、積極的学生を求めます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

史学地理学科では、歴史学と地理学研究の基礎科目から応用科目まで有機的連関性を持ったカリキュラムを編成し、さらに考古学・文献史学による歴史的空間の復元、自然環境と人間環境を地理的空間として理解させるそれぞれの工夫を行っています。教職は、中学・高校、資格は、博物館学芸員、考古調査士、測量士補、GIS学術士などが取得できます。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学所定の単位を修め、各コースのディプロマ・ポリシーを達成した学生に、卒業を認定し学位を授与しています。なお、卒業論文を学位授与の重要な要件に位置づけています。

教育研究上の目的

本コースの目的は、日本の歴史研究をとおして日本文化の特色を把握し、国際社会との協調と発展に貢献しうる有為な人材を育成することにあります。この目的を実現するための教育方針として以下の5点を立てています。
①問題意識の涵養 ②世界史的視点の涵養 ③文献史料・考古資料を調査・収集し、分析する能力の涵養 ④研究史を把握し、批判する能力の涵養 ⑤社会に通じる総合的な実務能力の涵養

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

国士舘大学・国士舘大学文学部のアドミッション・ポリシーをふまえ、本コースでは以下のような学生を求めています。

  1. 日本史が好きで、日本史の成績が優秀である人。
  2. 高校内外で、郷土研究会などの日本史関係のクラブで活動したり、考古学の発掘に携わった人。
  3. 生徒会活動・ボランティア活動・スポーツなどで一定の活躍をした人。
  4. 日本の古典・文化に対し強い興味がある人。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

実践的な実習(考古学・史料学実習)を行い、具体的な歴史を実感しながら深く理解します。1年次には、概説的な知識や歴史学の基礎的な方法論を学び研究の土台を固め、幅広い世界史的な視野を獲得して問題意識を高めます。2年次には、幅広く史・資料に触れる事によって、それらを分析し調査する基本的な能力を身につけます。3年次には、より専門的な研究に触れ、自ら史・資料を調査収集することによって、研究史を把握してそれらを批判する能力を身につけます。4年次には、総合的な視野に立って卒業論文を執筆し、総合的な実務能力を養い、社会に通じる人材を育成します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本コースの教育研究上の目的である上記の5点を達成し、所定の単位を修得した人に対して、卒業を認定します。なお、卒業論文を学士授与の重要な要件に位置づけています。

教育研究上の目的

地理・環境コースでは、「地理学的なものの見方・考え方を習得すること」すなわち「我々を取り巻く自然環境や人文環境を地理的空間として理解できる能力を養うこと」に教育目標を置いています。学生に対し、自分の目で見て、自分で考え、自分の言葉で表現する習慣を身につけさせ、データにもとづく実証的かつ論理的な作業ができるようになることを求め、こうした地理学的な見方の習得を通じて、現代社会のさまざまな事象に対する広い視野と理解力を持ち、社会の発展に資する人材を育成することを目的としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

地理・環境コースが求める学生は、下記のいずれかの項目に当てはまる人です。

  1. 地理や環境問題に関心があり、地理の成績が優秀である人。
  2. 地理、環境関係や語学関係の諸資格を持っている人。
  3. 生徒会活動・ボランティア活動・スポーツ等で一定の活躍をした人。
  4. 地域(郷土)や自然環境、 環境問題、自らの見聞を広めるための旅行や野外活動に強い興味を持ち、自らもしくはグループで企画した継続的な学習や旅行・野外活動などの経験を有し、その成果を何らかのかたちで示すことのできる人。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地理学を基軸におきながら、地理と環境を総合的に学ぶことができるよう、自然環境科目群・人間環境科目群・地域環境科目群・情報調査科目群・調査研究科目群というジャンルそれぞれに、基礎から応用まで多くの専門科目を設けて、4年間で幅広い専門知識を学ぶことのできる環境を整えるとともに、野外実習や卒業論文を必修科目とすることで、全ての学生に対し「地理学的な見方・考え方」の習得を求めています。また、7人の専任教員の専門領域は地理学の広範な分野をバランスよく網羅しており、学生の力を有効に引き出すため、少人数できめの細かい指導を行っています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修め、4年間の学習やその結果としての「卒業論文」の作成、さらに卒業論文提出後に行う公開口述試験を通じ、次の能力を備えた学生に卒業を認定して学位を授与しています。

  1. 多様な地理学的知識や方法論を習得し、幅広い教養や総合的判断力を有している人。
  2. さまざまな地理学的知識を活用する能力、多様な情報・データを収集し分析・表現する能力、論理的な思考力、問題解決力、コミュニケーション力を有している人。
教育研究上の目的

文学科は、日本文学・文化コースの1コースで構成されています。本学科では、本大学の建学の理念や文学部における研究・教育理念を共通の目的として、文学・文化・思想・語学・芸術等の理解と研究を通じて「心の教育」と「人間形成」をはかり、社会において活力をもたらす人材を育成することを目的にしています。そのため、日本古典・言語・現代文学文化の研究を基礎とし、さらに幅広い文学・文化を学ぶことで、日本はもちろんのこと、海外からの視点をも持ち、現代社会で活躍するための良識をそなえた人材の育成に努めています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

国士舘大学・文学部・文学科  日本文学・文化コースの教育目標を理解し、コースの求めるアドミッションポリシーに適う、積極的学生を求めます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学科は、日本語学、日本文学・文化コースをカリキュラムの柱とする日本文学・文化コースの有機的連関性を持つカリキュラムによって構成されています。教職は、中学・高校、資格は、図書館司書、学校図書館司書教諭などが取得できます。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学所定の単位を修め、コースのディプロマ・ポリシーを達成した学生に、卒業を認定し学位を授与しています。なお、卒業論文を学位授与の重要な要件に位置づけています。

教育研究上の目的

文学部文学科日本文学・文化コースでは、日本語および日本の上代から現代にいたる文学・文化についての幅広い知識と教養とともに、柔軟かつ論理的な思考力を身につけることにより、本大学の建学の精神に則った人材、広く社会に貢献できる人材を養成する教育を行うことを目的としています。文学や言語のみならず、書道・映像・芸術・思想・歴史などに関連する多角的かつ学際的な授業を設け、興味・関心を持った文化への理解を、より深めることができます。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

日本文学・文化コースでは、本大学の教育目的を理解した次のような人を受け入れます。

  1. 日本語や日本の文学・文化に関心を持ち、より広く深く学びたい人。
  2. 日本の文化を文学・言語・情報・書道・映像・芸術などの各種メディアから多角的に学習しようとする人。
  3. 享受だけでなく、自らの表現活動にも強い関心のある人。そのためには、高等学校(またはそれに準ずる教育機関)で現代国語・古典(文法・古語)を履修していることが望ましい。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本コースの教育研究上の目的を達成するため、下記の教育課程を実施しています。日本の古代から現代にいたる日本語や多様な文学・文化の内包する問題を整理し、論理的に分析・表現する能力やコミュニケーション能力を養成することを目指しています。専門科目は大きく日本語学、日本文学・文化学の二つから成りたっています。少人数で構成する演習科目で、読む・話す・書く能力を養成し、問題解決能力を身につけます。また教員や図書館司書、博物館学芸員など、社会で活躍するための諸資格取得のための科目を設定しています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本コースの教育研究上の目的を達成し、所定の単位を修め、次の能力を有していることにより卒業を認定します。まず日本の言語および日本の上代から現代にいたる文学・文化についての幅広い知識と教養を習得していること。さらに上記の能力を習得することにより、それらを歴史・社会・自然と関連づけて理解ができること。そしてこれら習得したものを職業生活や社会生活に十分に活かすことができること。なお、卒業論文を学位授与の重要な要件に位置づけています。

以下の3コースに関しては、平成30年度以降の学生募集を停止いたします。

在校生は卒業まで、現行のコースのまま在籍します。

教育研究上の目的

倫理学コースは、大学における哲学・思想の教育に対して一般社会が求めていることに対応して、専門の研究者を育成することよりも、むしろ哲学・思想的教養を基盤とする問題発見能力と、その自覚的解決能力を育成することを日的として教育・研究活動を行っています。現実世界に対する問題意識を深め、知的追求による問題解決と、自覚的な白己実現を果たしうる人格を養成することを目的として、それを東洋と西洋の哲学・思想全般を広範に研究教授することによって実現することを期しています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

倫理あるいは国語の成績が優秀で、特に語学に関する資格を取得しており、また、人格が円満で良識を持ち、他者との協調性のある学生を求めます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
  1. 主要学科目(必修科目)<西洋哲学史(1年次)、仏教学概論(2年次)、現代哲学特殊研究(4年次)>:東西思想と現代哲学等の基本的事項を学びます。下記2のように、本コースのほとんどの専門科目は選択必修科目であり、東西10系統の諸思想を系統的に学ぶようにカリキュラムを編成しています。
  2. 関連学科目(選択科目):上記必修科目と思想研究法(選択科目)以外はすべて、各分類ごと(概論、思想史、研究、特殊研究、原典講読、演習)の中で選択必修科目であり、各系統の諸思想を過不足なく学ぶように構成しています。
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

哲学・思想的教養はあらゆる教養の基盤であり、実社会に生きる成熟した人間として有するべき判断力をこの基盤の上に育成します。本コースにおける教育の成果は、古典的なテキストについて、そのテキストから自力で思想の核心をとり出す卒業論文を中心に評価しています。

教育研究上の目的

科学としての歴史学は流動する現実を見据え、人類の歩みを分析・検討し、過去の流れを現在や未来に投影しようとします。基本にあるのはあなた自身による独自性あふれる問題意識なのです。大学院進学希望者をも視野に入れ、独自に史料を蒐集して分析する能力を有する人材の育成を重視していますが、同時に、広く社会一般の中で自分自身の問題を見出し、独自に客観的な手順を踏んで自らの解答を模索できる能力を有する人材の育成を目標としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

自ら不断の「読書・体験・反省」を実践することを心がけると共に、そこから得られる知識を基盤にして自らすすんで繰り返し「思索」することを心がけている人材で、中国ならびにその周辺地域を中心に、広くアジアや世界の歴史に深い関心を持ち、漢文史料に自らすすんで積極的に取り組みながら、自分自身の問いと答えを自主的に追い求めることを積み重ねながら「自分らしさ」を深めることのできる積極さと謙虚さとを兼ね備えている学生を求めています。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

①問題意識を身につける、②世界史の視点を身につける、③国内外の研究史を理解し批判する能力を身につける、④多種多様な文献史料を読解する能力を身につける、⑤史跡・文物などの文化財を調査し研究する能力を身につける、⑥史料を調査し蒐集し分析する能力を身につける、という六つの方針を立て、流動する現実の問題を見すえ、過去における人類の歩みを分析・検討し、史料に基づく客観的な問題解明により、自分自身の問題を見出し、客観的な手順を踏んで自己を確立する態度を養うと共に、内容的レベルの高い卒業論文の達成できたから生まれる喜びにもつながる多様なカリキュラムを用意しています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

流動する現実のさまざまな問題を見すえ、過去における人類の歩みを分析・検討し、史料に基づきながら客観的に問題を解明することで、自分自身の問題を見出し、客観的な手順を踏んで自己を確立する態度を養うと共に、内容的レベルの高い卒業論文の達成できた、「自ら考え、自ら行動し、自ら世界に貢献できる」人材に対して学士(文学)の学位を授与することを方針としています。

教育研究上の目的

中国の文学・哲学・思想・言語文化研究を通じて、人間形成を目標としています。昨今、漢字離れやその延長線上の読轡離れが、広く取り沙汰されています。私たちのコースでは、こうした現況に鑑み、漢字によって記録された文献や芸術を学習研究することにより、豊かな心の涵養を図り、礼儀を重視した真の人格形成を行っています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

学力重視は勿論のこと、学習意欲、学習の目的意識をも重視して、さらに、社会貢献に意欲的に取り込んでいこうとするなどの点を総合的に考量して、入学者を選抜します。本コースでは次のような学生を求めています。

  1. 中国文学・思想・言語・芸術等の文化について、熱意をもって学びたい人。
  2. 漢字検定・語学関係(中国語その他)の資格を持っている者、漢文に興味を持っている人。
  3. 生徒会活動、ボランチィア活動、スポーツ・文化・芸術等で一定の活躍をした人。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本コースでは3本の柱を立て、その教育・研究の充実を図っています。その柱とは、①哲学・思想、②文学、③語学です。いずれも中国の古代から現代に至るまでを対象とし、幅広い教養を身につけ、文献を収集・講読し、問題意識をもって事象を分析し、その過程で自己を確立し、古典から酒養される徳によって社会に有為な人材となるようカリキュラムが編成されています。特に古典は日本の思想や文学・芸術を培ってきたものであり、基礎から学ぶことによって日本文化の深奥に迫ることができます。作詩や書道によって情操を涵養し、表現力を身につける科目も設定され、海外との交流も視野に置いています。  

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修め、卒業論文は高い水準に達したもの、さらに次の能力を有している者に認定します。

  1. 中国文学・思想・言語・芸術等の文化について、一定の見識、素養を身に付けていること。
  2. 四徳目「誠意・勤労・見識・気魄」を身に付けていること。
  3. 高い人格を持っていること。
  4. 社会に貢献する力量と意欲を持っていること。

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2017年10月30日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2017年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ