学部概要

法学部の3つのポリシー

戻る

卒業認定・学位授与の方針「ディプロマ・ポリシー」(DP)

 法学部は、大学の卒業認定の方針に加えて、法律学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことが、学科が求める次の資質・能力を有していることとして卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。

法律学科

 法律学科は、法律学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことが、次の資質・能力を有していることとして卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。

DP1.  わが国の社会を支える基本的な法制度についての体系的な知識と幅広い教養および法的諸課題に対して適切な対応を図る能力を身に付け、社会基盤としての法の実践者として、安定的で円滑かつ安全な社会が維持されるよう行動する意欲を有している。
DP2.  職業人に要される基本的な法知識をもとにリーガルマインドを身に付け、法的諸問題の解決方法を粘り強く見いだし、論理的にわかりやすく説明する能力を有している。
DP3.  法律の意味を紛争の予防・解決の手段として実践的に捉え、修得した法的知識をもって実社会の諸分野で活躍し、安定的で円滑な社会の維持に貢献できる。
DP4.  紛争の予防や解決をはかるために、さまざまな立場の他者の発言や意見を聞き、その趣旨を適切に捉えることができる。
現代ビジネス法学科

 現代ビジネス法学科では、法律学の素養を備え、所定の課程を経て所定の単位を修め、必修科目履修等の条件を満たすことが、次の資質・能力を有していることとして卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。

DP1.  現代のビジネス社会を支える基本的な法制度について、体系的な法知識と幅広い教養およびビジネスに関する法的諸課題に対して適切な対応を図る能力を身に付け、社会基盤としての法の実践者として、安定的で円滑かつ安全なビジネス社会が維持されるよう行動する意欲を有している。
DP2.  職業人に要される基本的な法知識をもとにリーガルマインドを身に付け、ビジネス社会において法的諸問題の解決方法を粘り強く見いだし、論理的にわかりやすく説明する能力を有している。
DP3.  法律の意味を紛争の予防・解決の手段として実践的に捉え、修得した法的知識をもって実社会の諸分野で活躍し、安定的で円滑な社会の維持に貢献できる。
DP4.  紛争の予防や解決をはかるために、さまざまな立場の他者の発言や意見を聞き、その趣旨を適切に捉えることができる。

教育課程編成・実施の方針「カリキュラム・ポリシー」 (CP)

 法学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で掲げる能力や態度を身に付けるために教育課程を編成し、それらの系統的な履修によって教育目的を達成します。
 教育内容、教育方法、学修成果の評価については、次のように定めます。

法律学科
 
(1) 教育課程と内容
1. 幅広く深い教養と総合的判断力を培い、豊かな人間性を涵養し、専門分野と調和・発展させることを目的とした「総合教育科目」を設けています。
2. 「外国語科目」を設け、英語や他の言語を学び、コミュニケーション能力の充実を図ります。なお、高度な英語スキルの修得を目指すための特修クラスも用意しています。
3. 「専門科目」では、憲法を基本に、刑事法、民事法等を中心に、法の専門知識を身に付けられるよう体系的に科目を編成しており、「憲法」「民法総則」「刑法総論」など基礎法の科目は必修としています。また、発展的な法律知識を身に付けるために多くの選択科目を設けています。
4. 学生が議論の中で専門性を高度化し、その成果を論文等にまとめる演習科目として「プレゼミ」「法学演習基礎」、「法学演習Ⅰ」、「法学演習Ⅱ」の必修科目を1年次から設けています。
5. 随意科目として「法研指導」を設け、各種資格取得や公務員等目指すための知識を確実なものにすることを目的とし、キャリア形成を支援する科目としています。
 
(2) 教育方法
1. 必修としている演習科目は、少人数でアクティブ・ラーニングの方法によるゼミ形式の授業を実施しています。
2. 論理的思考力と理論的表現力の涵養を狙い、具体的な事件に関する判例を題材に、ロールプレイング方式でディベートを実施しています。
3. eラーニングシステムを活用し、資料やレジュメの事前配布や小テストなど授業時間外の学修を指示しています。
4. 4年間で学んできたことを「卒業論文」で自分自身の研究テーマに結実させていくことによって、卒業後の進路を見据えた専門知識・技能の定着を図ります。
 
(3) 学修成果の評価
1. 各授業科目については、到達目標や成績評価の基準と具体的評価方法をシラバスに明示して学生に周知したうえで、公正で厳格な成績評価を実施します。
2. 学生の4年間の学修成果は、必修の「卒業論文」によって行い、提出された卒業論文をもとに総合的評価を行います。
現代ビジネス法学科
 
(1) 教育課程と内容
1. 幅広く深い教養と総合的判断力を培い、豊かな人間性を涵養し、専門分野と調和・発展させることを目的とした「総合教育科目」を設けています。
2. 「外国語科目」を設け、英語や他の言語を学び、コミュニケーション能力の充実を図ります。なお、高度な英語スキルの修得を目指すための特修クラスを設けています。
3. 「専門科目」では、法の基本的な専門知識を身に付けられる「憲法」「民法入門」などの必修科目のほか、時代のニーズに合った最先端の法学を学べるよう「企業法」、「国際取引法」や「知的財産法」など、最先端法に関連する科目を設けています。
4. 学生が議論の中で専門性を高度化し、その成果を論文等にまとめる演習科目として「専門ゼミ」、「卒業論文」の必修科目を設けています。
5. 随意科目として「法研指導」を設け、各種資格取得や公務員等目指すための知識を確実なものにすることを目的とし、キャリア形成を支援する科目としています。
 
(2) 教育方法
1. 必修としている演習科目は、少人数でアクティブ・ラーニングの方法によるゼミ形式の授業を実施しています。
2. 論理的思考力と理論的表現力の涵養を狙い、具体的な事件に関する判例を題材に、ロールプレイング方式でディベートを実施しています。
3. eラーニングシステムを活用し、資料やレジュメの事前配布や小テストなど授業時間外の学修を指示しています。
4. 4年間で学んできたことを「卒業論文」で自分自身の研究テーマに結実させていくことによって、卒業後の進路を見据えた専門知識・技能の定着を図ります。
 
(3) 学修成果の評価
1. 各授業科目については、到達目標や成績評価の基準と具体的評価方法をシラバスに明示して学生に周知したうえで、公正で厳格な成績評価を実施します。
2. 学生の4年間の学修成果は、必修の「卒業論文」によって行い、提出された卒業論文をもとに総合的評価を行います。

入学者受入れの方針「アドミッション・ポリシー」 (AP)

 法学部では、法律学を通じて豊かな人間性を確立し、主体的に個人の徳性の修養に取り組むとともに、法律知識をもって国や社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。
 また、このような入学者を適正に判定するために、法律学科・現代ビジネス法学科のそれぞれにおいて、学科ごとに掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

法律学科

 法律学科では、法律学を通じて豊かな人間性を確立し、主体的に個人の徳性の修養に取り組むとともに、法律知識をもって国や社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

 また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1. [知識・理解・技能]

 法律学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識、あるいは秀でた実技能力を有している。

(AP1-1)  国語、外国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校などで身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)  スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2. [思考力・判断力・表現力]

 社会、国家、国際社会のあるべき姿や課題について、これまでに学んだ知識や情報をもとに論理的に考え、その結果を他者にわかりやすく説明できる。

AP3. [主体性・多様性・協働性]

 法にかかわる諸問題について関心をもち、自ら進んで調べ、また他者と協力してその解決方法を探ろうという姿勢を有している。
入学前に身に付けておくべきこと
  1. 英語、国語、地理歴史、公民など、現代社会の理解のために高等学校の求める学習を理解しておくこと。
  2. 司法書士・行政書士などの法律専門職のほか、公務員、企業の法務などに関心を持つこと。
  3.   
現代ビジネス法学科

 現代ビジネス法学科では、現代ビジネス法学を通じて豊かな人間性を確立し、主体的に個人の徳性の修養に取り組むとともに、法律知識をもって国や社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

 また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1. [知識・理解・技能]

 現代ビジネス法学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)  国語、外国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校などで身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)  スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2. [思考力・判断力・表現力]

 社会の諸問題を発見・理解するために、積極的に学習に取り組む意欲と、自分が考えたことを、他者に対してわかりやすく表現できる能力を有している。

AP3. [主体性・多様性・協働性]

 法にかかわる諸問題について関心をもち、自ら進んで調べ、また他者と協力してその解決方法を探ろうという姿勢を有している。
入学前に身に付けておくべきこと
  1. 英語、国語、地理歴史、公民など、現代社会の理解のために高等学校の求める学習を理解しておくこと。
  2. 国際・国内ビジネスや知財ビジネスに関連する仕事のほか、公務員、民間企業の法務などに関心を持つこと。
  3.   

法学部の情報を探す

eラーニング

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

成績優秀奨学生制度

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年11月28日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ