HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2021年11月08日

極東国際軍事裁判研究プロジェクト公開講演会「WGIPと歴史戦―日本人の道徳を取り戻す」をオンラインで開催しました

法学部比較法制研究所が進める極東国際軍事裁判研究プロジェクトの公開講演会「WGIPと歴史戦―日本人の道徳を取り戻す」が11月2日にオンラインで開催されました。講演は、麗澤大学大学院客員教授でモラロジー道徳教育財団道徳科学研究所教授の髙橋史朗氏が行いました。 

 

講演では、戦後日本と日本人の精神に多大の影響を与えた占領軍によるWGIP(War Guilt Information Program、戦争についての罪悪感を日本人に植え付けるための宣伝計画)に焦点を当て、当時GHQが日本人の国民性をどのように把握し、対日占領政策に反映していたのかを、さまざまな文献から解き明かしました。 

 

極東国際軍事裁判(東京裁判)研究プロジェクトは平成23年、国士舘創立100周年記念事業の一つとして発足しました。以後、11回にわたる研究会およびシンポジウム開催や、『新・東京裁判論 GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神』の刊行を通し、東京裁判を解き明かしています。 

  • 配信会場となった教室で話す髙橋氏配信会場となった教室で話す髙橋氏
トピックス

法学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年09月14日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年01月08日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ