在学生・保護者の皆さまへのお知らせ

戻る

2021年12月24日

新型コロナウイルスに関する経済的支援について(12月24日更新)

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等に対する本学および国等の経済的支援の情報を掲載しています。

 

新着情報

ーーー

国(文部科学省)による制度

『学生等の学びを継続するための緊急給付金』

概要:文部科学省より、新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により、大学等での修学の継続が困難になっている学生等を対象に、現金10万円を支給する「学生等の学びを継続するための緊急給付金」が創設されました。

申請を希望する方は、下記の方法で申請を行ってください。

 

■申請期日:2022年1月14日(金) 12:00(厳守)

■申請方法:以下リンク先をご確認ください。

申込先:学生・厚生課

受付時間:平日9:00 ~ 17:00 (閉室:日曜、祝日)

電話番号:03-5451-8114

※2021年12月28日(火)~2022年1月7日(金)の期間は、キャンパス閉鎖期間・学園行事により閉室のため、お問い合わせには応じられません。1月8日(土)以降にお問い合わせください。

 

■授業料等減免(高等教育の修学支援新制度) 

概要:住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯を対象に、修学意欲がある学生に対して授業料等減免による支援を行う制度です。通常、前年度の課税標準額により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます。対象となりそうかどうかは、進学資金シミュレーターで確認することができます。

※この制度による支援を受けるには、まず日本学生支援機構の給付型奨学金に申請することが必要です。採用された日本学生支援機構の給付型奨学金の支援区分により、授業料等の減免額も決定されます。

申込時期:家計急変の採用(随時)

申込先:学生・厚生課 奨学金窓口 電話受付時間(全学部対象)(各大学等を通じて日本学生支援機構に申込みを行います)

受付時間:平日9:00 ~ 17:00 (閉室:土曜、日曜、祝日)

電話番号:03-5451-8113

-

日本学生支援機構奨学金(JASSO)による制度

■日本学生支援機構の給付型奨学金(高等教育の修学支援新制度)

概要:住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯を対象に、修学意欲がある学生に対して、奨学金を給付する制度です。通常、前年度の課税標準額により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます。対象となりそうかどうかは、進学資金シミュレーターで確認することができます。

※授業料等減免については、給付型奨学金の支援区分と共通です。

申込時期:家計急変の採用(随時)

申込先:学生・厚生課 奨学金窓口 電話受付時間(全学部対象)(各大学等を通じて日本学生支援機構に申込みを行います)

受付時間:平日9:00 ~ 17:00 (閉室:土曜、日曜、祝日)

電話番号:03-5451-8113

 

■日本学生支援機構の貸与型奨学金 【幅広い世帯の方】 

概要:日本学生支援機構の貸与型奨学金では、第一種(無利子)奨学金及び第二種(有利子)奨学金による支援があります。貸与額は選択可能です。通常、前年度の収入金額等により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます。第一種奨学金は月額2~6.4 万円(自宅・自宅外、学校種ごとで貸与月額は異なります。)、第二種奨学金は月額2~12 万円(貸与利率:[利率見直し方式]0.002%、[利率固定方式]0.157%(令和2年12月貸与終了者の場合)から貸与金額を選択できます。高等教育の修学支援新制度よりも幅広い所得の世帯の方が対象となり、対象となるかどうかの見込みは、進学資金シミュレーターで確認することができます。なお、入学時に、希望により入学後第一回目の振込時にまとまった金額(10 万円~50 万円)の貸与(入学時特別増額)を申請することもできます。

申込時期:家計急変(緊急採用・応急採用)の採用(随時)

申込先:学生・厚生課 奨学金窓口 電話受付時間(全学部対象)(各大学等を通じて日本学生支援機構に申込みを行います)

受付時間:平日9:00 ~ 17:00 (閉室:土曜、日曜、祝日)

電話番号:03-5451-8113

 

■日本学生支援機構の緊急特別無利子貸与型奨学金 【アルバイト収入減の方】

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和3年度4月以降アルバイト収入等が大幅に減少した学生及び院生を対象に、日本学生支援機構より緊急支援として、「緊急特別無利子貸与型奨学金」が実施されます。

本奨学金は第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子にて令和4年3月まで貸与されるものです。

申込時期:年間を通じて随時(最終受付:令和3年12月17日(金) 16時30分まで)

申込先:学生・厚生課 奨学金窓口 電話受付時間(全学部対象)(各大学等を通じて日本学生支援機構に申込みを行います)

受付時間:平日9:00 ~ 17:00 (閉室:土曜、日曜、祝日)

電話番号:03-5451-8113

-

その他(各自治体等)

 

■自治体独自の奨学金や民間奨学金等【制度等により異なる】

概要:自治体が独自に奨学金等の制度を持っている場合もあります。また、民間の奨学金についても、申込みが可能な場合もあります。(こうした支援については、日本学生支援機構の Web ページでも一部紹介しています。)

問合先:各大学等の窓口や自治体の窓口

※本学に通知のあった地方公共団体等奨学金情報は、manabaの奨学金コースに掲載しています。

 

■日本政策金融公庫の教育ローン 【幅広い世帯の方】

概要:大学等に入学・在学する方の保護者に対し、学生等1人あたり350万円以内(一定の要件に該当する場合は、450万円まで)の貸付を行うものです。利息は年 1.68%(固定金利)です。

申込時期:随時

問合先:日本政策金融公庫(https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

 

 

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」及び「雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金」の特例措置の継続等について

概要:これらの支援策は、学生アルバイトの休業についても支援の対象となっています。
 

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」
労働者が申請して支給を受けることができる制度です。
申請対象期間が令和3年6月まで延長となりました。今回の延長対象となった5月・6月分については1日あたりの支給上限額が原則9,900円(※一部地域を除く)となります。

※詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

問合先 :

・厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
(0120-221-276 受付時間: 月~金 8:30~20:00/ 土日祝 8:30~17:15)

 

「雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金」
事業主が休業手当の支払いを支援するものです。この特例措置についても、6月30日まで延長されています。

問合先 :

・都道府県労働局・公共職業安定所(ハローワーク)
・雇用調整助成金コールセンター
(0120-60-3999 受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む))
・厚生労働省公式 LINE アカウント
※詳細は厚生労働省ホームページ(以下 URL)をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

 

※現時点での主なものを掲載しており、関係省庁の施策を含め、今後随時更新していきます

お知らせ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

国士舘大学 図書館・情報メディアセンター

生涯学習センター

国士舘の情報公開

スポ魂サイト

国士舘大学 教育後援会

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年12月20日更新

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2021年10月11日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ