学部概要

学部長メッセージ

戻る

何年も前のことですが、フィリピンで日本・フィリピン両国の学生たちと連れ立って、エクスカーション(野外観察)へ出た時のことです。大学のバスに “The future begins here”という小文がプリントされていました。大学のモットーといえば、勇ましく気負ったものが多いのが普通ですから、気の利いたモットーだと思いました。

「未来はここから始まる」と日本語にすると少し気取った感じがするかもしれません。何かを始めたければ、受け身でいてはだめで未来をここから始めたければ、あなた自身が主体的に動かなければならない とこのモットーは教えているのではないでしょうか。大学で学ぶことの意義は、知識や教養の修得だけでなく、自分で考える力や批判的な精神を身に着けることです。大学に入るということは、そのスタートラインについたということです。

大学に入って良いことのひとつに、これまでの自分を知っている人がほとんどいないということがあります。仮にくすんだ青春を送ってきたとしても、辛いことばかりだった高校時代であったとしても、大学に入ればリセットできる。そういう意味でも大学は“The future begins here” です。

大学の先生は知識の泉。泉からあふれた水がたまってできた海が文学部です。旺盛な知識欲を持った教員たちがいます。でも決してあなたの知っているような“大人”ばかりではありません。もしかすると、これまで出会ったことのないような奇っ怪な大人もいるかもしれません。そんな人たちといっしょに学問を楽しんでください。

プロフィール
石橋 崇雄
1953年
新潟県生まれ
1985年
法政大学大学院人文科学研究科地理学専攻博士課程を単位取得退学
1988年
国士舘大学文学部専任講師(史学地理学科地理学専攻)
1994年
国士舘大学文学部助教授(同)
2000年
国士舘大学文学部教授(同)
2002年
国士舘大学大学院教授(人文科学研究科人文科学専攻地理・地域論コース)
博士(理学、東京都立大学)。研究分野は自然地理学で、サンゴ礁地域や中東地域をフィールドとしている。
<学内役職歴>
2000年~2005年
国士舘大学文学部 地理・環境専攻 専攻主任
2016年
文学部長 就任
<所属学会>
  • 日本地理学会 (2014年~理事、資格専門委員会委員長)
  • 日本サンゴ礁学会 (2005年~2009年、評議員)
  • 日本リモートセンシング学会 (2013年、論文賞受賞)
  • 日本地図学会 (2015年~評議員)
  • 日本地球惑星連合
  • 日本地形学連合
  • 日本第四紀学会
  • 東京地学協会
  • 日本写真測量学会  他

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2017年09月19日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2017年09月08日更新

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ