学部概要

学部長メッセージ

戻る

 私が敬愛する先達の一人に本居宣長がいます。江戸時代に活躍した高名な国学者です。文学や語学、思想と多方面にわたって、後世に大きな影響を及ぼす研究を成し遂げました。宣長には弟子達に求められて著した「うひやまふみ」という著作があります。ここには学問の世界を志す初学者への心得が記されています。
 何を学ぶかについて、宣長は次のようなことを述べています。

 『学問には様々な領域があって、どれも学ぶべき価値のあるものだけれども、人の生涯は短いため、すべてを極めることはできない。そうであるならば、せめて最も興味や関心のあるところに思いを定めて、必ずその「奥」を極め尽くすという高い志をもって努め学ぶべきである。』

 役に立つとか立たないとか、そういう浅薄な議論からは何も生まれません。まずは自らの心の声に従って、本気で取り組めるものに向き合うべきでしょう。そして宣長は学問の道に入るにあたって、最も大切なことに触れています。

 『つまるところ学問というものは、長い年月をかけて、倦まず怠らず励み努めることが肝要であって、学び方などはどんなものでもよいのだ。どんなによい学び方をしたところで、怠けてしまって努力しなければ、なんの成果も得られないのだ。』

 また宣長はこうも言います。

 『人の才能のあるなしは生まれつきのものであって、本人の力だけではどうにもならない。しかし、たとえ才能がなくても諦めずに続けていれば、それだけの成果は得られるのだ。』

 非才の私は今でも時折「うひやまふみ」を書架から取り出して、彼の言葉に耳を傾けます。そして大いに励まされています。

 文学部で学ぶ多様なものの見方は、明日明後日にすぐ効用が現れるようなものではありません。しかし、これからの長い人生において、必ずや自分を助けてくれることになります。さらには幸福な社会や豊かな未来の実現に向けての知見を得ることもできるでしょう。文学や歴史、地理や教育、そういうものに興味のあるあなた、国士舘大学文学部でともに学びませんか。「倦まず怠らず励み努めた」先にある大いなる充実感や達成感を感じてみませんか。

プロフィール
中村 一夫 文学部 学部長
中村 一夫 なかむら・かずお
1961年
大阪府生まれ
1986年
神戸大学大学院 教育学研究科 国語教育専攻 国語国文学講座 修了
2004年
大阪大学大学院 文学研究科 後期課程 文化表現論 日本文学専攻 修了
2005年
国士舘大学文学部・同大学院 人文科学研究科 助教授
2007年
国士舘大学文学部・同大学院人文科学研究科 准教授
2011年
国士舘大学文学部・同大学院人文科学研究科 教授
大阪大学 博士(文学)。専門は日本語学。主に語彙、表現を研究対象とする。
<学内役職暦>
  • 2007年~2009年 国士舘大学大学院 人文科学研究科 主任
  • 2012年~2014年 国士舘大学文学部 学生主任
  • 2014年~2016年 国士舘大学人文科学部会 主任
  • 2016年~2018年 国士舘大学文学部 学生主任
  • 2018年 国士舘大学文学部 学部長
<所属学会>
  • 日本語学会
  • 中古文学会
  • 和歌文学会
  • 鈴屋学会

文学部の情報を探す

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年05月30日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ