お知らせ

お知らせ(全表示)

戻る

2022年05月17日

エジプト国の救急救命士ら10人が来日 病院前救急医療研修がスタート

5月16日、エジプト国と本学が業務委託契約を結ぶ「病院前救急医療研修プログラム」の開講式がオンラインで実施され、同国の救急医療に携わる救急救命士ら研修生10人と同国高等教育省、同国大使館、国際協力機構(JICA)、本学防災・救急救助総合研究所などから関係者が出席しました。

 
エジプト大使館のモハメド・アブバクル駐日大使はあいさつで「日本での研修を通して先端の技術を学ぶだけではなく、学んだことを限られたリソースの中でいかにして生かしていくのかを常に考えてほしい」と研修生を鼓舞しました。
また、エジプト高等教育省のハイサム・ハムザ局長が、さまざまな困難があった中で今回の研修を実現できたことに謝意を伝えるとともに、「エジプト国の救急救命士育成と救急隊発展のために、日本で学んだあらゆることを帰国後に同僚たちに共有してほしい」と期待感を示しました。

佐藤圭一学長はビデオメッセージを寄せ「昨年はコロナ禍で中止となったが、再開できてうれしく思う。本学が持つ研究知見や実績がエジプト国の発展に少しでもつながることを期待している」とあいさつしました。

その後、研修生を代表してモハメド・アブデルサラムさんが「多くの方の協力を得て今日の日を迎えることができ、心から感謝している。約8週間で先進的な取り組みを吸収し、自国発展のために最大限生かすことを約束する」と決意を述べました。
 

「病院前救急医療研修プログラム」は、日本とエジプト・アラブ共和国の円借款貸付契約による「人材育成事業(エジプト・日本教育パートナーシップ)」(保健分野)に採択され、本学は2018年、同国と業務委託契約を締結しました。契約期間は4年間で、昨年コロナ禍で中止となり今年は3度目の受け入れとなります。
エジプトの救急医療の現場に従事する医療関係者を毎年10人ずつ受け入れ、8週間にわたり本学多摩南野キャンパスや都内関連施設で実習などを行います。研修は本学防災・救急救助総合研究所が担当し、プログラム終了後は「修了証」を授与します。
今年の研修は5月16日から7月1日までを予定し、東京のほか大阪や京都の関連施設を視察するなど、現場視察や実習を織り交ぜた実践的なプログラムを予定しています。

オンラインでの開講式の様子
オンラインでの開講式の様子
お知らせ

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2022年08月08日更新

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2021年10月11日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ