スポ魂 - SPOKON
2022 8

国士舘大学

Facebook Twitter

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2022年07月08日

全日本学生剣道選手権で岩部光選手が初優勝

剣道部(男子)

第70回全日本学生剣道選手権大会が7月3日に東京・日本武道館で開催され、本学の岩部光選手(体育4年)が初優勝を飾りました。

本学選手の優勝は平成30年の矢野貴之選手(平成31年体育学部卒)以来で、13人目(通算14回)となりました。

 

昨年の前回大会では3位の岩部選手は、5月に行われた関東インカレで初優勝した勢いをそのままに危なげない戦いで決勝まで駒を進めると、決勝の相手は高校総体の個人覇者である強敵・大平翔士選手(筑波大4年)。両者一歩も譲らない展開で、勝負がつかず延長戦へ進んだ岩部選手は「何も考えず無心だった」という言葉どおり集中を切らすことなく延長開始40秒、大平選手の面を竹刀で受け、返し胴を決めて激闘を制しました。

竹刀の音が響く会場からは、どよめきとともに大きな拍手が送られました。

 

岩部選手は「攻めの姿勢が勝ちにつながった。結果に満足せず次に向けて仲間と共に頑張っていく」と、目標の『団体日本一』へ向けて決意を新たにしました。

 

また、関東学生および全日本学生の2冠達成者は過去に2人しかおらず、第47回権瓶功泰選手(平成12年体育学部卒)と第56回畠中宏輔選手(平成21年体育学部卒)のいずれも本学選手で、岩部選手は史上3人目の快挙となりました。

賞状を持つ岩部選手を中心に関係者で記念撮影賞状を持つ岩部選手を中心に関係者で記念撮影
返し胴を決めて優勝した岩部選手(右)=毎日新聞社提供返し胴を決めて優勝した岩部選手(右)=毎日新聞社提供

CLUB LIST