スポ魂 - SPOKON
2021 11

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2021年11月19日

池田来翔選手が千葉ロッテマリーンズと仮契約を結びました

硬式野球部

10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けた池田来翔選手(21世紀アジア学部4年)が、11月18日、千葉市内のホテルで球団と仮契約を結びました。

 

契約後に行われた記者会見で池田選手は、千葉県出身で小学生のときにマリーンズジュニアに所属していた経歴に触れ、「もう一度このユニフォームを着たいと思っていた。当時はただうれしいという感情で着ていたが、これからは自分の将来にもなり重みがある。生まれ育った地元で野球ができることは本当にうれしく思う」と語り、「右方向への長打力、足の速さ、堅実な守りをアピールしていきたい」と意気込みを表しました。

目標の選手を問われると、同じく二塁手として活躍した千葉ロッテ・井口資仁監督をあげ、「長打力が売りの大型セカンドとして共通する部分も多く、自分も井口監督のようになりたい」と目標を掲げたほか、2年前に同じ千葉ロッテに入団した髙部瑛斗選手(2020年21世紀アジア学部卒業)からドラフト指名直後に連絡があったことを紹介し、「2人で活躍できるよう頑張っていきたい」と力を込めて話しました。

 

同席した永野吉成プロアマスカウト部長は「右打ちの内野手として長打力もあり、脚力もあって三拍子そろった選手。レギュラー争いはし烈だが、1年目から勝負できるように準備してほしい」と期待感を示しました。

 

その後、ユニフォームに袖を通すと、顔をほころばせながら記念撮影に応じました。

今後は12月頃に入団会見が行われる予定です。

千葉ロッテのユニフォームを着用し笑顔をみせる池田選手千葉ロッテのユニフォームを着用し笑顔をみせる池田選手

CLUB LIST