スポ魂 - SPOKON
2021 11

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2021年11月05日

千葉ロッテマリーンズ関係者が池田選手の球団指名あいさつに訪れました

硬式野球部

10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズが2位で池田来翔選手(21世紀アジア学部4年)を指名したことを受け、同球団チーフスカウトの榎康弘氏、担当スカウトの福澤洋一氏の2名が来校し、大澤英雄理事長、佐藤圭一学長に球団指名あいさつを行いました。

 

榎氏は「堅実な守備と広角に打ち分けられる高いバッティング力を評価し指名させていただいた。地元の千葉県出身かつ球団初のマリーンズジュニア出身選手ということもあり期待している。レギュラー争いに加われるよう1年目から勝負してほしい」と期待を示しました。

 

池田選手は、「井口監督のサインをいただき、うれしさはもちろん指名されたことをより実感した。一日でも早く一軍に定着し、中村奨吾選手のようなスケールの大きい選手になれるようしっかり練習していきたい。また、地元の球団なので活躍する姿をたくさん見せファンから愛されるような選手になりたい」と抱負を述べました。

 

硬式野球部の田原淳子部長代理と辻俊哉監督も同席する中で、これまでに本学が輩出したプロ野球選手の話や、東都大学リーグでの戦況、「日本一の応援」といわれる声と手拍子を中心としたロッテファンの力強い応援についてなど、終始和やかに歓談しました。

 

その後、池田選手は、集まった報道陣の取材を受けプロ入り後の抱負や目標、これまで歩んできた道のりなどを語りました。

CLUB LIST