スポ魂 - SPOKON
2019 11

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2019年10月23日

全日本選手権 女子は喜田選手が個人総合優勝

新体操部(女子)

第72回全日本新体操選手権大会(男子)はこちら:

https://www.kokushikan.ac.jp/spokon/news/details_13975.html

 

10月18日~20日の3日間、第72回全日本新体操選手権大会(会場:千葉ポートアリーナ)が開催され、男女ともに本学選手が個人総合で優勝する快挙を成し遂げました。

 

女子は喜田純鈴選手(21アジア学部1年)が個人総合、個人種目別フープ、同ボールの3種目で優勝し、3冠を達成しました。

男子では川東拓斗選手(体育4年)が個人総合、個人種目別スティックでいずれも優勝を果たしました。

また、立澤孝菜選手(21アジア学部3年)が個人総合で3位、個人種目別クラブで優勝するなど、本学選手が今大会も輝かしい成績を残しました。

 

 

 

◆女子個人総合

 

喜田純鈴選手
結果:優勝

 

立澤孝菜選手
結果:3位

 

 

◆女子個人種目別(ボール)

 

喜田純鈴選手
結果:優勝

 

古井里奈選手(体育4年)
結果:3位

 

◆個人種目別(クラブ)

 

立澤孝菜選手
結果:優勝

 

古井里奈選手
結果:3位

 

◆個人種目別(リボン)

 

喜田純鈴選手
結果:3位

 

◆個人種目別(フープ)

 

喜田純鈴選手
結果:優勝

 

 

◇女子団体総合
国士舘大学
結果:4位

 

■ 第72回全日本新体操選手権大会 選手コメント

 

◆喜田純鈴選手(21アジア1年)

今回の全日本新体操選手権ではたくさんの応援ありがとうございました。
個人総合、種目別フープ ボールで優勝、リボンで3位という結果を残すことが出できましたが、演技の内容としては悔いの残る演技がたくさんありました。
4種目をまとめるということの難しさ、自分をコントロールすることの難しさを今までよりさらに強く感じることができました。
そして新体操の技術面だけでなく人間性や精神面で反省しなければいけないことがたくさんありました。
今回の試合で感じたことは自分を変える大きな一歩になると思います。
次に向かって進んでいくのでこれからも応援よろしくお願いします。

 

 

◆立澤孝菜選手(21アジア3年)

 

全日本選手権では、本当にたくさんの応援ありがとうございました。
予選では、何かあっても気持ちに波を立てないで最後までやり抜くことができました。種目ごと、一から良いイメージをもって切り替えて演技することができました。
決勝では、なかなか予選のように欲を持たないで無心でやるということができずに、なかなかピントが合ってきませんでした。
予選のような試合の持っていき方を忘れずに、来年はもう少し楽しむ気持ちや余裕をもって試合に臨めるように、自信がつく練習を積み重ねて行きたいと思いました。
ありがとうございました。

 

 

◆古井里奈選手(体育4年)

 

今回の全日本選手権は、わたしの新体操人生最後の試合でした。今までたくさんの応援をしていただき、本当にありがとうございました。
今回の試合では、全てやり切りたかったですが、やりきれなかった種目もありました。ですが、会場の多くの方々から応援されてあのフロアに立てていることが本当に幸せでした。
ここまでわたしを育ててくださった先生方、サポートしてくれた仲間や一緒に頑張ってきた仲間に心から感謝します。
今後の人生では、これまでの経験を糧にして自分らしく頑張っていきます。
応援、ありがとうございました。

 

 

◆団体選手からのコメント

 

今大会は予選決勝ともに自分達の強みであった失敗しない演技を出し切る事が出来ず、代表としてふさわしくない悔いの残る試合となりました。
今後、国士舘が同じ思いをしない為にも今回の思い、経験を教訓にしひたむきに努力して参りたいと思います。
3日間多大なる応援、サポート本当にありがとうございました。

 

伊藤美弥選手、大塚理子選手(体育4年)
川久保佳菜選手(体育3年)
武田真実選手(体育2年)
古田珠々選手(21アジア1年)

 

 

本学の男女新体操部で記念撮影本学の男女新体操部で記念撮影

詳細は下記のホームページをご確認ください。
「日本体操協会」https://www.jpn-gym.or.jp/

 

 

 

CLUB LIST