スポ魂 - SPOKON
2019 11

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2019年10月18日

髙部瑛斗選手 千葉ロッテマリーンズがドラフト3位で指名

硬式野球部

プロ野球ドラフト会議が10月17日に行われ、硬式野球部の髙部瑛斗外野手(たかべ・あきと=21世紀アジア学部4年・東海大甲府高校出身)が、千葉ロッテマリーンズからドラフト3位で指名を受けました。

 

髙部選手は、家族とともに本学世田谷キャンパスのメイプルセンチュリーホール(MCH)でドラフト中継を見守っていました。千葉ロッテの3巡目指名で髙部選手の名前が挙がると、34号館に集まっていた硬式野球部員らからも歓声があがりました。

 

その後、MCH5階大会議室で記者会見が行われ、髙部選手と本学硬式野球部の西江錦史郎部長、そして現役時代には自身も千葉ロッテで活躍していた辻俊哉・硬式野球部監督があいさつをしました。

 

あいさつで髙部選手は「ほっとした気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。最高の舞台で野球をやらせてもらえるので、自分の持ち味を発揮して思う存分やっていきたいです」と決意を滲ませながら語りました。

また、報道陣からの質問には「自分の一番の武器は足だと思っている。バッティングの技術面でも成長していき、将来的には首位打者を目指したい」と答えました。

 

辻監督は今回の指名について「東都2部リーグで通算130本近くのヒット数もありますし、彼の一番の武器は足なので、そこを評価いただけたのかと思います」と述べました。

 

髙部選手らは記者会見後、3階のアリーナに場所を移し、硬式野球部員らの前であいさつした後、部員らによって胴上げされ、祝福されました。

 

髙部選手は、東都2部リーグ戦での最多安打を更新する通算129本を記録するなど、その活躍には以前から大きな注目を集めていました。

 

硬式野球部員らに胴上げされ喜びを爆発させる髙部選手硬式野球部員らに胴上げされ喜びを爆発させる髙部選手

CLUB LIST