スポ魂 - SPOKON
2022 8

国士舘大学

Facebook Twitter

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2022年05月26日

奥村選手が2年連続2冠達成!玉置選手も優勝 関東学生陸上競技対校選手権大会

陸上競技部

第101回関東学生陸上競技対校選手権大会が5月19日から22日に東京・国立競技場を主会場に開催され、奥村仁志選手(体育4年)が2年連続で砲丸投と円盤投の2冠を果たし、男子の大会最優秀選手に選ばれました。

 

初日に円盤投を制した奥村選手は、2日目に行われた得意の砲丸投で、日本歴代9位、学生歴代4位となる18m26の大会新記録をマークし、2年連続となる2冠を達成しました。2年連続での投てき種目2冠達成は、大会史上56年ぶり2人目の快挙となりました。

 

このほか、100mハードルに出場した玉置菜々子選手(体育4年)が、13秒37で優勝を果たし全日本学生王者の貫禄を見せつけました。

 

本学選手のおもな結果は以下の通りです。

 

<男子>

◆10000m競歩

12位:久原崇遥選手(ア・21ア3年) 44:14.37

 

◆棒高跳

11位:鈴木勇輝選手(政・経済2年) 4m80

 

◆走幅跳

12位:長谷川大樹選手(体・こスポ4年) 7m20

 

◆砲丸投
優勝:奥村仁志選手(体・体育4年) 18m26※大会新

7位:工藤颯斗選手(体・体育3年) 15m25

10位:小森直吏選手(体・体育1年) 14m10

 

◆円盤投

優勝:奥村仁志選手(体・体育4年) 53m42

6位:三井康平選手(体・体育3年) 47m46

12位:小林真選手(体・体育2年) 43m16

 

◆ハンマー投

15位:仲宗根伸選手(体・体育2年) 48m29

 

◆やり投

2位:中村竜成選手(体・体育2年) 70m96

3位:久田洸生選手(体・体育4年) 69m09

5位:神谷雄大選手(ア・21ア4年) 67m11

 

◆十種競技

2位:岡泰我選手(体・体育2年) 7029点

3位:北川嵩人選手(体・体育4年) 7026点

11位:杉山立選手(体・体育4年) 6348点

 

<女子>

◆100m

準決勝敗退:カジュールチェルシー(体・体育2年) 12.06

 

◆100mハードル

優勝:玉置菜々子選手(体・体育4年) 13.37

 

◆走幅跳

14位:村田千夏選手(体・体育4年) 5m42

 

◆砲丸投

2位:大迫晴香選手(体・体育4年) 14m02

6位:床辺彩乃選手(体・体育3年) 13m55

10位:高木琴音選手(体・こスポ4年) 12m92

 

◆円盤投
2位:大迫晴香選手(体・体育4年) 46m52

17位:桃園晴菜選手(体・体育3年) 36m84

 

◆やり投

3位:前川愛里選手(体・体育1年) 52m32

7位:三宅未佑選手(体・体育1年) 48m16

12位:髙橋知優子選手(体・体育2年) 43m64

 

◆七種競技

4位:濱口実玖選手(体・体育3年) 4875点

6位:水落らら選手(体・こスポ4年) 4795点

12位:藤田紗江選手(体・体育4年) 4433点

 

<対校得点>

男子総合得点     :10位(51点)

男子フィールド競技得点:2位(38点)

男子多種目優勝    :4位(2点)

女子総合得点     :6位(41点)

女子トラック競技得点 :16位(8点)

女子フィールド競技得点:4位(25点)

女子多種目優勝    :4位(1点)

 

 

2種目を制し大会最優秀選手に選ばれた奥村選手(中央)2種目を制し大会最優秀選手に選ばれた奥村選手(中央)
全日本学生に続き100mハードルを制した玉置選手全日本学生に続き100mハードルを制した玉置選手

詳細は下記のホームページをご確認ください。
「関東学生陸上競技連盟」

CLUB LIST