スポ魂 - SPOKON
2021 9

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2021年06月01日

大岩選手が日本の五輪出場2枠目を獲得 新体操W杯ペサロ大会

新体操部(女子)

5月28日から30日にかけて、イタリア・ペサロで新体操W杯ペサロ大会が開催され、本学から大岩千未来選手(理工学部2年)と喜田純鈴選手(21世紀アジア学部3年)が出場し、大岩選手が個人総合10位の好成績を残しました。喜田選手は2種目演じたあと、途中棄権となりました。

 

大岩選手が今大会までのW杯シリーズ全4戦で計118ポイントの好成績を収めたため、日本のオリンピック新体操個人での出場枠2枠目を獲得しました。

 

具体的な出場選手が決まるのはこの後、6月19日・20日に高崎アリーナで行われる代表選考会で、大岩選手、喜田選手皆川夏穂選手(2020年21世紀アジア学部卒)の3選手の中から、2選手が代表に選出される予定です。

 

 

 

◆大岩千未来選手のコメント:

最後のW杯、ぺサロ大会が終了しました。個人総合では、五輪出場権がかかっていて初日からとても緊張しましたが、それでも結果にとらわれず自分自身に集中することを意識して、一つ一つ冷静に対処しミスを最小限に抑えることができ、五輪出場枠を獲得することができました。決勝では、1種目目のボールでは緊張で少し固まってしまった演技になってしまいましたが、得意のピボットはしっかり入れることができ、2種目目のクラブでは一つ一つ最後まで集中することができて、自己ベストを更新することができました。次の代表選考会で、五輪出場権を確実に獲得できるようまた練習を積んでいきたいと思います。

 

 

◆喜田純鈴選手のコメント:

今回の試合は直前に怪我をしてしまい、痛みを抱えての出場になりました。怪我をして思うように練習できていない中での調整の仕方や、気持ちの作り方を経験することができました。いつも通りに調整が出来ない時でも試合の自分を作るということはとても大切な経験でした。後半種目は棄権という形になってしまい、とても悔しいですが、良い判断だったと思えるように次の試合に生かします。今回もたくさんの応援ありがとうございました。

 

 

 

 

【関連サイト】

・新体操W杯ペサロ大会2021、東京五輪個人出場2枠目獲得!(日本体操協会)
https://www.jpn-gym.or.jp/rhythmic/news/31407/

 

・2021新体操日本代表選考会(6/19-20 高崎アリーナ)
https://www.jpn-gym.or.jp/rhythmic/event/31371/

 

CLUB LIST