スポ魂 - SPOKON
2020 9

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2019年02月26日

【野外活動部】マネージャーの声:活動紹介

その他のクラブ

マネージャーの声とは

本企画は、クラブ・サークルの主将・主務・マネージャーに執筆をお願いし、クラブ・サークルの活動紹介をはじめ、苦労ややりがいなどを紹介しています。

副主将  宍戸亮太(体育学部4年)

<2016年7月25日執筆>

 野外活動部は、野外教育の指導者として活躍できる人材育成を目指し、小学生を対象とした多摩自然学校のキャンプ補助員や遊び場を提供するプレーパーク、町田ゼルビアの農業体験での指導などをしています。子どもたちとキャンプをしたりハイキングをしたり、時には無人島で共に生活することもあります。予想もしない行動をする子どもたちには度々驚かされますが、学ぶこともたくさんあります。

 また先日の熊本地震の際には大分県竹田市へ出向き、南阿蘇支援ボランティアにも参加しました。向上心を持って活動に取り組むことは自分自身の成長につながり、臨機応変な対応や人との信頼関係の構築ができるようになります。

 私が野外活動部に入部したのは、高校まで続けた部活を諦めざるを得なかったからです。野活は年間にかかる費用が一番安く、同じような理由で入部する人が多かったことと、以前ボーイスカウトに入団していたので、キャンプの経験や技能も生かせると思いました。

 入ったからには全力でやろうと考えていたので、活動には積極的に参加し、自分の能力もそれなりに発揮できたと思っています。今では役員として企画や運営に携わり、全体の指揮をとることも多くなりました。

 続けられた大きな理由は、子どもたちが大好きなこと。そしてボランティアなどの奉仕活動に主体的に参加する精神に誇りを持てたからです。

 はじめは単位のためでしたが、今では野活での経験を生かし、教師として子どもたちに関わりたいと考えています。

CLUB LIST