スポ魂 - SPOKON
2019 6

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2019年03月01日

マネージャーの声:活動紹介

剣道部(女子)

マネージャーの声とは

本企画は、クラブ・サークルの主将・主務・マネージャーに執筆をお願いし、クラブ・サークルの活動紹介をはじめ、苦労ややりがいなどを紹介しています。

主将 染谷千奈美(体育学部4年)

<2016年4月25日執筆>

 剣道部女子は現在36人で、毎日多摩キャンパスの剣道場で稽古に励んでいます。基礎基本を大事にし、強く正しい剣道を身につけるために稽古だけでなく、トレーニングなども行っています。
 年間の行事としては、関東・全国の個人戦、団体戦出場のほか、夏の合宿や冬の寒稽古などがあります。辛く厳しいときもありますが、「日本一」という同じ目標に向かって頑張る仲間たちと声を掛け合いながら取り組んでいます。
 夕方の稽古は、男子と合同で行うため約200人という大人数になるのですが、先生方も大勢稽古をつけに来て下さるので、非常に充実しています。
 剣道は礼に始まり礼に終わると言われているように「礼儀作法」を大切にしています。剣道のような対人競技は相手がいることで稽古ができ、試合ができます。相手を敬う心や思いやる気持ちを忘れずに取り組むことで、競技力だけでなく精神的な部分も成長できると思います。
 また、日々の稽古で大人数の中に埋もれてしまうのではなく一人一人が高い意識を持って取り組めるよう、部員全体、時には学年別などで目標設定や課題の確認を中心としたミーティングを開き、コミュニケーションを多く取ることを心がけています。
 それぞれがお互いに競い合い、励まし合うことでどこにも負けないチームワークを作り上げ、日頃から応援し支えてくださっている方々への感謝の気持ちを胸に、伝統ある国士舘の強く正しい剣道で「日本一」を掴み取れるよう頑張ります。

CLUB LIST