HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2022年11月24日

エジプトの医療従事者10人が本学で病院前救急医療研修プログラムに参加(11月24日更新)

日本とエジプト政府間で2016年に締結された「エジプト・日本教育パートナーシップ(EJEP)」に基づき、エジプト国と本学が業務委託契約を結ぶ「病院前救急医療研修プログラム」が第4期生となる研修生迎え、日本における病院前救急医療とその指導法についての研修が行われています。


今回はエジプトの救急医療の現場に従事する救急救命士10人が、本学多摩南野キャンパスを拠点に10月22日から12月16日の日程で研修を行っており、本学防災・救急救助総合研究所が研修を担当しています。研修プログラムには、講義・実習のほか、東京消防庁の視察や医療機関での現場実習、本学を含む救命士養成機関の見学など、フィールドワークも多く取り入れた実践的な内容となっています。


「病院前救急医療研修プログラム」は、日本とエジプト・アラブ共和国の円借款貸付契約による「人材育成事業(エジプト・日本教育パートナーシップ)」(保健分野)に採択され、本学は2018年、同国と業務委託契約を締結しました。契約期間は4年間で、昨年コロナ禍で中止となり今年は5~7月に続き2回目、第4期生の受け入れとなります。

 

開校式

10月22日には多摩南野キャンパスで開校式が執り行われ、本学の佐藤圭一学長やエジプト大使館文化・教育・科学局のシャヘンダ氏が参加し、研修生に約8週間が実りある研修となるよう激励しました。

  • 佐藤学長のあいさつ佐藤学長のあいさつ
講義
実習
視察
  • 東海大学医学部附属病院東海大学医学部附属病院
お知らせ



大地震対応マニュアル

東京都防災マップ

防災・救急救助総合研究所紀要論文投稿について

国士舘「救護活動における新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 対策指針」

ページの先頭へ