HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2019年11月15日

【著書紹介】『定型約款の法理─類型づけられた集団的意思のあり方─』防災総研・吉川吉衞客員教授

防災・救急救助総合研究所の吉川吉衞客員教授が著書を出版しました。

 

◆タイトル:『定型約款の法理─類型づけられた集団的意思のあり方─』

◆著者:吉川吉衞(防災・救急救助総合研究所客員教授)

◆発行:成文堂

◆価格:13,000円(税抜)

◆出版日:2019年11月15日

 

 

お知らせ



大地震対応マニュアル

東京都防災マップ

防災・救急救助総合研究所紀要論文投稿について

国士舘「救護活動における新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 対策指針」

ページの先頭へ