大学案内

地域防災への取り組み
(防災・救急救助総合研究所)

戻る

東日本大震災以降、首都直下型地震が想定され、国民の多くが災害に対して不安を増幅させている現状を鑑み、全学を挙げて緊急時に即応できる防災リーダーを養成することが本学にとって喫緊の課題と考えています。
防災・救急救助総合研究所は、各学部における防災教育力の向上を第一に考え、以下の防災教育を展開する予定です。

研究所の活動

  • 社会の構成員として、共助の精神に基づく積極的な活動意志(ボランティア精神)を形成する。
  • 災害に対する基礎的な知識と対応技術等を養成する。
  • 災害時・復興時において、地域のニーズを理解し迅速に対処できる知識を修得させる。
  • 「防災リーダー養成論」の授業を開設。自然災害、人為災害、特殊災害等について知識を身につけるとともに、地震、津波、火山噴火、河川の氾濫、集中豪雨等のメカニズムを理解する。また、災害時に役立つ、消火法、救助法、応急手当、搬送法等を学び、加えて、災害に関連した心の病に対する心理学的な対処法を身につける。
  • 災害に対応するための、より高度な専門的知識を身に付けるために、防災リーダーを養成する。
  • 防災リーダーの役割は、

     (1)被災者が安心できる環境の整備
     (2)被災者の自立促進のための活動
     (3)安全な避難所の運営等 である。


    [主な講習内容]
     (1)安心・安全な生活・復興支援活動環境の整備
     (2)災害からの自立促進のための体制整備
     (3)発災時の対応・避難誘導や連絡方法の指導
     (4)法で定められている防災計画の作成
     (5)避難経路の確保・誘導法
     (6)避難場所の確認・設営
     (7)応急手当、救命救急の知識・技能

  • 防災・救急救助総合研究所は2015年3月31日に日本赤十字社と「安心・安全および福祉の向上に関するパートナーシップ協定」を締結。
  • 協定に基づき日本赤十字社が開催する減災教育・防災訓練・災害派遣協力などの活動を行う。
  • 本学が開講する「防災リーダー養成論実習」の受講学生、若林町会、世田谷警察、世田谷消防署、日本赤十字社、東急バス、小田急シティーバス、世田谷信用金庫等と連携し、地域連携防災訓練を実施。また、近隣の防災訓練に協力。
  • 小学校が実施する防災教室や、都立高等学校が実施する宿泊を伴う防災訓練において、講義、応急手当、搬送法、初期消火、一次救命処置等の実習を指導。
  • 東京マラソンをはじめ、各地で開催されている市民マラソン、トレイルマラソン、少年サッカー、空手ドリームカップ、地域の祭り等のイベント救護を実施。
  • 学校教職員、学生、生徒、児童、企業・行政機関等の職員等を対象に、AEDの使用法、エピペン等の使用法の講習を実施。

東日本大震災支援活動

東日本大震災 支援活動報告書

東日本大震災における活動報告を掲載しています。
Windows XP以降、MacOSX10.4以降でAdobeFlashPlayer最新版がインストールされているPCでご覧ください。)

<電子ブック閲覧環境OS及びブラウザ>

Windows XP / Microsoft Internet Explorer6.0以降、Firefox3.x、Safari3.x、Mac OS X v.10.4以降 / Firefox3.x、Safari3.x、ディスプレイ / 1024 × 768 ピクセル以上が表示可能なディスプレイ、通信環境 / ADSL 以上のインターネット接続

国士舘要覧2019

大学案内2020デジタルパンフレット

国士舘大学 図書館・情報メディアセンター

NEW

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2019年11月11日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2019年10月26日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年10月03日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ