ABOUT








楓門祭とは

 国士舘大学世田谷キャンパスの秋の一大イベントといえば「楓門祭」です。毎年11月2日、3日に開催され、昨年度は約2万人の方々にお越しいただきました。
 世田谷キャンパスで学園祭が開催されるのは、今年で実に56回目となります。その歴史は1964(昭和39)年に第47回創立記念祭の体育祭と並行して行われた「明治祭」に遡ります。その後、時代の流れをくみ1974(昭和49)年頃に「学園祭」へ、1977(昭和52)年に国士舘創立60周年を記念して現在の「楓門祭」へ改称し、現在に至っています。よって、「楓門祭」という名称の学園祭開催は、今年で43回目となります。
 楓門祭の特徴は、大きく2つあり、第一に多くの学生が参加し、楓門祭を盛り上げていることが挙げられます。クラブ・サークル・ゼミ団体による露店や展示は、延べ70にも及び、活気ある国士舘生を象徴するだけでなく、日頃の活動の成果を発表する場にもなっています。もう一つは、地域密着型の学園祭であることです。近隣の幼稚園・小学校の子どもたちや、地元商店街で働く方々、お年寄りの方々等、多くの地元の方々にお越しいただいています。地元紹介や子ども向け企画など、幅広い層の方々に楽しんでいただけるようになっています。



学長挨拶

佐藤圭一
楓門祭によせて 学長 佐藤 圭一
 皆様! 楓門祭へのご来場を心から歓迎致します。
 今年の楓門祭のテーマは「Let’s」に決まりました。一人ひとりの主体性が求められる昨今、時宜に適ったテーマだと思います。今、私達の日常生活で、皆さんはSNSなど多種多様なツールを通じて、他者とのつながりを実感できているかもしれません。しかし、それはあくまでも仮想世界(バーチャル)のことに過ぎないのです。人々が悩み苦しんで導き出された結論、あるいは錯綜する状況を熟慮や追体験することなく、最後の結果だけを見て短絡的に「いいね!」「ダメ!」と裁断してしまう風潮が社会全体に蔓延しています。今年のテーマである「Let’s→let us=さぁ、…しようよ!」は個々人が主体となり共に考え、行動することを促すものです。楓門祭では、コミュニケーション能力を駆使して、互いに相手を慈しみながら、一緒に明るい未来を想像するといった語らいの場にしたいと考えます。学生達の創意工夫が施された“舞台”を存分に楽しんで頂けますと幸いです。Let's start with smile!
 楓門祭を企画、運営する全スタッフの献身的努力に心からの敬意を表して、私からの挨拶とさせて頂きます。



学生部長挨拶

田原淳子
楓門祭2019の開催に寄せて 学生部長 田原淳子
 令和という新しい時代を迎え、最初の楓門祭が開催されます。そのメインテーマは、「Let’s」です。(何かを)しましょう、しませんか、と誰かに呼びかけ、誘う言葉です。そこには、自主性や主体性が感じられ、自分と共に行動する仲間がいます。
 楓門祭には、毎年2万人を超える方々が来場されると聞いています。長年にわたって培ってきた楓門祭の伝統と誇りを大切にしながら、新しい時代の幕開けにふさわしい色とりどりの「Let’s」がはじけることでしょう。今年も多数の皆さまのご来場を関係者一同、お待ちしております。
 最後になりますが、楓門祭の実現に向けて時間とエネルギーを注いできた実行委員の学生ならびに教職員の尽力に感謝しますとともに、ご協力いただきました地域住民や卒業生、ご関係の皆様に心よりお礼申し上げます。楓門祭の開催が、本学と地域の結びつきを一層強め、相互の活性化につながることを祈念して、ご挨拶とさせていただきます。