ABOUT








楓門祭とは

 国士舘大学世田谷キャンパスの秋の一大イベントといえば「楓門祭」です。毎年11月2日、3日に開催され、昨年度は約2万人の方々にお越しいただきました。
 世田谷キャンパスで学園祭が開催されるのは、今年で実に56回目となります。その歴史は1964(昭和39)年に第47回創立記念祭の体育祭と並行して行われた「明治祭」に遡ります。その後、時代の流れをくみ1974(昭和49)年頃に「学園祭」へ、1977(昭和52)年に国士舘創立60周年を記念して現在の「楓門祭」へ改称し、現在に至っています。よって、「楓門祭」という名称の学園祭開催は、今年で43回目となります。
 楓門祭の特徴は、大きく2つあり、第一に多くの学生が参加し、楓門祭を盛り上げていることが挙げられます。クラブ・サークル・ゼミ団体による露店や展示は、延べ70にも及び、活気ある国士舘生を象徴するだけでなく、日頃の活動の成果を発表する場にもなっています。もう一つは、地域密着型の学園祭であることです。近隣の幼稚園・小学校の子どもたちや、地元商店街で働く方々、お年寄りの方々等、多くの地元の方々にお越しいただいています。地元紹介や子ども向け企画など、幅広い層の方々に楽しんでいただけるようになっています。