MENU

人と社会を支える力 国士舘大学 2017年創立100周年

国士舘創立100周年 記念事業と概要 Memorial

創立者 柴田德次郎
1890(明治23)年12月20日、福岡県に生まれる。
弱冠14歳で上京し、牛乳配達など苦学の末に早稲田大学専門部を卒業。在学時より同郷の頭山満、野田卯太郎、中野正剛らの知遇を得た。

創立者 柴田德次郎
1890(明治23)年12月20日、福岡県に生まれる。
弱冠14歳で上京し、牛乳配達など苦学の末に早稲田大学専門部を卒業。在学時より同郷の頭山満、野田卯太郎、中野正剛らの知遇を得た。

1913年 国士舘の淵源 青年大民団発足
1913年

国士舘の淵源
青年大民団発足

1917年 麻布に国士舘誕生

1917(大正6)年、創立者柴田德次郎をはじめとする青年有志が集まり、「活学を講ず」の宣言とともに麻布区笄町(現港区南青山)に私塾「國士館」を創立した。

1917年

麻布に国士舘誕生
1917(大正6)年、創立者柴田德次郎をはじめとする青年有志が集まり、「活学を講ず」の宣言とともに東京麻布区笄町(現港区南青山)に私塾「國士館」を創立した。

麻布に国士舘誕生
1919年 世田谷の松陰祠畔に校地移転
1919年

世田谷の松陰祠畔に校地移転

世田谷の松陰祠畔に校地移転
1921年 渋沢栄一らの支援

国士舘は創立以来、国士舘教育の趣旨に賛同した政界、財界、教育界、新聞・言論界などの多方面の方々の強力な支援によって 支えられてきた。
なかでも、国士舘を支援する代表的な会として、大正時代の財団法人草創期には「国士舘維持委員会」が、戦後の学校法人草創期には 「国士舘大学維持員会」が大きな役割を果たした。

1921年

渋沢栄一らの支援
国士舘は創立以来、国士舘教育の趣旨に賛同した政界、財界、教育界、新聞・言論界などの多方面の方々の強力な支援によって 支えられてきた。
なかでも、国士舘を支援する代表的な会として、大正時代の財団法人草創期には「国士舘維持委員会」が、戦後の学校法人草創期には 「国士舘大学維持員会」が大きな役割を果たした。

渋沢栄一らの支援
1922年 初の卒業生が巣立つ
1922年

初の卒業生が巣立つ

1925年 中学校の創設
1925年

中学校の創設

中学校の創設
1929年 専門学校の創設
1929年

専門学校の創設

専門学校の創設
1953年 短期大学の創設
1953年

短期大学の創設

短期大学の創設
1958年 国士舘大学の創立
1958年

国士舘大学の創立

国士舘大学の創立
1966年 鶴川校地の開設
1966年

鶴川校地の開設

鶴川校地の開設
1992年 多摩キャンパスの開設
1992年

多摩キャンパスの開設

多摩キャンパスの開設
1995年 福祉専門学校の創設
1995年

福祉専門学校の創設

1998年 中央図書館の完成
1998年

中央図書館の完成

中央図書館の完成
2008年 梅ヶ丘校舎の完成
2008年

梅ヶ丘校舎の完成

梅ヶ丘校舎の完成
2013年 メイプルセンチュリーホールの完成
2013年

メイプルセンチュリーホールの完成
100周年記念事業の一環として健康とコミュニケーション、そして教育をテーマにした複合施設を建設。

メイプルセンチュリーホールの完成
2016年 メイプルセンチュリーセンター多摩の完成
2016年

メイプルセンチュリーセンター多摩の完成

メイプルセンチュリーセンター多摩の完成
2017年 国士舘創立100周年
2017年
国士舘創立100周年

ページの先頭へ