100周年サイトトップページリンク:国士舘大学 100周年サイトトップページリンク:国士舘大学

MENU

人と社会を支える力 国士舘大学 2017年創立100周年

創立100周年記念事業募金 foundation

「国士舘創立100周年記念事業募金」は
2018(平成30)年3月31日をもって終了しました

2006(平成18)年度に開始しました「国士舘創立100周年記念事業募金」は、2018(平成30)年3月31日に終了いたしました。お陰をもちまして、厳しい経済状況の中で卒業生、ご父母及び企業の皆様方から7億円を超えるご寄付をお寄せいただきました。ここに衷心より御礼申し上げます。
この貴重な浄財は、学園の総合整備とともに、教育、研究並びにスポーツ・文化活動の推進、奨学基金の充実のために有効に活用させていただきます。
今後とも皆様のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

平成30年3月31日

学校法人国士舘理事長
創立100周年記念事業募金委員会委員長
大澤 英雄

国士舘大学学長佐藤 圭一

国士舘高等学校・国士舘中学校校長福田 三郎

国士舘大学同窓会会長生方 毅

国士舘中学高等学校同窓会会長松山 國雄


最終的な募金額は、あらためてご報告いたします。

創立100周年記念事業募金委員会
学校法人国士舘募金事務室
Tel:03-5451-8207

創立100周年記念事業募金
「チャレンジ・チェンジ・知の冒険」
価値ある教育を目指して

ご支援のお願い

国士舘は建学以来、有為なる人材育成と教育の発展に尽力し、2017年に創立100周年を迎えました。
この記念すべき節目に策定した「国士舘創立100周年記念事業」では環境と組織の両面から整備を進めております。
学園内外の皆さまからの深いご理解と温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

募金の趣意
Prospectus

国士舘は、1917年という激動の大正中期、柴田德次郎ら青年有志が、知恵と見識と勇気を持った有為の人材の育成に思いをはせ、東京・麻布の地に私塾「國士館」を創立したことをもって始まりとします。創立後も激動の昭和を乗り越えながら、わが国の教育の発展に全力を傾注してきました。1953年に国士舘短期大学、1958年に国士舘大学を設置し、現在では東京の世田谷、町田、多摩にそれぞれキャンパスを有し、大学院研究科10研究科、大学7学部、高等学校および中学校を擁する総合学園に発展してきました。 現在までに16万余名の卒業生を社会の各界に送り出し、2017年には創立100周年を迎えました。

私どもは、この記念すべき節目を迎えるにあたり、世界に開かれたグローバルな面と地域に根ざしたローカル性を併せもつ、グローカルユニバーシティとしての新たな展開を企図して国士舘創立100周年記念事業を策定いたしました。第1期事業として、世田谷の本部校地に隣接する都立高校の跡地を取得し世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎と名付け、政経・工(2007年4月から理工学部)・法・文の4学部と大学院の教育施設の建設を行いました。さらに、教育研究環境のさらなる向上を図るため第2期事業として、既存キャンパスの教育・研究施設をより機能的で充実した施設に整備することとして、既存建物の耐震補強工事・建物附属設備の更新工事などを行い、2013年(平成25年)12月に旧第2体育館を改築しメイプルセンチュリーホールを竣工、翌年4月から運用開始いたしました。現在、最終事業期として引き続き教育研究施設等の整備を進めております。また、学生支援策として奨学基金の充実、スポーツ・文化活動の振興についても着手しています。
この事業が、国士舘アカデミズムの新拠点づくりの布石となり、変革の時代にふさわしい改革を推進しながら、校名に恥じない、清廉にして有用な人材を引き続き世に送り出すために欠くことのできない喫緊の施策と考えております。

これらに要する総資金は200億円を見込んでおり、そのうち50億円は学園内外各位のご援助を仰ぐ計画といたしております。今日の厳しい時代環境のもとで、事業の達成には多くの困難がありますが、各界・各層の皆様をはじめ、全国各地で活躍されている卒業生の皆様、ご父母の皆様、教職員そして日ごろお世話になっております地域の皆様方に広く学園の理想と未来を訴え、深いご理解と温かいご支援を賜りますれば、必ずや達成できるものと確信いたしております。

何とぞ、私どもの志と熱意をおくみ取りいただき、積極的なご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月

学校法人国士舘理事長
創立100周年記念事業募金委員会委員長
大澤 英雄

国士舘大学学長佐藤 圭一

国士舘高等学校・国士舘中学校校長福田 三郎

国士舘大学同窓会会長生方 毅

国士舘中学高等学校同窓会会長松山 國雄

WEB芳名録
Guestbook

募金をいただきました法人、団体及び個人の方全員のお名前は、「学校法人国士舘100周年記念事業募金寄付者ご芳名録」に登録し、永久に保存させていただきます。また、募金をいただきました方は、「学校法人国士舘100周年記念事業募金寄付者銘板」にお名前を記し、末永く顕彰させていただきます。(ただし「匿名希望」の方は除きます。)
※募金をされる場合、「匿名希望」と「金額非掲載」を選択することができます。

  • 「匿名希望」を選択した場合、「公開される芳名録」及び「WEB芳名録」に氏名を掲載することはありません。
  • 「金額非掲載」を選択した場合、「公開される芳名録」及び「WEB芳名録」には、氏名のみ掲載し、寄付額については掲載いたしません。

WEB芳名録(2006年4月1日〜2016年12月31日現在)

Get Adobe Reader

WEB芳名録は、PDF形式のファイルです。
ご覧になる場合には、Adobe社が無料配布するソフト「Acrobat Reader」が必要となります。
お持ちでない方は、左記アイコンからAdobe社のサイトへアクセスしダウンロードのうえご利用ください。

ページの先頭へ