資格講座2019
18/32

16Kokushikan Qualification Courses特 徴不動産業界には必須。銀行・保険業界でも有益な資格オススメポイント■■不動産業界への就活に有利な国家資格です!■■銀行・信託銀行等の金融業界への就活に有利な国家資格です!■■法律系資格の登竜門としても人気のある国家資格です!宅地建物取引士試験(宅建士試験)とは、土地、建物に関する法律的知識を問う“不動産に関する国家試験”です。不動産業界では5人に1人の割合で専任の宅地建物取引士を事務所に置くよう法律で定められています。また、土地を担保に資金を融資する銀行や、顧客の資産設計を考え営業を行う保険会社などの金融業界はもちろん、店舗の売り上げを左右する立地条件などが重要となる外食産業、小売業でも宅建士試験の合格者が注目されています。就職実用性楽しさ専門性難易度講師からヒトコト「宅建士」は、不動産業界だけではなく幅広い業界においてニーズがあります! 例えば銀行・信託銀行など金融業界。金融機関の業務と不動産、すなわち「お金」と「不動産」は、密接な関係にあります。例えば、銀行が顧客に対してお金を貸し付ける際には、その担保として顧客が所有する不動産に抵当権などが設定されます。また、銀行の業務の中には、住宅資金を融資する業務があります。このように、金融機関の業務と不動産は密接な関係にあるため、金融業界においても宅建士資格のニーズは高いものになります。2つ以上当てはまったあなたにオススメです! 「宅建士」は、多くの学生が注目している人気資格です! 不動産業界、銀行・信託銀行等の金融業界、小売業、外食産業など、幅広い業界においてニーズがあります!どんな試験なの?宅建士試験は毎年1回・記述なし・誰でも受験可! ★受験資格:年齢、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験可能。★試験方式:50問。「四肢択一式」マークシート方式(記述なし)。★合格基準点は毎年変動。おおむね50点満点中36点前後(7割前後)の得点で合格。★宅建業法・民法・借地借家法・不動産登記法・建築基準法等様々な法律から、不動産に関連する項目が幅広く出題。□□就職に有利な資格が欲しい□□国家資格を取りたい□□短期間で資格を取りたい□□民法等、法律の知識を身につけたい□□学生生活を有意義に過ごしたい資格のポイントチェック宅地建物取引士資格試験合格対策講座Teacher's Voice国家資格単位認定講座※単位認定についての詳細は、便覧で確認してください政経学部法学部

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る