公開講座2019秋期
18/62

無料語学歴史芸術健康水泳・水中運動ゴルフ教養16国士舘大学 公開講座 2019年度 秋期「蘭亭序」は、永和九年(353)三月三日に王羲之が会稽郡山陰県の蘭亭に文人を招き、みそぎを行い、曲水流觴の宴を催した際の詩の序です。文を作りながら書いた書ですから怱卒に書かれた書ですが、王羲之の書のうちで最もすぐれていると古来から定評があります。唐の太宗は王羲之を熱愛し「蘭亭序」を終生座右に置き、原本は崩御に臨んで副葬されたといわれております。現存の「蘭亭序」は副葬以前に模写をさせたもの、及び石に刻して法帖にしたものです。秋期は「蘭亭序」(八柱第三本)を規範に、王羲之の多様な行書の書法を学びます。なお今回は、王義之の書法をさらに深く身に付けるために、毎回取り組む箇所を指定し、全員同じ個所に取り組みます。自宅で書ける方は自宅でたくさん書いたうえで、その中から同一箇所は1枚に絞ってご提示いただき、添削を行います。名筆に学ぶ書道実技(漢字) 王羲之の蘭亭序の多様な書法を学ぶ開講日 土曜日 10月5・12・19・26日、11月9・16・30日、12月7・14・21日、1月11・25日、2月8・15・22・29日(全16回) 時 間 9:00〜11:00 定 員 15名 受講料 40,000円 会 場 世田谷キャンパス 10号館1階 10104教室(書道実習室)1101世田谷細ほそがい貝 宗そうこう弘講 師No.3●持ち物:書道用具一式●テキスト※:中国法書選 15:蘭亭叙 <五種>[東晋 ・王羲之/行書]、二玄社、¥1,600+税、精選拡大法帖2:蘭亭叙<馮承素摹本>、二玄社、¥1,800+税※テキストはどちらを使用してもよろしいです。 テキストは各自ご用意ください。講座番号※対象は「中級」以上です。10/ 5第1回永和〜稧事10/12第2回也羣〜流激10/19第3回湍暎〜弦之10/26第4回盛一〜暢仰11/ 9第5回観宇〜聴之11/16第6回娯信〜之内11/30第7回或因〜其欣12/ 7第8回於所〜惓情秋期スケジュール12/14第9回随事〜猶不12/21第10回能不〜矣豈 1 /11第11回不痛〜悼不 1 /25第12回能喩〜視今 2 / 8第13回亦由〜殊事 2 /15第14回異所〜斯文 2 /22第15回王羲之書法の復習 2 /29第16回王羲之書法の復習伝藤原行成筆「伊予切」は「和漢朗詠集」を書写したものです。「和漢朗詠集」は秀句・秀歌をたくさん集めているから漢詩・和歌を作る人にとってよい参考になったようです。また藤原時代は、朗詠がさかんであったためたくさん書写されています。さらに、名筆の「和漢朗詠集」は漢字・仮名の書の手本にも適するので、藤原時代には「手書き」によってたくさん書写されています。秋期は「和漢朗詠集」の中でも名筆な「伊予切」を規範に、字形が端正で、線が繊細流麗な優雅な書法を学びます。なお今回は書法を深く身に付けるために、毎回取り組む箇所を指定し、全員同じ箇所に取り組みます。自宅で書ける方は、たくさん書いたうえで、その中から同一箇所は1枚に絞ってご提示いただき、添削を行います。●持ち物:書道用具一式●テキスト:日本名筆選 26:伊予切[伝藤原行成筆]、二玄社、¥3,400+税 テキストは各自ご用意ください。名筆に学ぶ書道実技(仮名) 優雅で端正な美しい伊予切の書法を学ぶ開講日 土曜日 10月5・12・19・26日、11月9・16・30日、12月7・14・21日、1月11・25日、2月8・15・22・29日(全16回) 時 間 11:10〜13:10 定 員 15名 受講料 40,000円 会 場 世田谷キャンパス 10号館1階 10104教室(書道実習室)1102世田谷細ほそがい貝 宗そうこう弘講 師No.3講座番号※対象は「中級」程度です【新たに受講を希望される方へ】※平安時代の仮名古筆の臨書にある程度親しまれている方が望ましいです。10/ 5第1回萩、暁露〜時情、282の和歌10/12第2回284の和歌10/19第3回紅梅、梅含〜碧文10/26第4回100の和歌11/ 9第5回浅紅〜正通11/16第6回101の和歌11/30第7回有色〜中書王12/ 7第8回仙臼〜斉名秋期スケジュール12/14第9回鶯、鶏既〜鳳為王12/21第10回72の和歌 1 /11第11回誰家〜暁賦 1 /25第12回73の和歌 2 / 8第13回咽霧〜白 2 /15第14回74の和歌 2 /22第15回感同〜暁啼 2 /29第16回燕姫〜菅三品

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る