国士舘大学_海外留学パンフレット2019
36/46

34USA体験談春休み アメリカ(カリフォルニア)研修 31日間一度は外国で授業を受けてたくさん英語に触れたいという理由からこの研修に申し込みました。出発前は自分の英語は通じるのか、授業についていけるのか、ホストファミリーとうまくやっていけるのか、緊張と不安でいっぱいでしたが、実際アメリカに着くとホストファミリーは温かく歓迎してくれ、授業も面白い先生がたくさんいて、同じクラスの人とも仲良くなれて、毎日授業が楽しかったです。最初の一週間は、アメリカでは授業中に生徒がたくさん発言をするという文化に慣れず、クラスの誰も発言をしないということが多かったので、先生も困っていましたが、2週目3週目と日にちが経つにつれ、皆が先生の問いかけに対して積極的に話すようになってきました。授業の内容もアメリカの文化、発音、イディオムなど硬い授業なのかなと思っていましたが、ゲームを通じて楽しく学んだり、現地の生徒とたくさん話すといった受けたくなるような授業ばかりでした。アメリカの文化について自ら考え、現地の人々に質問をし、ポスターにまとめて発表するという授業でも最初は現地の人に一人で質問しにいくのは怖いし嫌でしたが、勇気を出して聞いてみるととても優しく協力してくれて、インタビューするのが楽しくなりました。自分が予想していた答えと違う答えが返ってくると、アメリカのことをもっとわかった気がしてうれしかったです。先生から「あなたの発音はきれいで好きだよ。」と言われたときは、自信がついてもっと話そうという意欲が出てきました。ホストファミリーともその日の出来事を毎日話したり積極的に会話でき、ファミリーの言ってることがわからないときも恥ずかしがらず聞き返すとわかるまで説明をしてくれたので会話が弾みました。この研修を通じて、語学向上に必要なことは積極的にコミュニケーションをとることだと学びました。もし、またこのような機会があればもっともっと積極的にコミュニケーションをとって自分の意思をしっかり伝えられるようになりたいと思いました。質の高い講師陣より、アメリカの文化理解と会話に密着した実践的な英語を中心に学びます。アクティビティは、映画鑑賞会やボーリング、会話練習などが用意されており、カリフォルニア大学の学生と触れ合う機会もあります。週末には、ヨセミテや、ロサンゼルス等へのトリップもオプショナルとしてあります。研修中は、ホームステイをする事により、アメリカの文化、考え方、生活習慣もより深く理解することができます。通学はレンタルされる自転車や市営バスなどを利用します。●広大な土地、キャンパスの中でアメリカ学生生活を満喫●参加型授業で話す力を伸ばす●ヨセミテやL.A.への小旅行カルフォルニア大学デイビス校サンフランシスコから北東へ車で約2時間の小さな町、デイビスにあります。カリフォルニア州にある9つのカリフォルニア大学の1つで、その中では最も敷地面積が広く、特に農学が有名です。約110カ国から留学生が集まる国際色豊かな大学です。近くには湖や川、谷など数多くの美しいレクリエーションエリアがあります。カレッジタウンのため多くの学生が住んでおり、活気のある町です。カルフォルニア大学デイビス校は… 1週間のスケジュール例MonTueWedThuFriSatSun9:00〜9:50Oral GrammerTrip toSanFranciscoFree Day10:00〜10:50U.S.Society and Culture11:00〜11:50Listening / Pronunciation12:10〜13:00Intercultural Research15:30〜16:30MovieArts&CraftInternational ClubGameIce Cream経営学部 経営学科 1年次参加岡田 朋恵

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る