国士舘大学_海外留学パンフレット2019
28/46

26Q&A交換・認定留学に関するよくある質問Q 留学したいと思ってはいるものの、何から始めればいいのか全くわかりません。A まず、P.2の「留学の目的」をよく考えてみてください。その上で、自分の留学スタイルに応じて情報収集をします。国際交流センター(詳細は裏表紙参照)やP.41の留学関連情報各ページを活用してください。Q 国や留学先大学によって指定の保険に加入することが義務付けられていても、海外旅行傷害保険に加入した場合は加入しなくてもいいですか?A 相手国や留学先大学の決まりですので、必ず加入しなければいけません。Q 留学先でアルバイトはできますか?A 交換留学先でのアルバイトは禁止しています。Q 留学すると、就職に有利ですか?A 留学の目的や内容、留学によって得たものがしっかりしていれば、企業に留学経験をアピールすることができます。しかし、近年では留学する学生は大変多く、留学したことだけでは評価されませんし、語学力だけでは就職活動で有利にはなりません。留学する前に留学後や将来の計画を十分考えておくことが必要です。Q 教職課程を履修していますが、留学しても教職は取れますか?A 教職課程は専門科目、教育実習など、4年間を通して計画的に履修する必要があります。教職課程を履修している学生は、留学前に必ず学部事務室および教務課に相談してください。Q 帰国後にすぐ就職活動を始めようと思いますが、事前に準備しておくことはありますか?A 留学する前にキャリア形成支援センターに行って相談しましょう。また、友人などに就職の資料や情報を送ってもらったり、インターネットの就職情報のホームページに登録すると留学中でも就職に関する情報を得ることができます。Q 1年次在学中に、交換留学学内選考に応募することはできますか?A 秋期学内選考(9月)から、応募することができます。合格すれば、2年次に留学が可能です。Q (独)日本学生支援機構(JASSO)または(財)日本国際教育支援協会(JEES)から奨学金を支給されている場合、留学中の支給はどうなりますか?A 詳細は学生・厚生課(03-5451-8114)に問い合わせてください。Q 交換留学は国士舘大学の代表として派遣されますが、留学中や帰国後にしなければいけない義務のようなものはありますか?A 交換留学中は毎月の報告のほか、3ヶ月毎に「学習状況報告書」、その他「中間報告」「修了報告」を提出しなければなりません。また留学後は「留学修了届」および成績証明書等を学部に提出する必要があります。その他学内新聞等の記事執筆等をお願いすることもあります。Q 交換留学の選考試験・面接は具体的にどのようなものですか?A 通常の授業の成績、語学試験のスコア、面接での評価に基づき、国際交流委員が総合的に判断します。語学試験については、TOEFL-iBTスコアの提出を義務づけている大学へ留学する場合はTOEFL-iBTスコアを提出し、それ以外の大学の場合は、国際交流センターの実施する語学試験を受験します。詳細は4月、6月に配布される「交換留学応募の手引き」をご参照ください。面接は日本語で行われます。Q 4年次で交換・認定留学するとどうなりますか?A 4年次の3月前に帰国し、本学卒業単位の履修、卒業論文等の問題がなければ、通常通り4年間で卒業できます。ただし、留学先での履修状況の結果等により、4年間で卒業できない場合には、高学年(5年生)として本学に在学することになります。留学に伴う卒業要件は、必ず事前に各学部事務室に確認してください。なお、4年次秋期から1年間の留学は認められません。秋期(9月)から1年間の交換留学を希望する場合は、2年次秋期までに選抜試験に出願してください。Q 交換留学・認定留学先の大学で取得した単位はどのように認定されますか?A 留学修了後、本学に成績証明書、単位認定申請一覧、科目内容(シラバス等)を提出する必要があります。それらの資料を基に、各学部教授会等で審議され、単位認定が行われます。就学年数内で卒業できるよう、留学先ではどのような科目を履修する必要があるか、留学前に学部事務室等で十分相談をしましょう。Q 国際学生証を取得したいのですが、どうすればいいですか?A 本学では発行は行っていません。ユースホステル協会等で発行していますので、詳細は全国大学生活協同組合のホームページを参照してください。URL ▶ http://isic.univcoop.or.jp/

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る