外国人留学生の方

国民健康保険制度

在留資格「留学」を有する留学生は、全員国民健康保険に加入することが義務づけられています。病院で国民健康保険証を提示すれば、原則として治療費の30%を支払うだけでよい制度です。

加入方法

自分が住んでいる地域の市区役所の国民健康保険課で手続きします。

加入時期
  • 初めて加入する人は、住民登録をするときに同時に加入します。
  • 引っ越したときは、新しい住所の市役所や区役所で転入の手続きをするときに、もう一度手続きします。
保険料

地域によって異なります。
基本的に前年度の収入などにより異なりますので、居住地の役所窓口で確認してください。

高額療養費

1カ月に同じ病院で同じ病気の治療(保険診療に限る)に高額の医療費を支払った場合、市区役所の国民健康保険課に申請し、認められると、自己負担限度額(所得によって異なる)を超えた分が戻ってきます。

一時帰国中の治療

日本で保険適用となる治療であれば、日本に戻ってから市区役所の国民健康保険課に申請すると、治療代の一部が返ってくることがあります。ただし、治療目的で一時帰国した場合は申請できません。

問い合わせ先

健康管理室(医務室)

応急処置が受けられます。必要な場合は近くの病院を紹介してくれます。
医師の診察が受けられる曜日・時間は、電話などで確認してください。

学生相談室

なんとなく気分のよくない毎日が続いている、いらいらすることが多いなど、気持ちや心の問題で困ったときは、専門家のカウンセリングを受けることができます。

国際交流センター

どこに相談したらよいかわからない場合は、まず国際交流センターに来てください。

各国語による医療情報サービス

「各国語で受診できる医療機関」や「日本の医療制度案内」について無料で聞いたり調べたりすることができます。

海外留学ガイドブック

大学案内

留学体験記

ページの先頭へ