大学教員募集

2022年06月02日

学部教員募集(21世紀アジア学部21世紀アジア学科・日本語教員養成関連分野)

学部教員公募要項
1.募集人員

1名

2.所属学部

21世紀アジア学部21世紀アジア学科

3.任用職名

教授、准教授又は講師(任期付専任教員)

4.契約期間

本学規程による。

契約期間 令和5年4月1日~令和8年3月31日※

定年 65歳

 

※3年の契約任期満了後の採用については、教育・研究等の実績により専任教員(無期雇用)へ任用されます。専任教員への移行後は、3年間の契約期間は専任教員としての勤務期間に算入されます。

5.担当科目及び分野

分野:日本語教員養成関連分野

総合演習1・2、21世紀アジア学演習1~4、卒業研究1・2

・下記のうち日本語教員養成課程開講科目4科目程度および大学院開講科目

日本語教育実習、日本語教育概論Ⅰ、日本語教育概論Ⅱ、日本語教育概論Ⅲ、日本語教育学Ⅱ、日本語教育学Ⅲ、日本語教育学Ⅳ、日本語教育法Ⅰ、日本語教育法Ⅱ、グローバル化と日本語教育(大学院)、日本語教育学研究Ⅰ(大学院)、対照言語研究(大学院)

6.応募資格・条件等

(1)本学の建学の精神に理解を有し、学生指導や各種業務に熱意を持って積極的に取り組める者。

(2)校務や学部運営に熱意を持って取り組む用意がある者。

(3)本学近郊に居住が可能である者。

(4)博士号を取得している者、またはそれと同等以上の学識経験を有すると認められる者。なお、高等教育機関での教育経験があることが望ましい。

(5)海外研修の引率などで海外での業務を担当できる者。

7.採用予定日

令和5年4月1日

8.選考方法

1次審査 書類審査

     1次審査結果は、8月中旬に通知いたします。

2次審査 面接・模擬授業(令和4年9月上旬を予定。)

     2次審査結果は、9月中旬に通知いたします。

3次審査 理事面接(令和4年10月中旬を予定。)

※2次審査、3次審査に係る交通費は応募者各自でご負担ください。

9.提出書類

(1)教員履歴書(A4、本学指定様式、写真貼付のこと)

(2)教育研究業績一覧(A4、本学所定様式)及び主な研究業績5点並びにそれぞれの概要(各1000字程度)。

(3)これまでの研究内容と今後の研究及び教育に対する抱負(A4用紙、1500字程度)。

(4)「日本語教育学Ⅳ(第二言語習得論)」のシラバス(半期15週分。A4用紙、様式自由)

※15回分の授業を自由にデザインしてください。シラバスに記載する項目は、「授業の概要とねらい」「到達目標」「授業計画」とします。

※様式書類(1)と(2)は、下記よりダウンロードして使用してください。

※本学指定様式は通常のコピー用紙にてご提出ください。

10.応募締切

令和4年7月30日(土)午後5時必着

11.応募書類提出先

〒195-8550 東京都町田市広袴1-1-1

 国士舘大学21世紀アジア学部教員募集係

※応募書類は必ず書留郵便とし、応募封筒の表に「日本語教員養成関連教員公募書類」と朱書きしてください。封筒には必ず氏名及び住所を記載してください。

※応募書類は原則として返却いたしません。返却を希望する方は、返信用封筒(返信先記入済のもの)および着払い伝票などを付けてください。

12.問い合わせ先

21世紀アジア学部教務主任(濱田英作)

e-mail : eyhamada@kokushikan.ac.jp

お問い合わせいただく際にはメールのタイトルに「日本語教員養成関連募集について」と記載してください。

本学指定様式
採用情報

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2022年06月14日更新

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2021年10月11日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ