パートタイム職員募集

パートタイム職員募集

戻る

2018年01月30日

準職員募集(国士舘史資料室)

国士舘史資料室では、創立100周年を迎えた国士舘の歴史的資料の収集、保存、公開に関する業務を担当していただく、有期限の職員を次のとおり募集します。

募集人数

準職員 1名(平成30年4月1日採用)

勤務場所

学校法人国士舘 国士舘史資料室

東京都世田谷区世田谷4-28-1(世田谷キャンパス)

雇用条件

雇用期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日

(年度契約、平成33年3月31日を更新の限度とする)

 

給与

基本給を職務経験等により決定(205,200円以上)

通勤手当(月額上限55,000円)、有給休暇あり

賞与(夏:基本給の1ヵ月分、冬:基本給の2ヵ月分)

退職金なし

 

勤務時間

原則、月曜日~金曜日 9:00~17:00(休憩1時間)

土曜日、日曜日、国民の祝日、創立記念日、年末年始(6日間)は除く

超過勤務・休日勤務を命じることがあります

 

社会保険等

日本私立学校振興・共済事業団(健康保険・年金)

雇用保険、労災保険

応募要件

国内または海外の大学・大学院を卒業または修了した方で、次の条件を全て満たす方

(1)歴史的資料の利用・活用に関する専門的知識(歴史学(近代史・教育史)、博物館学などのいずれか)を有すること。なお、博物館等の機関で実務経験があれば、より望ましい。

(2)パソコンを用いて、文書作成やデータ整理ができること。なお、フォトショップ、イラストレーターなどの使用経験があれば、より望ましい。

業務内容

歴史的資料の利用公開に関わる展示等の業務、収集・整理業務、目録作成・データベースの整備、年史編纂に関する業務、およびその周辺業務。

応募書類

(1)履歴書(自筆・写真貼付)

(2)卒業(見込)証明書

(3)成績証明書(大学・大学院の証明書)

(4)返信用封筒(定型長形3号)(返信先を自筆のうえ、82円切手を貼ってください)

このほか、業績・実績一覧等があれば、(1)~(4)の書類と一緒に送付してください。

提出書類締切日

平成30年2月21日(水)17時必着

選考日

1次試験(書類選考):平成30年2月23日(金)

※書類選考を通過した方には、2月24日(土)以降に、面接時間を電話で連絡いたします。

2次試験(面接):平成30年3月3日(土)

書類提出先・問い合わせ先

〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1 柴田会舘2階

学校法人国士舘 国士舘史資料室 採用係

TEL 03-3418-2691(直通)

Email archives@kokushikan.ac.jp

※お問い合わせは、9:00~17:00(土日・祝日除く)に電話にてお願いします。

担当:福原(フクハラ)・熊本(クマモト)

備考

応募者より提出のあった個人情報は、本学園の採用活動にのみ利用し、その他の目的で利用することはありません。採用選考終了後、情報漏洩のないよう適切な方法で廃棄いたします。ただし、採用された方の書類等につきましては、採用後の人事資料として利用いたします。また、採用された方には、健康診断書(3ヵ月以内のもの、コピー不可)を提出していただきます。

採用情報

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2018年02月13日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2018年02月06日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年01月30日更新

学生参加型のフリーマガジン「ウゴパン」。今回の特集は、「挑戦し続ける人生の先輩に聞いてみた!『THE 若者のガチな悩み』」

2017年12月14日更新

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイト!

2017年10月30日更新

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

2017年10月27日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年事業サイトでは事業の概要や募金についてのお願いについて掲載しています。

2017年04月01日更新

コクシバが大学の様子を写真で紹介するよ。
真冬の箱根を熱風が駆け抜けた!100周年イヤーの「箱根駅伝」。

2017年01月16日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ