お知らせ

お知らせ(全表示)

戻る

2022年06月23日

第63回世田谷六大学新人剣道大会で男女アベック優勝

第63回世田谷六大学学生新人剣道大会が6月5日、國學院大學たまプラーザキャンパスにて開催されました。

団体戦で争う本大会は、男子が5校、女子が7校による総当たり戦でそれぞれ行われ、本学は男女ともに全勝優勝を果たし、見事アベック優勝を達成しました。

 

試合後、男子の大将を務めた池田千浩選手(体・武道2年)は「1、2年生でチームを組んだ初めての試合で、思い切った試合運びで優勝できたことはうれしく思う。チーム、個人としてまだまだ課題があるので、次の試合に向け修正し精進していきたい」と早くも次を見据えました。

 

女子大将の八木優澄選手(体・武道2年)は「試合前からまとまりのある雰囲気作りができ、岸本卓也先生が女子の監督に就任されてから初めての優勝を勝ち取ることができた。小さな大会ではあるが、選手のことを一番に考えてくださる先生に少しだけ恩返しができたのではないかと思う。支えてくださる先生方や切磋琢磨できる仲間の存在に感謝し、これからも悔いの残らないよう日々の稽古に取り組んでいきたい」と、優勝を喜ぶとともに感謝の言葉を口にしました。

 

結果は以下の通りです。

 

■男子団体戦

   対戦校  結果
 第1試合  東京農業大学  4(5)-1(3)【勝ち】
 第2試合  駒澤大学  3(6)-2(4)【勝ち】
 第3試合  日本体育大学  2(4)-1(1)【勝ち】

 第4試合

 國學院大學  3(5)-2(4) 【勝ち】※代表戦含む

                          ※( )は取得本数   

◇結果

優勝 国士舘大学(4勝0敗)

メンバー:

池田千浩、井本李玖、濵田大空、藤田光希、小泉雄大、渡邊哉斗(以上、体・武道2年)、

中田竜之介、藤堂文太、久米田樹(以上、体・武道1年)

 

■女子団体戦

   対戦校  結果
 第1試合  日本女子体育大学  3(5)-0(1)【勝ち】
 第2試合  駒澤大学  3(5)-2(4)【勝ち】※代表戦含む
 第3試合  東京女子体育大学  2(5)-1(2)【勝ち】

 第4試合

 東京農業大学  3(6)-1(3)【勝ち】
 第5試合  日本体育大学

 2(3)-1(2)【勝ち】※代表戦含む

 第6試合  國學院大學  2(3)-1(2)【勝ち】

                          ※( )は取得本数

◇結果

優勝 国士舘大学(6勝0敗)

メンバー:

阿部舞風、稲吉麻里子、今村実聡、泊理子、樋口ほたる、八木優澄(以上、体・武道2年)、

松本奈々(体・武道1年)

男子団体メンバー男子団体メンバー
女子団体メンバー女子団体メンバー
お知らせ

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2022年06月14日更新

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2021年10月11日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ