• 東京マラソン
  • 沿道救護
  • 多言語対応
  • 東京マラソン
  • 沿道救護
  • 多言語対応

国士舘大学の東京マラソン2019への協力

東京マラソン2019に協力しています

国士舘は、世のため人のために尽くせる人材「国士」の養成を目指し、「活学」を講ずる道場として1917年に創立しました。
社会貢献すなわち「他への献身」「真心をもって人に尽くすこと」という考え方に基づく活動の一つとして、東京マラソンにおいてボランティア活動を行っています。

東京マラソン2019別ウインドウで開きます
開催日:2019年3月3日(日)

東京マラソンEXPO 2019別ウインドウで開きます
*国士舘大学ブースを出展いたします。
ブースNo.P-01別ウインドウで開きます(お台場特設会場オフィシャルゾーン)]
開催日 :2019年2月28日(木)~3月2日(土)
開催時間:2月28日(木)、3月1日(金) 11:00~21:00
     3月2日(土) 11:00~20:00(入場は30分前まで)
会場  :お台場特設会場(お台場青海地区NOP区画:東京都江東区青海一丁目1番17)
最寄り駅:ゆりかもめ 台場駅、りんかい線 東京テレポート駅
入場料 :無料

多言語対応

沿道の救護所に訪れる外国人ランナーに対し多言語対応のボランティアとして、2012年から毎年、国士舘大学の留学生を中心に活動しています。

沿道救護チーム(モバイル隊・BLS隊)

国士舘大学は、2007年の第1回大会から毎年、「沿道救護チーム」(モバイル隊・BLS隊)を編成し大会運営をサポートしています。
沿道救護チームは、主に国士舘大学体育学部スポーツ医科学科の学生、同学科および大学院の卒業生、教員らで編成され、AEDを装備した救急救命士が自転車でコースを巡回するなど、ランナーの安全な走りを支えています。
これまでに心肺停止状態となった全てのランナーを救命しています。

ページの先頭へ