読んで得する!「メイプルセンチュリーホール」徹底解剖&活用術★前編

181
  • LINEでこの記事を送る

はっきりいって、使わなければもったいないワン!

世田谷キャンパスを訪れる人々を待ち構えるかの如く、ドーンとそびえたっている「メイプルセンチュリーホール」通称MCHをご存知ですか? 2013年4月のオープン以来、知る人ぞ知る国士舘の顔として、世田谷区役所の斜向かいの角に鎮座しています。

 

 

そもそも、MCHとは何なのか?と言いますと、国士舘創立100周年記念事業の一環として建設された複合施設。「学生・生徒の心と体の健康」と「活発な交流の場」をテーマに掲げ、地上5階+屋上、地下3階の新たなランドマークとして誕生したのです。その事業経費は、聞いて驚くなかれ、約39億48百万円!

 

 

となると、これは使わなければもったいない。いや、むしろ、一人でも多くの皆さんにフル活用していただいてこそ、設備が生きるというものです!MCHの知られざる魅力をもっとアピールしなければもったいなさすぎる…!ということで、広報犬コクシバが、メイプルセンチュリーホールをお散歩&徹底解剖したいと思います。MCH、本当にすごいんですよ!!

 

 

ホールの中は、どうなっているんだワン!?迷子にならずについてきてね。

では、早速コクシバと中へ入ってみましょう。正面から突入です!

この時はちょうど、大教室で2時限目の授業がおわったばかりのタイミング。一階の学生ラウンジは大勢の学生たちで賑わいます。大教室の中もランチやおしゃべりを楽しむ学生の熱であふれていて、これぞキャンパス!という活気があります。

大教室前のスペースに、気になる展示物を発見。国士舘出身のオリンピックメダリストたちがパネル展示されていました。その名も「国士舘スポーツの殿堂」!おなじみの選手もいるのではないでしょうか?

来る2020年の東京オリンピックも気づけば数年後に迫りつつあります。国士舘から出場選手が誕生することに期待が高まります…! 

大教室の中はこんな感じだワン!広くてキレイなんだ。 大教室の中はこんな感じだワン!広くてキレイなんだ。
学生ラウンジは誰もいないと、こんな感じだワン。 学生ラウンジは誰もいないと、こんな感じだワン。

ホールの1階部分は、沢山の学生が学んで交流できる環境となっています。一人ひとりが充実した学生生活を送れるように配慮した、広々とした空間作りもMCHの特徴の一つなのです!

 

くんくん、シャンプーのようないい匂いがするんだワン。

実は、1階のエントランスを入ったらすぐ、いきなり気になる看板があったのです。「夏のお得なキャンペーン」!?しかも「理容・美容・ネイル」とは!?コクシバのよく利く鼻をたよりに、こちらへ向かってみることにしましょう。まずは階段を下りて地下1階の理美容室&ネイルサロンを覗いてみることにしました。

ここから、いい匂いがしているワン! ここから、いい匂いがしているワン!

地下1階、理工学部の教室を曲がった奥に…あ!ありました!「ビューティーサロン・アイ」です。驚かれる方もいらっしゃいますが、本当に大学の中にあるんですよ。

清潔な店内では、理容・美容のほか、ネイルとまつ毛エクステまで受けられます。おまけに小顔に利くフェイシャルマッサージまで受けられます。これは…行くしかないです!

こちらのネイルのサンプルをご覧ください。女子力、高くないですか!?こんなカワイイこだわりのネイルが、リーズナブルな値段で施術出来てしまうのです。学内にあるから、授業の空き時間や放課後に予約しておけば、気軽にフラッと来られてしまいます。男子学生も、デートの前に散髪&顔そりしてもらってみてはいがかでしょう?

 

 

メカ好きにはたまらない、世田谷ラボに潜入するワン!

はやく降りてきてほしいワン。 はやく降りてきてほしいワン。

MCHは地下3階まであるのですが、さきほどのサロンがあった地下1階から地下3階までは理工学部のさまざまな実習室が集中しているエリアでもあります。

どんどん地中に潜っていく感じに好奇心が刺激されます。この先に何があるのか、わくわくしませんか!?薄暗い階段を降り※、地下3階へ降りていってみることにしましょう!
※薄暗いのは、人感センサーで近づくと明るくなりますので、ご安心を。

この階段は、地下2階から地下3階に降りる階段がとても長いです。それにはちゃんと理由があるのですが…ここではまだ、秘密をあたためておきましょう。

 

 

わ~!!すごい迫力だワン!! わ~!!すごい迫力だワン!!

地下3階に来ました!こちら、理工学部の実験工場・通称「世田谷ラボ」には大型の機械が多数設置されています。マシンの唸り音が聞こえ、本格的な工場さながらの大迫力。それもそのはず、世田谷ラボは建築スタジオや実験室、マルチメディアスタジオを備えた、ものづくりの創造拠点。MCHは授業や実習、研究に没頭できる充実の環境で、実践的な学びに活用されています。

 

見どころが多すぎるMCH、メイプルセンチュリーホールのコクシバ散歩&徹底解剖、★中編へ続く!

関連記事 RECOMMEND

国士舘の魅力を発信 FOLLOW US! 国士舘の魅力を発信 FOLLOW US!

  • facebook
  • twitter