大学案内2021
55/96

21世紀アジア学部ADMISSION POLICY学びの特色School of Asia 21DATA _2002(平成14)年設置 / 町田キャンパスアジア語圏、英語圏の国での語学研修やインターンシップなど、海外での活動を行う「海外研修」を必修科目としています。期間は約1カ月で、夏休みまたは春休みに研修先を選びチャレンジします。「特別課題研究」という科目を用意し、学生が自分で目標を決めて努力した成果を単位として評価。就職講座への参加や、難易度の高い資格を取得した場合も評価・単位認定します。学生の自主性を評価キャリア・資格取得支援03世界に飛び出し現地で学ぶ「海外研修」が必修科目01興味関心や将来に応じて選択3コース制04社会人基礎力から異文化理解まで分野横断型カリキュラム02一つの専門分野にとどまらず、社会人基礎力、語学能力、マナー、日本の伝統や異文化に対する理解まで身に付けられます。多数の留学生が在籍する環境も総合コミュニケーション能力を高めます。21世紀アジア学部は一つの学科で構成されていますが、履修の目安として、2年次に自分の興味や目標に合わせて、アジア文化コース、アジア社会コース、アジアビジネスコースから選択して学びます。21世紀アジア学科定員_350名めざましい成長を遂げているアジア諸国。21世紀アジア学部は、躍進するアジアを中心に、世界で活躍できる人材を育成します。本学部の特色として、政治・経済・社会・文化・外国語の5つの柱を横断的に学び総合力を養います。この学びの根底にあるのは「アウト・オブ・キャンパス」という考え方。必修の海外研修で、世界に視野を広げ、グローバルなコミュニケーション能力を養います。21世紀アジア学部では、世界で活躍することを目指して、自らを向上させようとする強い意志を持つ学生を受け入れます。また、このような入学者を適正に判定するために、21世紀アジア学科において、多様な方法による入学者選抜を実施します。21世紀アジア学部の3つのポリシーは、QRコードから参照してください。政経学部体育学部理工学部法学部文学部21世紀アジア学部経営学部53

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る