大学案内2021
40/96

法学部法律学科法律学科Department of Law法律学科は、憲法を頂点とした民事法・刑事法・社会法・経済法を中心とする現行の法律制度、それを支えている法の理念・理論の基礎法学を学ぶことに重点を置いた伝統的な法学教育を行い、法的な思考力・判断力を養います。同時に、新たな法律問題に関する現代的な法学教育も行い、柔軟な法的思考力・判断力を身に付けた「法律のプロ」の育成を目指しています。現行の法律制度と基礎法学を学び、基礎をしっかり現現行現行行のの法の法法律律制律制制度度と度と基と基基礎基礎礎法法学法学学をを学学び学びび、、基基礎基礎礎ををししっっかっかかりり固めたうえで、実践的な応用力を身に付けるためのカリ固固固めめたたうたうえうえでえでで、実、実実践践的践的的なな応応用応用用力力を力を身を身身にに付に付付けけるるたためためめののカカリカリリキュラムを配置。実践力を養成するために、就職試験やキキュュラュラムラムをムをを配配置配置。置。実。実実践践力践力力をを養養成養成成すするるたためためにめにに、就、就就職職試職試試験験や験やや資格取得試験のための各種講座、大学院やロースクール資資格資格格取格取得取得得試試験試験の験ののたためめのめの各の各各種種講種講座講座座、、大大学大学院学院院ややロやローロースースクスククーールルへの進学を目指す学生のためのキャリア形成科目をへへのへのの進進学進学学をを目目指指指すす学学学生生の生ののたためめのめののキキャャリャリアリアア形形成形成成科科目科目目をを設置し「法律のプロ」への道をバックアップします。設設設置置し置し「し「法法律法律律ののプのププロロ」」へへのの道の道道ををババッバックックアクアアッッププしプしましますますす。。法律を適切に解釈し運用するためには、法的な理論法法律律律をを適適切適切切にに解に解解釈釈し釈し運し運運用用す用すするるたためためめににはは、は、法法法的的な的なな理理論理論論だけではなく、その妥当性・合理性を証明するためのだだけだけけでではではなはななくく、そ、そそのの妥の妥妥当当性当性性・合・合合理理性理性性をを証を証証明明す明すするるたためためめのの論理法や説得法を身に付けることが不可欠です。その論論理論理理法法やや説や説説得得法得法法をを身身に身にに付付け付けるけるるここととがが不が不不可可欠可欠欠でですす。す。そそのそのの実践の場として1年次から4年次まで演習(ゼミ)を必修実実践実践践の践の場の場場ととししてて1て1年年次年次次かからから4ら4年4年年次次ま次までまで演で演演習習習(ゼ(ゼミゼミ)ミ)をを必を必修必修修修として設置。ゼミ以外にも、普段から対話・討論を取りととししてて設設設置置。。ゼゼミゼミ以ミ以以外外に外ににもも、、普普段普段段かからから対ら対対話話・話・討討論討論論をを取取取りり入れた双方向コミュニケーション授業を展開します。入入入れれたた双た双方双方方向向コ向ココミミュュニニケケーケーシーシショョンン授授業授業業をを展展開展開開ししまますす。す。やりたい仕事や職種を具体的にイメージし、夢の実現ややりりたたいたいい仕仕事仕事事やや職職種職種種をを具を具具体体的体的的ににイイメイメーメージージジしし、、夢夢のの実の実実現現現に向かって学ぶために2年次から「コース制」を導入。にに向に向向かかっかってってて学学ぶ学ぶぶたためめにめに2に22年年次年次次かからら「「ココーースースス制制」制」をを導を導導入入。入。警察官などを目指す「刑事系コース」、企業への就職警警警察察察官官ななどなどをどをを目目指指す指すす「「刑刑事刑事事系系コ系コーコーースス」」、企、企企業企業業へへのの就の就就職職職を目指す「民事系コース」、公務員などを目指す「公法をを目を目指目指指すす「す「民「民事民事事系事系系ココーースース」ス」、、公公務公務務員員な員ななどどをを目目指目指指すす「す「公公法公法法コース」、パラリーガルなどを目指す「総合法学コース」ココーースス」ス」、、パパラパラリラリーリーーガガルガルなルななどどをを目目指目指指すす「す「総総合総合合法法学法学学ココーコースースス」」を設け、専門性の高い教育を早期から実施します。をを設を設設けけ、、専専門専門門性性の性のの高高いい教い教教育育を育を早を早早期期か期かからら実実施実施施ししまますます。す。夢の実現をサポートする夢夢夢の夢のの実の実実実現現現を現ををサをササポサポポーポーーートトすトすするするるる「コース制」を導入「「コ「ココーコーースースス制ス制制制」」を」をを導を導導導入導入入入対話重視の双方向対対対話対話話重話重重重視重視視の視のの双の双双双方双方方向方向向向コミュニケーション授業コココミミュミュュニュニニケニケケーケーーシーシシショョンョンン授ン授授授業業業業「法律のプロ」を目指す「「「法法法律法律律の律のののプププロプロロ」ロ」」ををを目目目指指指す指すすす基礎固めと実践基基基礎基礎礎礎固礎固固め固めめめとと実と実実実践践践践0100001011102000020222203000030333学びの特色CURRICULUMカリキュラム1年次2年次3年次4年次法律の基礎を学び、基本的な知識と確かな思考力を養います。将来を具体的に見据えてコースを選択し専門性を高めます。専門分野の演習を中心に、少人数ゼミナールで学ぶことで、探究をより深めていきます。専門科目の学びを深めるとともに、学生生活の集大成である卒業課題にも取り組みます。4コース制刑事系コース 警察官などを目指します。民事系コース  企業への就職を目指します。公法コース  公務員などを目指します。総合法学コース 法科大学院進学・司法書士・パラリーガルなどを目指します。専門科目必修科目憲法(統治・基礎)/憲法(人権・基礎)/民法A・B/刑法 A・B/教養教育ゼミA・B法学演習Ⅰ 法学演習Ⅱ卒業課題選択必修科目(コース必修)民法総則(基礎・応用)/刑法総論(基礎・応用)債権各論(応用)/商法総則債権総論(基礎・応用)/債権各論(基礎)/刑法各論(基礎・応用)/行政作用法(基礎・応用)/行政救済法(基礎)/(基礎・応用)/租税法総論/物権法(基礎)/担保物権法(基礎)/不法行為法/会社法(企業統治法・企業金融法)行政救済法(応用)選択科目被害者学(基礎・応用)/親族法・相続法(基礎)/簿記原理/キャリアデザインⅠ所得税法/法哲学/法思想史/法社会学/国際私法/国際公法/労働法(基礎・応用)/地方自治法/捜査法(基礎・応用)/犯罪学(基礎・応用)/保険法/商行為法/金融商品取引法/支払決済法(基礎・応用)/経済法(基礎・応用) /財務諸表論/財政学(基礎・応用)/社会保障法(基礎・応用)/知的財産法(産業財産法・文化メディア法)/労働保護法(基礎・応用)/倒産処理法(基礎・応用)/刑事法特殊講義(基礎・応用)/民事執行・保全法(基礎・応用)/犯罪学特殊講義(基礎・応用)/犯罪者処遇法(基礎・応用)/少年非行と少年法(基礎・応用)/経済刑法(基礎・応用)/スポーツ法学(スポーツと文化・スポーツ事故と法)/民事訴訟法(応用)/キャリアデザインⅡキャリアデザインⅢ憲法(統治・応用) /憲法(人権・応用)/民事訴訟法(基礎)/物権法(応用)/担保物権法(応用)/親族法・相続法(応用)教育法(基礎・応用)/ 経済学原論(基礎・応用)/スポーツ法政策史(基礎・応用)/政治学原論(基礎・応用)/法女性学(基礎・応用)/模裁・法討A・B/インターンシップ法学特殊講座Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ全学部共通科目総合教育科目/外国語科目 ※詳細は大学ホームページへ刑事訴訟法▪の科目は授業ピックアップで紹介している科目です。38

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る