大学案内2021
32/96

理工学部理工学科建築学系Architecture Courseサステナブル(持続可能な)社会を目指して、人を中心としたスケールと価値観を大切にした居住環境、建築の計画や設計を学びます。安心・安全でそれぞれの人の立場に立った人を思う気持ちを抱き、環境にやさしい技術の修得と快適な居住環境の創造、開発する力を身に付けます。誰もが社会参加できるユニバーサルデザインなど誰誰も誰ももがが社が社社会会参会参参加加加ででききるきるるユユニニニババーバーーササルルルデデザザイザイインンなンななどども学ぶ「建築福祉・医療」、アートから建築設計技もも学も学学ぶぶぶ「建「建建築建築築福福祉福祉祉・・医医療医療療」」、、アアーアーートトかからら建ら建建築築設築設設計計計技技技術までデザイン力を養う「建築・都市デザイン」、持術術ま術までまででデデザデザザイインン力ン力力をを養を養養うう「「建建築建築築・・都都市都市市デデザデザザイインン」ン」、、持持持続可能な社会の一端を担う「建築総合技術・サス続続続可可能可能能なな社な社社会会会のの一一一端端を端を担を担担うう「う「建「建建築築総築総総合合技合技技術技術術・サ・ササスステナブル」の3コースを設置しています。テテナナブナブブルル」ル」ののの33ココーースーススをを設設設置置し置してしてていいまいますますす。。年2回、著名な建築家を招いて行う「Super Jury年年2年2回2回回、、著著名著名名なな建な建建築築家築家家をを招を招招いいていてて行行う行う「う「S「SuSupupeperer JJuJururyy(学生作品講評会)」をはじめ、さまざまなコラボ((学学学生生作生作作品品品講講評講評評会会会))」」ををはははじじめめ、め、ささまさままざざまざまなまななココラコララボボレーションを通してコミュニケーション力やプレゼンレレーーシーシショョンンをを通を通通ししててコてココミミュュニニケニケケーーシーシショョンン力ン力力ややプププレレゼゼンゼンンテーション力を磨きます。密度の濃い少人数教育テテテーーシショションョンン力力を力を磨を磨磨き磨きまきまますす。す。密密密度度の度のの濃濃濃いい少少少人人数人数数教教教育育育も特色です。もも特特色特色色でですですす。。充実したスタジオスペースで、図面の描き方、立体充充充実実実ししたたスたススタタジジオジオスオススペペーペーーススでスで、で、図、図図面面面のの描描描きき方方、方、立、立立体体体表現の手法、建築模型の製作といった基礎を時表表表現現の現のの手手法手法法、、建建建築築模築模模型型型のの製製製作作と作とといいっいったったた基基礎基礎礎を礎を時を時時間をかけて指導。また、街に出て行う建築ウォーク間間ををかをかかけけてて指て指指導指導導。。ままたた、た、街街街にに出に出出てて行て行行うう建建建築築ウ築ウウォォーークーククやまちづくりへの参加をはじめ、体感・体験を通しややまやままちちづづづくくりりへへへのの参参参加加を加ををははじじめじめめ、、体体感体感感・・体体験体験験をを通を通通しして実践的に学びます。てて実実践実践践的的的にに学学学びびまびますますす。。街に出て体感しながら街街街に街にに出に出出出ててて体体体感体感感感ししなしなながながががららら学ぶ機会も学学学ぶ学ぶぶ機ぶ機機機会会会も会ももも多様な交流を通して多多多様多様様な様なな交な交交交流交流流を流をを通を通通通ししてしてててプレゼン力も磨くプププレプレレゼレゼゼンゼンン力ン力力も力もも磨も磨磨磨くくく現代の建築ニーズに現現現代現代代代の代のの建の建建築建築築築ニ築ニニーニーーズーズズにズににに対応する3コース制対対対応対応応応す応すするするる3る33コココーーーススス制ス制制制0100001011102000020222203000030333学びの特色共同住宅の設計実習を行う「設計スタジオⅡ」授業ピックアップ2年次の建築設計の実習授業です。設計の手法を指導する授業で、2年次秋期のテーマは共同住宅の設計です。今学期の課題は「駅前徒歩0分の共同住宅と宿泊施設・店舗からなる複合施設」と題して、敷地は豪徳寺駅前を設定しました。敷地調査や自由設計の経験は建築系の仕事に就いたときに実践レベルで役立つと思います。豪徳寺駅前を調査し、建物の寸法の考え方や配置の仕方など、実際に手を動かしながら多くのことを吸収できました。建築により深く向き合う中で、空間の利用や家具の配置に興味が湧き、インテリアやイベント・ディスプレイ業界への就職を志望しています。まず設計過程の修得が必須。コンセプトから設計、プレゼンまで少人数グループで指導していきます。少人数のグループで、複合プログラムを、コンセプトの立案から、配置、平面・断面計画を通して設計の完成へと進めていく能力を育成します。各自が設計した内容をいかに表現できるかも建築では重要。プレゼンテーション能力の向上も図っていきます。国広 ジョージ教授宮野 和花菜 3年茨城県立牛久高等学校 出身学んだこと教えたいこと髙松建設/淺沼組/熊谷組/長谷工コーポ髙髙髙松松建松建建設設設//淺/淺淺沼沼沼組組/組//熊熊熊谷谷組谷組組//長/長長谷谷谷工工コ工ココーーポーポポレーション/長谷工リフォーム/大和ハウスレレーーシーシショョンンン//長/長長谷谷谷工工工リリフフォォーォーームムム//大/大大和和和ハハウハウウスス工業/日本住宅/NTTファシリティーズ/工工工業業業//日日日本本住本住住宅宅宅///NNTTTTTTフファァシァシシリリテテティィーーズーズズ///中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京/中中日日日本本本ハハイハイイウウェェェイイ・・エエンエンンジジニジニニアアアリリンンンググ東東東京京京///ミサワホーム/合田工務店/藤木工務店/ミミサササワワホホホーームームム//合/合合田田田工工務工務務店店店///藤藤木藤木木工工工務務店務店店///フジタ/メイクス/アーネストワン/タクトフフジジジタタ///メメイイイククススス///アアーーーネネネスストトワワワンン/ン//タタタククトトトホーム/警視庁/神奈川県役所地方公務員ホホーホーームム/ム//警警警視視庁視庁庁///神神奈神奈奈川川川県県役県役役所所所地地方地方方公公公務務員務員員/国士舘大学大学院工学研究科(進学)//国国国士士舘士舘舘大大大学学大学大大学学学院院工院工工学学研学研研究研究究科科科(進(進進学学学))主な就職先STUDENT'S VOICE建築からプロダクト、ロゴやシンボルマークなど、デザインを幅広く学べるのが建築学系の魅力です。私自身、現在は作品のデザインやアート、ロゴマークやエンブレムのデザインに興味を持っています。学校の校章を例にとっても、そこには“思い”と“意味”が込められています。それを自分が手がけられたらと思うとワクワクしてきます。3年次より田中ゼミに所属し、住宅の設計、時計や椅子、ロゴやシンボルマークなどのデザインコンペに積極的に参加しスキルアップを図ると同時に、プレゼンテーション能力が大きく向上したことも実感しています。授業で学び、コンペにも参加しスキルアップを図っています。佐藤 迅4年神奈川県立寒川高等学校 出身※法人の種類(「株式会社」など)は省略※法法人人のの種種類類((「「株株式式会会社社」」ななどど))はは省省略略30

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る