大学案内2021
25/96

PICK UP授業ピックアップ救急救命士として必須の病院前救護技術を学ぶ「救急処置実習D(事例研究)」STUDENT'S VOICE救急救命士として人の命を守る消防官になりたいと、スポーツ医科学科に進学しました。年次を重ねるごとに知識が蓄積され、技術も上達していると感じています。成長できたのは、整った環境で勉強できているから。充実した実習設備があり、実際の現場で活躍した先生方からの指導で、実践的な技術が身に付きます。また、実習を通して多くの経験ができるのも魅力。遭難救助実習や水難救助河川実習、海外実習、救急車同乗実習など多くの実習に参加し、経験を積みました。救急の技術や知識を学ぶだけではなく、先生方や卒業生、実際の現場で最前線に立った先生方からの指導と充実した実習設備が、救急救命士になる夢を支えてくれます。現場で働く方々とも交流できたことは、私にとって貴重な財産です。消防官になるために、公務員試験対策も行っています。救急救命士になるための勉強として授業の課題を確実にこなしながら、授業以外の時間で教科書を精読したり、試験の問題集を解くなど、時間を有効に活用して勉強しています。女子ラクロス部での活動と勉強の両立は大変ですが、やり切る力を付けることで精神面でも大きく成長できました。さらに先輩後輩のつながりが強く、学科や部活動の先輩からのアドバイスは、将来への大きな力になっています。福永 雅子 4年鹿児島県私立鹿児島実業高等学校 出身3年次までに修得した救急救命処置を、症例を通じてシミュレーション実習形式で学びます。実際の病院前医療で遭遇する頻度の高い事例について、救急救命士の現場活動に即した観察・判断・処置・接遇・情報伝達を円滑に実施できることを目標にしています。第一線の現場で活躍していた先生による、現場を想定した密度の濃い授業は、将来の救急隊活動の土台になります。救急救命士としてのプレホスピタル(病院前救護)における判断力や観察力、さらに病態に対し、解剖生理学を活かして症状・所見について考えられるようになりました。先生は現場の最前線で活躍されていた方々で、その経験談を通して理想と現実との違いを理解し、今やるべきことを判断しベストを尽くすことの大切さを学びました。現場を想定した訓練の経験は、将来の救急隊としての活動に大いに生きてくると確信しています。落合 裕貴2019年度卒業新潟県立新潟商業高等学校 出身学生の主体性を重視し、観察・判断・処置する力を養い現場でリーダーとして活躍できる人材を育成します。救急救命士に不可欠な観察・判断・処置する力を養うために、学生の主体性を重視しています。「こうやりなさい」という“上から目線”の教育では、学生は成長できません。大切なのは学生自らが考え行動すること。教員は大きな局面での判断をアドバイスしながら質の高い実習を行い、救急の現場でリーダーとして活躍できる人材を育成します。田中 秀治教授教えたいこと学んだこと主な就職先※法人の種類(「株式会社」など)は省略※※法法人人人のの種種類類((「株株株式式会会社社」」ななどど)はは省省略略東京消防庁/神奈川県消防/埼玉県消防/千葉県消防/福島県東東東京京消京消消防防防庁庁庁///神神神奈奈川奈川川県県県消消消防防防//埼/埼埼玉玉玉県県県消消消防防防//千/千千葉葉葉県県県消消消防防防//福福福島島島県県県消防/群馬県消防/静岡県消防/新潟県消防/富山県消防/愛知消消消防防防///群群馬群馬馬県県県消消消防防/防//静静静岡岡岡県県消県消消防防防///新新潟新潟潟県県県消消消防防/防//富富富山山山県県消県消消防防防///愛愛知愛知知県消防/沖縄県消防/会津若松地方広域市町村圏整備組合消防県県県消消防消防防///沖沖沖縄縄縄県県県消消防消防防///会会会津津津若若松若松松地松地地方方方広広広域域域市市町市町町村村村圏圏圏整整整備備組備組組合組合合消消消防防防本部/札幌市消防局/警視庁/神奈川県警察/群馬県警察/長野本本本部部部///札札幌札幌幌市市市消消消防防局防局局///警警警視視庁視庁庁///神神神奈奈川奈川川県県県警警警察察/察//群群群馬馬馬県県警県警警察警察察///長長野長野野県警察/神奈川県役所地方公務員/綜合警備保障/セコム医療県県県警警警察察/察//神神神奈奈奈川川川県県県役役所役所所地地地方方方公公公務務務員員/員//綜綜綜合合合警警警備備備保保保障障/障//セセセココムコムム医医医療療療システム/藤沢市民病院/社会医療法人財団大和会シシシスステステテムムム//藤/藤藤沢沢沢市市市民民病民病病院院院///社社会社会会医医医療療療法法人法人人財財財団団団大大大和和会和会会主な卒業研究のテーマスポーツ医科学科は卒業研究にて、救急救命士国家試験対策を実施23政経学部体育学部理工学部法学部文学部21世紀アジア学部経営学部

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る