大学案内

国士舘大学新聞

戻る

本学が発行している広報誌を掲載しています。
PDFファイルをご覧いただくためにはアドビ社のアドビリーダー(無償)が必要です。お持ちでない方はアドビ社ホームページ別ウインドウで開きますよりダウンロードください。

2019年

第516号(2019年4月25日発行)

平成31年度入学式を挙行、「世田谷プラットフォーム」が文部科学省の支援事業に採択、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて多摩市と多摩6大学で支援協定締結、国士舘中・高入学式を挙行、教育後援会が発足4年で完成年度に、 ほか

新評議員に4氏を選任、役職者紹介、新規採用教職員、世田谷区2警察署と災害時の語学支援ボランティア協定を締結、政経学部・百地章特任教授が「正論大賞」を受賞、科研費奨励賞を15人に授与、FDシンポジウムを実施、 ほか

企画「国士舘が歩んだ『平成』」

平成30年度卒業式を挙行、優等賞・柴田德次郎賞等受賞者一覧、交換留学生修了式を実施、国士舘中・高卒業式を挙行、3教授が最終講義、定年退職者を送る会を実施、 ほか

防災シンポジウムを開催、本学ボランティアが東京マラソンを支援、防災基礎教育を実施、エジプト研修生が「病院前救急医療教育」を学ぶ、町田市による「テロ災害合同訓練」に本学学生が参加、災害ボランティアの活動資金をクラウドファンディングで呼びかけ、マスコミを追う、 ほか

東京2020オリンピックに向けた自転車ロード競技のトークイベントを開催、学長講話を実施、経営学部・加藤早織さんが横浜ビジネスグランプリの2部門で受賞、今年初のオープンキャンパスを実施、平成31年度入試結果、国士舘高校生に入学前教育を実施、、海外研修体験記(アメリカ・オーストラリア)、国士舘史資料室だより

業界研究フェアを開催、就活!HOT SPACEを開催、就活トレーニングを開催、教員面接練習会を開催、キャリア形成支援センターからのご案内、 ほか

柔道・グランドスラムで飯田健太郎選手が優勝、高校野球・選抜大会の結果、高校柔道・全国高校選手権で優勝、リーダーズキャンプに94人参加、寒稽古4カ年表彰を実施、全日本学生スキー技術大会で体育学部・須田忠厚選手が準優勝、空手道・全日本大学選手権大会優勝祝賀会を開催、「目指せ!国士舘から東京五輪へ」新体操・皆川夏穂選手、活躍するスポーツ、 ほか

第515号(2019年1月25日発行)

新年あいさつ、彬子女王殿下に名誉博士学位贈呈(詳細は3面)、創立101周年記念式典(表彰者一覧は2面)、国士舘楓の杜キャンパス整備工事起工式、平成30年度卒業式・平成31年度入学式のお知らせ、訂正

創立100周年記念式典・表彰者一覧、秋の叙勲・朝倉正昭元学長と松本敏朗特任教授が瑞宝中綬章を受章、評議委員に二川佳央氏が選任、理工学部・橋本隆雄教授と神野誠教授がそれぞれ研究助成に採択、ホームカミングデイを開催、本学3施設が優良防火建物に認定、 ほか

彬子女王殿下名誉博士学位贈呈式を挙行、彬子女王殿下のおことば全文、彬子女王殿下による特別講義を実施、体育学部創設60周年記念講演会を開催、多摩祭・楓門祭を実施、国士舘史資料室だより、 ほか

広告面「三つの『道』―言動―」

就職合宿セミナーを実施、埼玉県八潮市主催「政策提言プレゼンテーション大会」に政経学部8ゼミが参加、寒稽古を実施、地域交流会を開催、海外研修体験記(アメリカ、韓国)、授業の現場から(法・福永清貴ゼミ、21世紀アジア・表きよしゼミ)、マスコミを追う、 ほか

空手道(男子)・全日本大学大会初優勝、少林寺拳法・全日本学生大会で山内友里加・高橋萌江ペアが優勝、箱根駅伝の結果、高校サッカー・全国選手権大会の結果、全国学生救急救命技術選手権で本学が総合優勝、スポーツプロモーションセンターを設置、目指せ!国士舘から東京五輪へ(空手道・菊池瑞希選手)、 ほか

大学案内

国士舘要覧2018

大学案内2019デジタルパンフレット

国士舘大学 図書館・情報メディアセンター

NEW

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2019年05月20日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2019年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2019年04月01日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ