国士舘大学 教職課程情報公開サイト
国士館大学公式サイト
教員養成の理念・養成する教員像
情報公開
履修要項
カリキュラム
ホーム > 教員養成に対する理念・構想及び養成する教員像

 教員養成に対する理念・構想及び養成する教員像

国士舘大学全学に係る教員養成の理念・構想

 創立者柴田德次郎による1917(大正6)年の私塾「国士舘」を建学の基とする本学は、「国士舘設立趣旨」でうたわれているように、吉田松陰の精神を範としつつ、日々の「実践」のなかから心身の鍛錬と人格の陶冶をはかり、国家社会に貢献する智力と胆力を備えた人材を養成することを目的としてきた。「活学」という考えのもとに、学ぶ者みずからが不断の「読書・体験・反省」と「思索」を実践しつつ、「誠意・勤労・見識・気魄」の四徳目を涵養することを教育理念に掲げる本学は、歴史と伝統において、教職教育の充実もまた、人材養成の一つとして重視してきている。
 現在、本学は、歴史と伝統にのっとったうえで、社会的動向をふまえつつ、あらためて「教職の国士舘」を位置付けるべく、教職課程の充実を図っている。今日的な教員養成の理念としては、専門職として必要な資質・能力を有する教員を養成するにおいて、次のような点を重視している。すなわち、人間性が豊かな誠意(真心)ある教員、職務において勤労(実践力)でもって取り組む教員、教科や児童・生徒指導において適切な見識(判断力)を持ちうる教員、教職において気魄(責任感)を有する教員である。教育内容としては、科目の多様性及び弾力性を配慮した科目間の構造化、基本的・基礎的及び実践的能力を育成する科目の重視、多面的な資質及び能力を育成するような科目の配置など、各学部において得意分野を持つ個性豊かで人間関係能力の高い教員を養成するべく、不断の検討を行っている。これらをもとに、将来の日本や世界を担う教育者の養成を実現すべく、全学的な教職課程運営センターを中心とする指導体制のもと、教員としての専門的な知識の修得、自ら資質を向上させ続ける自己教育力や問題解決能力の育成、実践的能力の向上に重点を置いた教員の養成に努める。

国士舘大学の資質向上への取り組み

 いわゆる「開放制」の考えのもとで展開されている本学教員養成において、資質向上への取り組みとしてまず挙げておきたいのは、全学のなかに「教職課程運営センター」を設置し、センター長(全学教務部長)、センター運営委員会の下に全学学部代表(7学部から各1名のセンター運営委員)、教職系の代表(教職課程科目担当教員から5名のセンター運営委員)、関連資格課程担当教員(1名)、教務課職員(1名)を選出して、大学全体の教員養成教育の体制が整備されつつあることである。もとより、教員養成にかんする運営としては、1989(平成元)年の教職課程委員会発足、1996(平成8)年の教職課程室開室など、体制の整備がすすめられてきたが、平成21(2009)年の「教職課程運営センター」設置によって、全学的な運営体制のいっそうの機能が期待されている。
 養成カリキュラムとしては、教職系専門科目と教科系専門科目を柱に、4年間を見とおした科目内容の系統性や関連性を重視して、体系的に科目構成がなされている。平成26(2014)年度の4年生から導入された「教職実践演習」も、こうしたなかに位置づけられるものであるが、本学では、その授業づくりや「履修カルテ」作成、あるいは運営の検討をすべく、「教職実践演習企画運営部会」と「教職実践演習単位認定部会」を設置してその充実を図っている。
 また、本学における教職課程は、教職を志望するものを良質の教員候補者として養成し、その多くが教員免許を取得し、教員採用試験において成果を上げることを意識していることから、平成26年度より、それに資するべくあらたに「教職支援室」を設置し、そこに、良質の教員養成が実際的に支援できるよう「教職支援アドバイザー」を配置している。
 これらをとおして、教職課程履修学生は、4年間に渡って学習を積み上げ、またそれらを振り返り、多様な学習形態で自らの学びの蓄積を体得することを期待されている。本学の教員養成は、学生がこうした資質や力量を教職現場で応用できることを支援できるよう、積極的な資質向上を目指している。
各学部における教員養成に対する理念・構想
 教員養成の理念・養成する教員像
 各学部における教員養成に対する
 理念・構想
 政経学部
 体育学部
 理工学部
 法学部
 文学部
 21世紀アジア学部
 経営学部