HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2020年01月17日

神野誠教授が細胞処理用自動装置をテルモ株式会社と共同開発

理工学部の神野誠教授はテルモ株式会社と共同で、細胞を培養する際の処理時間を半分以下に短縮できる装置の開発に取り組み、これまではほぼ手作業だった、培地交換などを自動化する装置の試作機を完成させました。

 

同社はこれまで、重症心不全の治療に使う世界初の再生医療製品を製品化しており、再生医療分野の市場拡大を見込んだ生産技術に注力しています。神野教授と共同開発してきた今回の装置は、今後幅広い市場で実用段階で採用されることが見込まれています。

 

化学工業日報でもこのニュースは取り上げられており、ホームページでも一部記事を確認することができます。

 

◆参考リンク(化学工業日報):

・「テルモ 細胞培養を効率化 国士舘大と試作機、処理時間半減

 

 


トピックス

理工学部の情報を探す

eラーニング

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

理工学部オフィスアワー

スポ魂サイト

APCOM2018

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
理工学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ